ホソエカエデ  細柄楓
[別名] ホソエウリハダ、アシボソウリノキ
[英名] snakebark maple, red snakebark maple
[学名] Acer capillipes Maxim.
ムクロジ科 Sapindaceae  カエデ属
三河の植物観察
ホソエカエデの果実
ホソエカエデの葉
ホソエカエデの幹
ホソエカエデ
 カエデ科 は現在のAPG分類ではムクロジ科に含められた。
 幹は暗緑色で、黒い縦縞があり、老木は灰褐色となり、縦に浅い裂け目ができる。葉は対生し、葉身は長さ7~13㎝の卵形~広卵形で、3~5裂し、葉先の3裂片の先が尾状に尖り、さらに重鋸歯縁となる。葉裏の脈脇に薄膜がある。葉柄は赤味を帯び、長さ3~8㎝と長い。雌雄異株。長さ約10㎝の総状花序に淡緑色の小さな花を20~50個つけ、ほとんど無毛で、赤褐色の縮毛があっても少ない。小花柄が1㎝以上あり、細い。翼果は無毛で、翼は鈍角に開く。赤く紅葉する。
 ウリハダカエデは幹や葉の形がよく似ている。ウリハダカエデの葉は葉裏の脈に赤褐色の毛があり、薄膜はない。葉柄が赤味を帯びない。また、花序が短く、花の数が10~15個と少ない。
 ウリカエデは葉が小さく、葉裏の脈腋に薄膜があり、脈上に赤褐色の毛がある。花序につく花が10個前後。
[花期] 5~6月
[樹高] 10~20m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地の谷間、渓流沿い
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(群馬県~兵庫県)、四国(徳島県、高知県)
[撮影] 幡豆町 06.8.9
TOP Back