ムラサキタカネアオヤギソウ  紫高嶺青柳草
[別名] タカネシュロソウ 高嶺棕櫚草
[学名] Veratrum maackii Regel var. japonicum (Baker) T.Shimizu form. atropurpureum (Honda) T.Shimizu
シュロソウ科 Melanthiaceae  シュロソウ属
ムラサキタカネアオヤギソウの花
ムラサキタカネアオヤギソウの花2
ムラサキタカネアオヤギソウ葉
ムラサキタカネアオヤギソウ
 ホソバシュロソウの高山型の品種。タカネシュロソウともいう。 旧分類ではユリ科に属した。
 葉は幅が狭く、幅1~2㎝、長さ6~15㎝の線状披針形、根元の葉鞘がシュロ毛状の繊維に覆われる。花茎の上部の円錐花序に花を密集して多数つける。花は直径1~1.2㎝、花被片6個、紫褐色。雄しべ6個。花柱3個。花柄は短く、茎に添って花がつく。
 シュロソウは葉の幅が3㎝以上。
 三河で見られるのはホソバシュロソウ。葉幅が3㎝以下で、花柄が長く、花序の花つきがまばらに見える。
[花期] 7~8月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山~高山帯の草地
[分布] 在来種 本州(関東~中部地方)
[撮影] 八方尾根  07.7.28
TOP Back