オカオグルマ  丘小車
[中国名] 狗舌草 gou she cao
[学名] Tephroseris kirilowii (Turcz. ex DC.) Holub
Tephroseris integrifolia (L.) Holub subsp. kirilowii (Turcz. ex DC.) B.Nord.
Senecio integrifolius (L.) Clairv. subsp. fauriei (Lev. et Vant.) Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae) コウリンカ属
三河の植物観察
オカオグルマの低い株
オカオグルマの花2
オカオグルマの総苞
オカオグルマの茎葉
オカオグルマの根生葉の葉表
オカオグルマの根生葉の葉裏
オカオグルマ
オカオグルマ花序
オカオグルマ小花
オカオグルマ葉
 サワオグルマに似ているが、日当たりのよい乾いた場所を好む。
 根茎がある。茎は1本、まれに2~3本直立し、類花茎状、密に白色のクモ毛があり、ときにほぼ無毛。根生葉は数個、花期に残り、ロゼット状になり、短柄。葉身は長楕円形~卵状長楕円形、長さ5~10㎝、幅1.5~2.5㎝、両面に密~まばらに、白色のくも毛状の綿毛がある。葉基部は楔形~次第に漸尖し、狭~広翼のある葉柄と続く。葉縁は不規則な先が点状の歯牙状又はほぼ全縁、葉先は鈍形。茎葉は数個、上部では次第に小さくなり、下部の葉は無柄、倒披針形~倒披針状長楕円形、長さ4~8㎝、幅0.5~1.5㎝、基部はほぼ茎を抱き、先は鈍形~鋭形。上部の葉は小さく、苞のようで、披針形、先は鋭形。頭花は直径1.5~2㎝、3~11個が散形花序の形態に並び、先は散房花序。花序柄は長さ1.5~5㎝、密にくも毛状の綿毛があり、黄褐色の腺毛がある。基部に苞があり、無いこともある。総苞は類円筒形~鐘形、長さ6~8㎜、幅6~9㎜、総苞片は1列、18~20個(実測19個)、披針形~線状披針形、幅1~1.5㎜(長さ5~7㎜)、草質、縁は狭い膜質、密~ときにまばらにクモ毛状、ときにほぼ無毛、先は尖鋭形~鋭形、緑色~帯紫色。周辺小花は13~15個、花冠筒部は長さ3~3.5㎜、小舌は黄色、頂楕円形、長さ6.5~7㎜、幅2.5~3㎜、4脈があり、先は3小歯、鈍形。中心小花は多数、花冠は黄色長さ約8㎜、筒部は長さ約4㎜、漏斗状の部分があり、裂片は卵状披針形長さ約1.2㎜、先は尖り、パピラがある。葯は長さ2.2㎜、基部は鈍形、付属体は卵状披針形。花柱は分岐し、枝は長さ約1㎜。痩果は長さ2.5~3.5㎜、微細剛毛で密に覆われ、冠毛がある。冠毛は白色、長さ約6㎜。
 似たものが高山や寒地にあるが花期が夏である。
 ミヤマオグルマTephroseris kawakamii 北海道の高地、サハリンに分布。花期7~8月。高さ17~30㎝。頭花は黄色、直径2~3㎝。イワオグルマと同種とする見解もある。
 イワオグルマTephroseris phaeantha 中国、朝鮮の高地に分布。长白狗舌草 (chang bai gou she cao)。花期 7~8月。高さ13~45㎝。頭花は直径1.8~2.5㎝。総苞片は18~20個。
 キタオグルマTephroseris integrifolia subsp. integrifolia 分布はアジア、ヨーロッパなどといわれているがはっきりしない。区別できないともいわれる。
 カワラオグルマTephroseris subdentata 尖齿狗舌草(jian chi gou she cao )。朝鮮、中国、ロシア分布。花期6~7月。高さ20~60㎝。葉柄が長さ2~13㎝。総苞片は18~20個。頭花は直径1.5~2㎝、黄色。
 ミズオグルマ Tephroseris palustris 湿生狗舌草(shi sheng gou she cao) 。周寒帯性分布。花期 6~8月。高さ20~60㎝。総苞片は18~20個。頭花は淡黄色。痩果の冠毛が花時の長さ3~3.5㎜から、果時に12~13㎜と長くなる。
[花期] 3~6月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア、モンゴル
[撮影] 豊田市(旧足助町)    04.4.4
TOP Back