ニッポンイヌノヒゲ  日本犬の髭
[学名] Eriocaulon taquetii Lecomte
Eriocaulon hondoense Satake
ホシクサ科 Eriocaulaceae  ホシクサ属
三河の植物観察
ニッポンイヌノヒゲの花
ニッポンイヌノヒゲの花2
ニッポンイヌノヒゲの葉
ニッポンイヌノヒゲ
 葉は厚めで、光沢があり、長さ10~20㎝、幅がやや広いのが特徴で、中部の幅3~5㎜、下部の幅5~8㎜。花茎は長さ15~22㎝、葉とほぼ同長程度で、長くならず、多数、叢生する。花茎は太めで捻じれがほとんどない。頭花は直径6~8㎜。総苞片は披針形で、先が鋭くとがり、頭花より著しく長い。雄花、雌花ともに白色の毛が少ない。
 イトイヌノヒゲ Eriocaulon decemflorum の総苞片は質が薄く、先端が鈍頭。花茎は細くて、ねじれがあり、葉より長い。
 イヌノヒゲ Eriocaulon miquelianumは花茎が短く、総苞片が長く、頭花の1.5~3倍。葉の幅が中部で1~3㎜と狭い。
 シロイヌノヒゲ Eriocaulon sikokianum は花茎が長く、総苞片が短く、花に白色の毛が多い種であるが、イヌノヒゲとの判別が困難なものがあるとの報告もある。
 三河固有種のミカワイヌノヒゲ Eriocaulon mikawanum は頭花が小さく、茎がやや細く、倒れることが多い。
[花期] 8~9月
[草丈] 15~22㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 黒河湿地    01.9.29
TOP Back