ナンブアザミ  南部薊
[学名] Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino
キク科 Asteraceae アザミ属
三河の植物観察
ナンブアザミの花
ナンブアザミ花横
ナンブアザミ総苞
ナンブアザミ総苞片
ナンブアザミ葉の刺針
ナンブアザミ
ナンブアザミ
 和名は南部地方(奥羽地方)の薊という意から。東北地方で普通にみられる。分布範囲が広く、変異が多い。変種にタイアザミ(トネアザミ)やヨシノアザミなどがある。
 茎は直立し、よく分枝する。根生葉は花期にはなく、茎葉は長さ20~30㎝の楕円状披針形、無裂から中裂まで、基部は茎を抱かない。葉の刺針はあまり太くない。頭花は小さく、直径2~3㎝、長い柄の先に点頭し、普通、横向き~斜め下向きに咲く。総苞はほぼ球形、くも毛は無いか又は少ない。総苞片は(7)8~9列、反り返ることが多く、開出することもある。総苞片は縁に毛があり、先の刺針は短い。総苞外片には腺体がなく、総苞内片に腺体があり、少し粘る。
 トネアザミ(タイアザミ) var. incomptum は関東地方、中部地方南部に分布し、ナンブアザミより葉の切れ込みが深く、総苞や葉の刺針が長い。
 イガアザミ var. comosum は関東地方の海岸近くに分布し、葉や総苞片の刺針がタイアザミより太くて長く、長さ1~2㎝ある。頭花は無柄~短柄で密集してつく。
 ヨシノアザミ var. yoshino は中国地方、近畿地方、四国に分布し、頭花がやや小さく、多数つき、総苞片が短く、やや反り返る程度、ときに粘る。
 アズマヤマアザミ Cirsium microspicatum  は関東地方、中部地方に分布し、葉が浅裂~中裂。頭花が葉腋に2~3個まとまってつき、無柄~短柄。総苞は狭い筒形、くも毛が多い。総苞片が短く、反り返らない。
[花期] 8~10月
[草丈] 100~200㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種  本州(中部地方以北)
[撮影] 美ケ原高原 09.8.29
TOP Back