イヌナズナ  犬薺
[中国名] 葶苈 ting li
[英名] woodland draba
[学名] Draba nemorosa L.
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  イヌナズナ属
三河の植物観察
イヌナズナの花
イヌナズナの花2
イヌナズナの茎
イヌナズナ
イヌナズナ葉
 和名は食べられないナズナという意から。
 茎、葉には毛が密生する。葉は互生し、長さ (0.4)1~3.5(5)㎝、幅(0.2)0.5~1.5(2)㎝、楕円状倒卵形~倒披針形、鋸歯縁。 黄色の小さな花の直径は約4㎜、花弁は長さ(1.2)1.7~2.2(2.5)㎜、4個。萼片は長さ0.7~1.6㎜、卵形。果実は長さ5~8㎜の楕円形、扁平。種子は長さ0.5~0.7㎜、赤褐色。2n=16
 ナズナは花が白く、果実が三角形。ナズナほど多くはなく、郊外の道端や土手で、たまに見られる程度である。
[花期] 3~6月
[草丈] 6~45㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 道端、草地、土手
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、西南アジア、ヨーロッパ、北アメリカ
[撮影] 豊田市  06.4.16
TOP Back