ミカワバイケイソウ  三河梅蕙草
[学名] Veratrum stamineum Maxim. var. micranthum Satake
シュロソウ科 Melanthiaceae  シュロソウ属
ミカワバイケイソウの花序
ミカワバイケイソウの花
ミカワバイケイソウの横
ミカワバイケイソウの横
ミカワバイケイソウ
ミカワバイケイソウ葉
 コバイケイソウの変種。旧分類ではユリ科に属した。
 葉は互生し、葉は長さ20~35㎝の長楕円形~楕円形。葉の先はとがり、基部は茎を抱く。茎頂に大きな円錐花序をつけ、花を多数つける。花は両性花と雄性花がつく。花被片は6個で、白色、縁が歯牙状に切れ込み、黄色の雄しべが突き出る。花のつきはコバイケイソウと同じように波があり、少ししか咲かない年がある。
[花期] 4下旬~5月上旬
[草丈] 60~150㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿った林内、草地
[分布] 在来種(日本固有種) 愛知県、長野県、静岡県、岐阜県
[撮影] 昭和の森  03.5.4
TOP Back