ミヤコグサ  都草
[別名] エボシグサ 烏帽子草
[中国名]

光叶百脉根 guang ye bai mai gen

[学名] Lotus corniculatus L. var. japonicus Regel
マメ科 Fabaceae  ミヤコグサ属
三河の植物観察
ミヤコグサの花
ミヤコグサの花2
ミヤコグサの花3
ミヤコグサの萼
ミヤコグサの果実
ミヤコグサ
ミヤコグサ萼の上部の歯
ミヤコグサ葉
  茎は中実、やや倒れて這い、斜上する。全体に普通、ほぼ無毛。葉は5小葉の複葉。葉柄の基部の小葉は托葉状につき、托葉は無いか微小。小葉は長さ5~15㎜の卵形~倒卵形。葉腋から出る花茎の先に1~3(4)個の花を散形状につける。花は長さ10~12.5(14)㎜の黄色の蝶形花、竜骨弁の先が嘴状に伸びる。雄しべ2個。萼は長さ2~3.5㎜、先が5裂し、萼歯が細く尖り、萼筒より長い又は同長。萼の上部の2歯の狭い部分(針状の部分)はその萼歯の半長より短い。萼に毛があるものも稀にある。果実(豆果)は長さ2~3㎝、熟すと裂開する。2n=12
 セイヨウミヤコグサは茎などに毛が生えることが多く、1花茎に(2)3~8個の花を付ける。萼の上部の2歯の狭い部分(針状の部分)はその萼歯の半長より短い。毛の有無では判別できない。2n=24
[花期] 5~6(10)月
[草丈] 長さ15~35cm 地をはう
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、海岸
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、台湾、中国、ネパール
[撮影] 伊良湖岬  07.6.4
TOP Back