カナメモチ  要黐
[別名] アカメモチ、ソバノキ
[中国名] 光叶石楠 guang ye shi nan
[英名] Chinese photinia, Japanese photinia, Christmasberry
[学名] Photinia glabra (Thunb.) Maxim.
バラ科 Rosaceae  カナメモチ属
三河の植物観察
カナメモチ花序
カナメモチ花序2
カナメモチの花
カナメモチの花2
カナメモチの幹
カナメモチ
カナメモチ葉表
カナメモチ葉裏
 和名はモチノキに似て木材が硬く、扇の要に用いられたことに由来する。若葉が赤色で美しく、庭木に使われる。
 幹は暗褐色、老木は樹皮が縦に裂ける。葉は互生し、長さ5~9(12)㎝の長惰円形~倒卵状楕円形、先は鋭く尖り、基部は楔形、革質、無毛。葉縁には細かい鋸歯がある。葉柄は長さ1~1.5㎝、鋸歯状の突起がある。直径約10㎝の複散房花序に花を多数つける。花は直径7~8㎜。花弁は白色、5個つき、長さ2~3㎜の広倒卵形、基部に軟毛がある。雄しべ20個。果実は長さ約5㎜の卵形のナシ状果、赤く熟し、光沢がなく、種子が4個まで入るが、少ないことも多い。種子は長さ4~5㎜、淡褐色~褐色。
 レッドロビン Photinia×fraseri はカナメモチとオオカナメモチの交配種。若葉が鮮やかに赤くなり、開花期にも赤く、葉柄に鋸歯状の突起がない。ベニカナメはカナメモチの葉の赤色が強い、園芸品種の総称であり、レッド・ロビンもベニカナメとも呼ばれる。
 オオカナメモチはカナメモチより大型、葉が長さ10~20㎝、花序も約15㎝と大きい。花弁の基部に毛がない。庭の垣根に使われることが多い。
 クロガネモチは枝や葉柄が紫色を帯び、葉が全縁。花の雄しべが淡紅色で、花弁、雄しべ、萼片が4~6個。新枝で開花する。果実は直径6~7㎜とやや大きく、光沢がある。
 ハイノキ科のシロバイ、クロバイは葉縁に浅い鋸歯があり、花が白色で、果実が紫黒色。
[花期] 5月
[樹高] 3~5(7)m
[生活型] 常緑小高木
[生育場所] 山地、沿海地
[分布] 在来種 本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、ミャンマー、タイ
[撮影] 豊橋市  16.5.12
TOP Back