サンゴバナ    珊瑚花
[別名] フラミンゴプランツ、ジャコビニア
[中国名] 珊瑚花 shan hu hua
[英名] Brazilian plume flower , flamingo-flower , Jacobinia, flamingo plant , king's-crown , plume flower
[学名] Justicia carnea Lindl.
キツネノマゴ科 Acanthaceae   キツネノマゴ属
三河の植物観察
サンゴバナの蕾
サンゴバナの花
サンゴバナの茎
サンゴバナ
サンゴバナ葉
 サンゴバナはキツネノマゴ科キツネノマゴ属の栽培種。
 常緑多年草、高さ1~2m。茎は直立又は攀縁性、角(かど)張り、緑色又は濃赤色、分枝し、綿毛がある。葉は対生、葉柄がある。葉身は卵状長楕円形~披針形、長さ15~20㎝×幅5㎝以下、普通、全縁、羽状脈、わずかに綿毛がある。苞は緑色、卵形、長さ2㎝以下。小苞は披針形、長さ1.2㎝以下。咢は5深裂し、裂片は披針形、長さ1㎝以下、先は鋭形、微軟毛がある。頭状花序(総状花序)は頂生し、直径10~20㎝、花が密に多数、束生し、羽根飾り(plume)状。花冠は淡ピンク色~濃ピンク色又は白色、2唇形、上唇は長さ6㎝以下、フード形、2裂する。下唇は3裂し、コイル状に巻く。雄しべは2個、上唇の下に位置する。葯は2半葯、半葯は高さが異なり、下側の半葯は微突頭。蒴果は種子が4個以下。花期は5~9月。
品種) 'Alba' , 'Hollandica' (PBR) , 'Huntington' , 'Pink Flamingo' , 'Radiant' , 'Thelma's Pink'
[花期] 5~9月
[高さ] 1~2m
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種  ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ原産
[撮影] 西尾市  19.9.24
TOP Back