カシワバアジサイ  柏葉紫陽花
[中国名] 栎叶绣球 li ye xiu qiu
[英名] oakleaf hydrangea , oak-leaved hydrangea
[学名] Hydrangea quercifolia W.Bartram
アジサイ科 Hydrangeaceae  アジサイ属
三河の植物観察
カシワバアジサイの蕾
カシワバアジサイの花序
カシワバアジサイの装飾花
カシワバアジサイの装飾花2
カシワバアジサイの装飾花横
カシワバアジサイの茎
カシワバアジサイ
カシワバアジサイ葉
カシワバアジサイの葉裏
 北アメリカ原産の栽培種、秋に紅葉する。園芸品種が多数あり、 Snowflake , Snow Queen , Harmony , Alice, Ruby Slippers (半矮性) , Pee Wee, Sykes Dwarf, Little Honey (golden foliage), Munchkin (半矮性),など。 Snowflakeは日本でよく植えられている八重花の品種(写真のもの)。Snow Queenは一重花の花が大きく、密につき、秋になると葉が赤く紅葉する。Harmonyは装飾花が多く八重咲きで花序が大きい 。Aliceは花が白色からピンクに色あせていく。Ruby Slippersは花が白色からルビーレッドに変わる。
 原産地での高さは2~3m、大きいものは高さ8m近くになる。地下に走出枝を伸ばし、群生する。若枝は樹皮がフェルト状、淡褐色、古くなると薄片状に裂ける。葉は対生し、3~7個の尖った裂片があり、長さ10~30㎝、大きいものは柏状の葉形になり、これが英名や和名の由来。葉表は黄緑色~暗緑色。葉裏は銀白色。葉は秋に黄色~赤色に紅葉する。枝先に長さ15~30㎝、幅8~13㎝の円錐花序を上向きに出し、花を多数つける。花は初期に緑色を帯び、乳白色~白色になり、後に紫色を帯び、タン色~赤さび色に退色して冬まで残る。原種は外側に大きな装飾花を多数つけ、内側に小さな両性花がつく。園芸品種は装飾花だけのものが多く、八重花の品種もある。蒴果は両性花だけに出来、暗褐色。
 ノリウツギ Hydrangea paniculata も栽培され、園芸品種が多数ある。葉に切れ込みはない。円錐花序に装飾花だけがつき、カシワバアジサイに花序が似たものがピラミッドアジサイと呼ばれる。'Grandiflora'= form. grandiflora は古くからある装飾花だけの品種、ミナヅキ(ノリアジサイ) ともいわれる。初期に白色、後にピンク色になり淡褐色になる。' Limelight'は装飾花だけで、初期にライム色、次第にクリーム色に変わる。'Diamant Rouge'は白色から次第に桃色になり、後に濃桃色に変わる。'Vanilla Fraise'は初め白色、次第にラズベリー色から紅色に変化する。
 アメリカノリノキ Hydrangea arborescens は北アメリカ東部原産。英名はsmooth hydrangea, wild hydrangea。樹皮が色の違ういくつかの薄い層に剥離し、別名sevenbarkと呼ばれる。高さ3m以下。葉は長さ5~15㎝の卵形、鋸歯縁。.幅5~15㎝の散房 花序に普通、装飾花はなく、あっても数個、直径1㎝以下。園芸品種の'アナベル'は葉が長さ8~18㎝の卵形、花序が直径20~30㎝、白色の装飾花だけがつく。
[花期] 5~7月
[樹高] 1~2.5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 園芸栽培種
[分布] 帰化種 北アメリカ東南部原産
[撮影] 幸田町  15.5.25
TOP Back