ミヤマオダマキ  深山苧環
[別  名] ヒメオダマキ
[中国名] 白山耧斗菜 bai shan lou dou cai
[学  名] Aquilegia flabellata Siebold et Zucc. var. pumila (Huth) Kudo
Aquilegia japonica Nakai et H. Hara
キンポウゲ科 Ranunculaceae  オダマキ属
ミヤマオダマキ花
ミヤマオダマキ花2
ミヤマオダマキ距
ミヤマオダマキ苞葉
ミヤマオダマキ果実
ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ葉
 高山に自生するが育てやすく、園芸種としてよく栽培されている。低地での栽培では花が4~5月から咲く。
 茎は直立し、分枝しないか、上部で分枝する。葉は数個、根生し、2回3出複葉。葉柄は長さ3.9~19㎝。葉表は無毛、葉裏は無毛~わずかに有毛。側小葉は斜めにつき、扇状~倒卵形。中央の小葉は広倒卵形~扇状、長さ0.9~2.4㎝、幅1.3~3.3㎝、3裂し、2~3個の鈍い歯がある。花序は1~3個の花をつけ、苞は線状披針形、長さ4~7㎜、1~3裂する。花は直径3.5~4.2㎝。小花柄は長さ1~2.5㎝。萼片は傘上に広がり、青紫色、楕円状倒卵形、長さ1.5~2.5㎝、幅0.7~1.5㎝、先は鈍形~類円形。花弁は青紫色~白色~黄白色、ほぼ直立し、広惰円形、長さ0.7~1.2㎝、先は鈍い。距は、紫色、広長惰円形、長さ1~1.6㎝、先は鉤状に曲がる。雄しべは花弁とほぼ同長。葯は黄色~帯灰色、長さ約2㎜。仮雄しべは白色、長さ約8㎜。雌しべ5個、無毛。子房は長さ約6㎜。袋果は長さ1.5~2.5㎝、長さ約5㎜の花柱が残存する。
 ヤマオダマキ Aquilegia buergeriana は萼片が紫褐色。距があまり曲がらない。
 キバナノヤマオダマキ Aquilegia buergeriana form. flavescens は萼片が黄色。
[花期] 6~8月
[草丈] 10~25(40)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草地、林縁
[分布] 在来種 北海道、本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊橋市(植栽) 15.4.21
TOP Back