ミカワイヌノヒゲ  三河犬の髭
[学名] Eriocaulon mikawanum Satake et T.Koyama
ホシクサ科 Eriocaulaceae  ホシクサ属
三河の植物観察
ミカワイヌノヒゲ穂 border=
ミカワイヌノヒゲの小穂実 border=
ミカワイヌノヒゲの茎 border=
ミカワイヌノヒゲ
 三河の湿地だけに見られる固有種。新城市(旧作手村)以外では見られない。
 葉は幅1~2㎜の線形。頭花は小さく、直径1~3㎜。小花に白色の短毛がある。総苞片は披針形で、先が尖り、イヌノヒゲEriocaulon miquelianum より短く、頭花の1.3~2倍。花茎がやや細く、中央のものだけが直立し、他は曲がって倒れることが多い。果実は小花ごとに1個となることが普通。
 ニッポンイヌノヒゲ Eriocaulon taquetii の花茎はイヌノヒゲより太く、葉の長さより長くならず、ねじれがほとんどない。葉の幅も広い。
 イトイヌノヒゲ Eriocaulon decemflorum は総苞片の質が薄く、先が鈍頭で、花茎も細く、ねじれている。
[果期] 8~9月
[草丈] 5~10㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿地
[分布] 在来種(日本固有種)  愛知県新城市(旧作手村)
[撮影] 長ノ山湿原  07.9.8
TOP Back