キツネノマゴ  狐の孫
[中国名] 爵床 jue chuang
[英名] rat-tall willow
[学名] Justicia procumbens L. var. procumbens
Justicia procumbens L. var. leucantha Honda form. japonica (Thunb.) H.Hara 狭義
キツネノマゴ科 Acanthaceae  キツネノマゴ属
三河の植物観察
キツネノマゴの花
キツネノマゴの雄しべ
キツネノマゴの葯
キツネノマゴ萼
キツネノマゴ苞と萼
キツネノマゴ果実
キツネノマゴ茎
キツネノマゴ
キツネノマゴ雌しべと雄しべ
キツネノマゴ果実の中
キツネノマゴの葉
 道端で普通に見られる。草本、高さ20~50㎝。茎は4稜があり、下向きの曲った短毛が生える。葉柄は長さ3~8㎜、短毛がある。葉は対生し、全縁、葉身は長さ1.5~4㎝、幅0.8~1.5㎝、楕円形~卵状楕円形、ほぼ無毛~まばらに剛毛があり、鐘乳体は多数、側脈は3~6対、明瞭。葉の基部は広楔形~類円形、葉柄にわずかに沿着し、縁は全縁又はわずかに波打ち、先は鋭形~鈍形。穂状花序は頂生又は上部の葉に腋生、円柱形、長さ1~3(6)㎝、幅6~12㎜、花が密につく。花序柄は長さ0.5~7㎝、密に軟毛で覆われる。苞は卵形~楕円状披針形、長さ2.5~8㎜、幅0.6~1.3㎜、内面には軟毛があり、縁には縁毛がある。小苞は披針形、長さ2.5~5㎜、内面には軟毛があり、縁には縁毛がある。萼は長さ4~6㎜、基部まで4裂又は5裂(萼が5深裂し、萼片の1個は退化して小さく糸状又は無)、線形、外面は1脈があり、脈に軟毛があり、縁は黄白色で縁毛がある。花冠は長さ5~8.5㎜、ピンク色又は白色、下唇に帯赤色の斑紋(白色の斑紋の周りが紅紫色)がある。下唇は長さ約3㎜、幅約3.5㎜、3裂し、裂片は卵形、中裂片はわずかに長く、長さ約1㎜、幅1~1.5㎜。上唇は長さ約3㎜、先は凹形。雄しべは突き出し(上唇よりやや短い)、花糸は扁平、長さ約4㎜、無毛。葯は葯室が対生(縦に並ぶ)、下側の葯室は基部に距がつき、上側の葯室は無突起 (属の特徴)。子房は有毛、花柱は先以外は花冠内部の溝の中に埋め込まれ、長さ約5㎜、毛がある。柱頭はわずかに2裂。蒴果は長さ4~6㎜、種子は4個入る。種子は卵形、長さ約1㎜、幅約1㎜、しわがある。種子の基部に鈎状の柄があり、種子を射出する。花期、果期は通年。2n=18,36
[花期] 8~10月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、草地、畑地
[分布] 在来種  本州、四国、九州、中国、台湾、インド、ブータン、ネパール、スリランカ、バングラデシュ、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ラオス、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム
[撮影] 蒲郡市 05.8.25
【キツネノマゴ属】 Familiy: Acanthaceae - Subfamily: Acanthoideae - Tribe Justicieae - genus Justicia
<解説>
 草本、亜低木、低木、鐘乳体(cystoliths)がある。葉は無柄又は有柄。葉身は、普通、全縁、ときに深波状又はわずかに鋸歯状、花序は2出集散花序(ときに花が単生)、腋生又は頂生の穂状花序、総状花序、又は密穂花序、ときに分枝して円錐花序になる。苞は形が様々、ときに色が鮮やかになり目立つ。小苞は2個、苞と類似か又は小さい。萼は4~5深裂、裂片は同形~ほぼ同形。花冠は筒形又は漏斗形。拡大部は2唇形、下唇は3裂、上唇は全縁~2裂、内部は皺紋状(rugulate)。裂片は蕾のときは渦巻き形。雄しべ2個。葯は2葯室。葯室は等形又は非等形、平行又は垂直につき、片側又は両方の基部に距がつき、又はときに基部の付属体を欠く。仮雄しべは無い。子房は室に2胚珠。柱頭はわずかに2裂。蒴果は基部に柄がある。種子は2~4個、基部に柄のような組織体(jaculator[射出機] 又は retinaculum[支持帯]と呼ばれる:日本語では弾糸ともいわれる)がつく。この柄により蒴果から種子が飛び出す。種子は扁球形~球形。
 世界の熱帯、亜熱帯に約700種が分布する。

【節分類】
 7節 Sectionesに分けられる。
 1  J. sect. Betonica
  J. betonica(シロバナコエビソウ) , J. montis
 2  J. sect. Grossa
   J. grossa
 3  J. sect. Justicia
   J. orchioides , J. cuneata , J. guerkeana , J. platysepala , J. thymifolia , J. bolusii , J. anselliana
 4  J. sect. Mesoamericanae
   J. calliantha , J. nicaraguensis , J. sulfurea , J. torresii
 5  J. sect. Orthotactus
   J. aequilabris , J. fulvohirsuta , J. macarenensis , J. scheidweileri
 7  J. sect. Plagiacanthus
 8  J. sect. Rostellaria
   J. abyssinica , J. adenostachya , J. andamanica , J. ardjunensis , J. assamica , J. backeri , J. bankaoensis , J. blancoi , J. bonthainensis , J. brachystachya , J. chiengmaiensis , J. ciliata , J. cradengensis , J. crenulata , J. elegans , J. glandulosa , J. gracilis , J. haplostachya , J. hayatae , J. hedyotidifolia , J. hijangensis , J. humilis , J. khasiana , J. lanceolata , J. latispica , J. linearifolia , J. magnifolia , J. mollissima , J. neesii , J. neglecta , J. obtusa , J. ovata , J. palustris , J.procumbens(キツネノマゴ) , J. pogonanthera , J. prostrata , J. psychotrioides , J. pumila , J. quadrifaria(タロコキツネノマゴ) , J. rachaburensis , J. ramosissima , J. reptans , J. rotundifolia , J. royeniana , J. sarmentosa , J. serpyllifolia , J. simplex , J. smeruensis , J. sundana , J. tenella , J. trichochila

 和名のあるキツネノマゴ属の種

 1  アドハトダ Justicia adhatoda L.  おそらくインド原産。
  葉や根が薬用。英名はMalabar nut, adulsa。中国名は鸭嘴花(ya zui hua )。
  高さ2~4m。花は白色、直径約3㎝。蒴果は棍棒形、長さ2.5~4㎝、幅約0.5㎝。
 2  キダチキツネノマゴ Justicia gendarussa Burm.f. 中国原産、東南アジアなどは不確定。
  広く栽培され、南アジア、東南アジアなどに帰化。中国名は小驳骨( xiao bo gu )。
  高さ0.7~1.5m。葉は狭披針形、長さ6~10㎝、幅1~1.5㎝。花はクリーム白色、長さ1.2~1.5㎝。   下唇の斑紋は紫色。上唇に紫色のしみがある。
 3  キツネノマゴ Justicia procumbens L. var. procumbens   
   syn Justicia procumbens L. var. leucantha Honda f. japonica (Thunb.) H.Hara 狭義
  3-1 キツネノヒマゴJusticia procumbens L. var. riukiuensis Yamam.   
         syn Justicia simplex auct. non D.Don 
         syn Justicia procumbens auct. non L.
    トカラ列島~南西諸島、台湾に分布。
    葉は広卵形、長さ1~2.5㎝、幅 0.6~1.5㎝、両面に毛が密生し、質が厚い。
  3-2 ケブカキツネノマゴ Justicia procumbens L. var. hirsuta Yamam.   
      中国名は密毛(澎湖)爵床。茎、葉、苞、萼など全体が剛毛で覆われる。
      葉は卵形~披針形~楕円状披針形、長さ1~1.5㎝、幅0.5~1㎜。
  3-3 シロバナキツネノマゴ Justicia procumbens L. var. leucantha Honda 
         syn. Justicia procumbens L. var. leucantha Honda 
      花が白色。
  3-4 ホソバキツネノマゴ Justicia procumbens L. var. linearifolia Yamam.   
              syn  Rostellularia procumbens (L.) Nees var. linearifolia (Yamam.) S.S.Ying
      中国名は狭叶爵床。
      葉は線形~線状披針形、長さ1~2.5㎝、幅4~5㎜。
 4  キツネノメマゴ Justicia hayatae Yamam. 
   syn Justicia procumbens L. var. hayatae (Yamam.) Ohwi
   syn Justicia diffusa auct. non Willd.
   中国名は早田氏爵床。茎、葉に長剛毛がある。
   葉は無柄、卵形~ほぼ円形、長さ10~16㎜、幅8~10㎜
 5  コエビソウ Justicia brandegeeana Wassh. et L.B.Sm メキシコ原産。
   花序が垂れ下がり、エビに似ている。苞が帯赤色、花が白色。
 6  サンゴバナ Justicia carnea Lindl. ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ原産。
   英名はBrazilian plume flower , flamingo-flower , Jacobinia, flamingo plant , 1king's-crown。
   高さ1~1.5m。葉は卵状長楕円形、長さ15~20㎝、わずかに綿毛がある。
   頭状花序は頂生し、直径10~20㎝、花が密に多数、束生し、羽根飾り(plume)状。
   花は淡ピンク色~濃ピンク色、白色。
 7  シロバナコエビソウ Justicia betonica L.アフリカ、熱帯アジア(スリランカ、マレーシア)原産。
   英名はsquirrel's-tail , white shrimp-plant。高さ2.5m以下。
   花序が直立し、苞が白色、緑色の脈が目立つ。花冠はフジ色、斑紋は白色。
 8  タロコキツネノマゴ Justicia quadrifaria (Nees) T.Anders. 中国、インド、東南アジア原産。
   中国名は杜根藤 (du gen teng)。
   多年草、茎は傾伏し、先は直立する。葉は楕円形~披針形、長さ6~8㎝、幅2~3.5㎝。
   花は穂状花序に普通、3個つき、白色、斑紋は紫色。

 参考

1)中国植物誌
  爵床 Rostellularia procumbens (L.) Nees
  http://frps.eflora.cn/frps/Rostellularia%20procumbens
2)原色野草観察検索図鑑
  キツネノマゴ p179
3)野草図鑑⑤ すみれの巻
  キツネノマゴ p109
TOP Back