ホソバシュロソウ  細葉棕櫚草
[中国名] 毛穗藜芦 mao sui li lu
[別名] ナガバシュロソウ
[学名] Veratrum maackii Regel var. maackii Maxim.
シュロソウ科 Melanthiaceae  シュロソウ属
三河の植物観察
ホソバシュロソウの花序枝
ホソバシュロソウの花梗
ホソバシュロソウの花
ホソバシュロソウの花
ホソバシュロソウ
ホソバシュロソウの葉
 旧分類ではユリ科に属した。
 シュロソウの和名の由来は葉が枯れて葉の付け根に残る葉鞘の繊維がシュロの毛に似ていることから。シュロソウの母種にあたる。葉幅が3㎝以下と狭く、葉が長い。別名は葉が長いことから。花梗が長く、花梗でも判別できる。三河で見られるのはこのタイプ。ただし、変種や品種が多く、中間型もあり判別は簡単でなく、まとめて広義にシュロソウという。
 茎は斜上し、白色の毛がある。葉は根生し、葉は長さ20~40㎝、幅1~2(3)㎝。茎頂の円錐花序にまばらに花を多数つける。花は直径約1.5㎝、雌しべのない雄花と雌しべのある両性花が混じる。花被片6個、紫褐色。雄しべ6個。花柱3個。花梗(小花柄)は長さ1~2㎝。果実は長さ約1.5㎝の蒴果。種子は長さ約3㎜。2n=16
[花期] 6~8月
[草丈] 60~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁、湿った草原
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 新城市   05.9.10
TOP Back