ナガバシロヨメナ  長葉白嫁菜
[別名] イワバノギク
[学名] Aster ageratoides Turcz. var. tenuifolius Kitam.
Aster ageratoides Turcz. var. harae (Makino) Kitam. f. tenuifolius (Kitam.) Ohwi
キク科 Asteraceae (Compositae)  シオン属
三河の植物観察
ナガバシロヨメナの花
ナガバシロヨメナの花横
ナガバシロヨメナの総苞
ナガバシロヨメナの果実
ナガバシロヨメナの葉裏の脈
ナガバシロヨメナの茎
ナガバシロヨメナ
ナガバシロヨメナ冠毛
ナガバシロヨメナ葉表
ナガバシロヨメナ葉裏
 渓流型の変種。葉が小型で、細長いのが特徴。変異が連続的である。顕著に葉が小型で、細くなるものをイワバノギクと分類することもあったが、現在は同一変種として扱うのが普通。
 シロヨメナAster ageratoides var. ageratoides は山に多く、林縁などの半陰地に生える。全体に毛は少なく、まばら。茎は直立~やや斜上し、やや紫色を帯び、下部はほぼ無毛。葉は長さ5~15㎝、幅2~5㎝、先が尖り、長楕円状披針形、3脈が目立ち、下部の葉では粗い鋸歯がある。葉に毛がほとんどないため、葉裏の脈が目立ち、ざらつかない。基部はくさび形で、根元に近いところでくびれてやや翼状になり、柄はほとんどない。花柄は長さ0.5~3㎝。花は普通、白色で、直径約1.5~2㎝と小型。総苞は筒形~球形。総苞片は3列。果実は長さ2~3㎜、冠毛の長さ3~4㎜。2n=18,(45),54
 ケシロヨメナAster leiophyllus var. intermedius は葉裏に短毛が多く、長軟毛が少ない。4倍体2n=36
 ノコンギクは茎や葉に短毛があってざらつき、葉がやや丸く、葉柄があり、頭花が大きい。ノコンギクの葉の細いもの(変種のホソバコンギクとされる場合もある。)と見間違えやすい。
 イナカギク(ヤマシロギク)は茎や葉にビロード状の白毛が密生し、葉の基部がやや茎を抱く。葉裏に長軟毛がある。
[花期] 8~11月
[草丈] 30~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林縁、林内
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 寸又峡  07.8.5
TOP Back