コウリンカ  紅輪花
[学名] Tephroseris flammea (Turcz. ex DC.) Holub subsp. glabrifolia (Cufod.) B.Nord.
Senecio flammeus Turcz. ex DC. subsp. glabrifolius (Cufod.) Kitam.
Senecio flammeus Turcz. ex DC. var. glabrifolius Cufod.
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウリンカ属
三河の植物観察
コウリンカの花横
コウリンカの花
コウリンカの葉
コウリンカ
 キオン属としてに分類されたことがあるが、現在はコウリンカ属に分類されている。
 茎は分枝せず、直立する。根生葉はさじ形。茎葉は互生し、長さ10~16㎝、広倒披針形、基部はやや茎を抱く。茎頂に直径3~4㎝の頭花を6~13個、散房状につける。舌状花は10~15個つき、舌部は線形、濃赤橙色、はじめ水平に、しだいに垂れ下がり、反り返る。痩果には冠毛がある。
 タカネコウリンギク subsp. flammea は九州(大分県、熊本県)、中国、ロシア に分布し、茎や葉にクモ毛 (密綿毛)が多い。頭花が直径約3㎝、舌状花は橙赤色~暗橙色、反り返る。中国名は红轮狗舌草(hong lun gou she cao)。
[花期] 7~9月
[草丈] 50~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種 本州、朝鮮
[撮影] 八島ケ原湿原  03.8.7
TOP Back