クマシデ  熊四手
[別名] イシシデ、カタシデ
[英名] Japanese hornbeam
[学名] Carpinus japonica Blume
カバノキ科  Betulaceae  クマシデ属
三河の植物観察
クマシデの雄花
クマシデの果実
クマシデの幹
クマシデ
クマシデの葉表
クマシデの葉裏
 和名の由来は葉が硬く、風にそよぐと音を立てることから。
 幹は黒褐色、若木の樹皮は滑らか、成長するとミミズ腫れ状の模様が入り、老木は裂ける。葉は互生し、長さ5~10㎝の長楕円形、幅がやや狭く、先が尖る。葉の質は薄く、葉脈が深く、裏面に出っ張り、縁は重鋸歯。葉表は無毛、葉裏の脈上には帯褐色の長毛があり、脈腋に毛叢がある。雌雄同株。開花は葉の展開と同時。雄花序、雌花序ともに垂れ下がる。果穂は長さ5~10㎝、葉状の果苞が密生する。果苞は長さ1.5~2㎝、縁に粗い鋸歯がある。堅果は長さ約4㎜の扁平な長楕円形、果苞の基部につく。2n=16
 サワシバ Carpinus cordata は幹に菱形の裂け目が入り、クマシデより葉の幅が広く、基部が心形。果苞の鋸歯が浅い。
[花期] 4月
[樹高] 10~15m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 丘陵、山地の谷筋
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 面ノ木 07.7.1
TOP Back