イケマ  生馬
[学名] Cynanchum caudatum (Miq.) Maxim.
Cynanchum maximoviczii Poped.
Cynanchum ikema Ohwi
 キョウチクトウ科 Apocynaceae カモメヅル属
イケマの花
イケマの葉
イケマの果実
イケマ
イケマ未熟な果実に内部
 旧ガガイモ科はキョウチクトウ科に含められた。
 和名は、「それ(神)の足」というアイヌ語に由来する。
 根は肥大し、数本に枝分かれし、有毒。葉は長さ5~15㎝の楕円~長楕円形。葉先が尖り、基部は心形、長さ3~6㎝の柄がある。葉腋の半球形状の散形花序に白色の花が多数つく。花柄は長さ6~12㎝と長い。花は直径6~8㎜。花冠のように見える白い部分は副花冠、長さ4~5㎜。黄緑色の下方に反り返った萼のように見える部分が花冠。袋果は長さ10~12㎝、無毛、有毒。種子には長い種髪(白毛)がつき、風によって散布される。2n=22
 中国に分布するのはよく似たCynanchum auriculatum Royle ex Wight 牛皮消(niu pi xiao) であり、イケマは中国には分布しない。
[花期] 7~8月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、サハリン
[撮影] 駒ヶ根高原  06.8.9
TOP Back