ナガバタチツボスミレ  長葉立坪菫
[別名] ナガバノタチツボスミレ
[学名] Viola ovato-oblonga (Miq.) Makino
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
ナガバタチツボスミレの花
ナガバタチツボスミレの花
ナガバタチツボスミレの花
ナガバタチツボスミレの距
ナガバタチツボスミレの花柱
ナガバタチツボスミレの托葉
ナガバタチツボスミレの根生葉
ナガバタチツボスミレ
ナガバタチツボスミレ茎葉表
ナガバタチツボスミレ茎葉裏
ナガバタチツボスミレ雌しべ
ナガバタチツボスミレ雄しべ
 和名はタチツボスミレに似て茎葉が細くなることから。ニオイタチツボスミレと同じように普通、芳香がある。根出葉はタチツボスミレに似て、幅2~4㎝の卵形~円形、基部は心形。茎葉は長さ幅2~6㎝の三角状楕円形、花後にはさらに葉が細長くなる。葉は暗緑色が多く、葉表には微毛があるときがあり、葉裏は無毛。托葉はニオイタチツボスミレに似て、タチツボスミレより鋭く切れ込むことが多い。花は直径1.5~2㎝。花の色はタチツボスミレより濃いのが普通。側弁の基部には普通、毛がない。距は長さ6~7㎜。雌しべの柱頭は下側に明瞭に突き出る。距は長さ6~7㎜。花柄は無毛である。 
 類似種はタチツボスミレニオイタチツボスミレ
[花期] 4~5月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 丘陵、山地の林内、林縁
[分布] 在来種 本州(静岡県以西)、四国、九州、朝鮮
[撮影] 蔵王山   05.4.6
TOP Back