キミノマンリョウ  黄実の万両
[学名] Ardisia crenata Sims. form. xanthocarpa (Nakai) H.Ohashi
サクラソウ科 Primulaceae  ヤブコウジ属
三河の植物観察
キミノマンリョウの果実2
キミノマンリョウの果実3
キミノマンリョウの幹
キミノマンリョウ
キミノマンリョウ葉
 新分類(APG)ではヤブコウジ科はサクラソウ科へ含められた。
 マンリョウの果実が黄色のもの。林縁で見られ、やや赤色を帯びた果実もあった。果柄や萼も赤色を帯びる。キミノセンリョウほど鮮やかな黄色ではなく、シロミノマンリョウに近いものかもしれない。
 果実が白色のものはシロミノマンリョウという。
[花期] 7~8月
[樹高] 30~100㎝
[生活型] 常緑小低木
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種 本州(関東以西)、四国、九州、沖縄、中国、台湾、インド、マレーシア、フィリピン、ベトナム
[撮影] 西尾市 12.3.7
TOP Back