イチヤクソウ  一薬草
[日本名] 日本鹿蹄草 ri ben lu ti cao .
[学名] Pyrola japonica Klenze ex Alefeld
ツツジ科  Ericaceae  イチヤクソウ属
三河の植物観察
イチヤクソウの花序
イチヤクソウの萼片
イチヤクソウの花茎の鱗片
イチヤクソウの蒴果
イチヤクソウの葉
イチヤクソウ
イチヤクソウ種子
イチヤクソウ葉
 イチヤクソウ科 Pyrolaceae はツツジ科に統合された。
 根茎は下向き又はときに横走りし、やや太く、直径0.8~2㎜、わずかに分枝する。根はときに太く、直径0.5㎜以下。茎は斜上し、ときに分枝する。葉は基部に3~6(8)個、それぞれ1~3個が1~2段に類輪生する。葉柄は長さ3~6(8)㎝、狭い翼がある。葉身は楕円形~広楕円形~卵形、まれに円形、長さ(2.5)3~6(7)㎝、幅2.5~4.5㎝、やや質が厚く、基部は円形~鈍形~類鋭形、縁はごく浅い不明瞭な細鋸歯状、先は円形~鈍形。葉裏が淡緑色~帯紫色、葉表は濃緑色、葉脈が淡色~白色。花茎は直立し、高さ(6)15~30㎝、基部付近に3~6個の鱗片がある。鱗片は長さ7~13(15)㎜、幅2~4㎜、狭披針形~広披針形~倒披針形、中肋がある。葉状の鱗片は2個以下、ときに中間近くに小さい披針形の鱗片がつく。 総状花序は長さ6~10㎝、まばらに、5~12個の花をつける。小花柄は長さ4~6㎜。小花柄の基部に苞がつき、苞は広線形~披針形、長さ5~8㎜、先が長い尖鋭形。花は左右相称、下向きにつき、直径10~12㎜、椀形。萼は5裂して離生、萼片は披針状三角形、長さ3.5~4㎜、基部の最も広い部分の幅1.6~2㎜(長さは幅の2.5~3(4)倍)、先は漸鋭尖形~尖鋭形。花冠は5裂して離生、花弁は倒卵状楕円形~卵状楕円形、長さ5~6.5㎜、幅3.5~4.5㎜、先は円形~鈍形。雄しべは10個、上側に固まってつく。花糸は上向きに湾曲する。葯は長さ2~3㎜、幅約1㎜、クリーム白色、先端付近は橙黄色。雌しべは1個、雄しべより長く、花柱は長さ1.1~1.3㎝、下向き斜めにつき、先は上向きに湾曲する(花が完全に下向きの場合は曲がらない)。柱頭は1個のえりと5個の直立した円筒形の裂片がある。蒴果は扁球形、直径7~8㎜、微細な種子が多数入り、褐色に熟しても花柱が残る。種子は両側に長い翼があり、翼を含めて長さ0.8~1㎜(曲がらないものの場合)、幅0.12~0.16㎜程度。2n=46。(Flora of China の解説は花弁の数値に違いがあると思われ、中国植物誌のデータなども参考にしている)
 マルバノイチヤクソウ Pyrola nephrophylla は葉の幅が長さより広く、萼片の長さは幅とほぼ等しい三角形。
 ベニバナイチヤクソウPyrola nephrophylla form. rosea は花が淡紅色~紅色。茎や萼が赤色。萼片の長さは幅の約2倍。
[花期] 6~7月
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 多年草(草本状小低木)
[生育場所] 林内
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 面ノ木  07.7.8(花)
蒲郡市  15.11.16(果実).
TOP Back