イヌゴマ  犬胡麻
[別名] チョロギダマシ
[中国名] 小刚毛 xiao gang mao bian zhong
[学名] Stachys aspera Michx. var. hispidula (Regel) Vorosch.
Stachys baicalensis Fisch. ex Benth. var. hispidula (Regel) Nakai
Stachys japonica Miq. var. intermedia (Kudo) Ohwi
Stachys riederi Cham. var. intermedia (Kudo) Kitam.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  イヌゴマ属
三河の植物観察
イヌゴマ花序
イヌゴマ花冠の上唇
イヌゴマ花冠の下唇
イヌゴマ萼
イヌゴマ果実
イヌゴマ茎
イヌゴマ
イヌゴマ花
イヌゴマ葉表
イヌゴマ葉裏
イヌゴマ果実
 茎は四稜形、稜上に下向きの刺毛が生える。葉は対生し、長さ3~9㎝、幅1~2.5㎝の三角状披針形、表面にシワがあり、縁に低い鋸歯があり、基部は切形。葉裏の脈上には短い刺毛がある。茎の上部の葉には葉柄がないが、中部以下の葉に長さ1~2㎝の葉柄がある。茎頂に数段の仮輪の花序をつける。花冠は長さ12~15㎜の淡紅色の唇形、上唇は裂けず先が丸く、下唇は3裂して紅紫色の斑紋がある。雄しべ4個と雌しべ1個は上唇に沿う。萼は緑色~赤褐色、先が5裂し、先端が刺状に尖る。果実は4分果、分果は長さ1.7~2㎜。
 エゾイヌゴマは基本種。茎、葉、萼に粗い剛毛が生える。
 ケナシイヌゴマ var. japonica は朝鮮や中国に分布し、九州や沖縄にも多く、無毛。 
[花期] 7~8月
[草丈] 40~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、湿地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 額田郡幸田町   03.7.6
TOP Back