キバナノヤマオダマキ  黄花山苧環
[学名] Aquilegia buergeriana Sieb. et Zucc form. flavescens Makino.
Aquilegia buergeriana Sieb. et Zucc. var. buergeriana form. flavescens Makino
キンポウゲ科 Ranunculaceae  オダマキ属
三河の植物観察
キバナノヤマオダマキの花序
キバナノヤマオダマキの花横
キバナノヤマオダマキの花
キバナノヤマオダマキの果実
キバナノヤマオダマキ
キバナノヤマオダマキ葉
 和名のオダマキの由来は花の形が、麻糸を巻きつけた管に似ていることから。ヤマオダマキの萼片は紫褐色で、萼片まで黄色のものを別品種として分類している。
 根生葉に長柄があり、2回3出複葉。小葉は扇形で2~3裂し、長さ約3㎝。茎の上部に特徴ある形の直径約3㎝の花を下向きにつける。円筒形の花弁を囲む萼片が花弁のように横に広がり、長い距が上に突き出ている。上高地や霧ケ峰ではキバナの方が多く、奥三河地方も同様である。
[花期] 6~8月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草地、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 面の木園地 03.7.5
TOP Back