ヒメユズリハ  姫譲葉
[学名] 虎皮楠 hu pi nan
[学名] Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz
Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz f. ovatifolium Hurus.
トウダイグサ科  Euphorbiaceae  ユズリハ属
三河の植物観察
ヒメユズリハの雄花
ヒメユズリハの熟した果実
ヒメユズリハの熟した果実
ヒメユズリハの核
ヒメユズリハ葉裏の網状脈
ヒメユズリハの幹
ヒメユズリハ
ヒメユズリハ葉表
ヒメユズリハ葉裏
ヒメユズリハ葉裏の縁
 春に新しい若葉が出ると、古い葉が席を譲るように落葉することからユズリハといい、ユズリハより小さいことからヒメユズリハという。
 幹は灰褐色で皮目が散生する。葉は互生し、枝先に集まってつく。葉は長さ4~15㎝、側脈が8~10対、葉の網状脈がはっきり見える。葉柄は長さ1.5~5㎝、紅色を帯びることもある。雌雄別株。雄花は花弁がなく、葯が紫褐色、長さ1㎜ほどの小さな萼片がある。雌花も花弁がなく、柱頭が黄色、子房は長さ1~1.5㎜、小さな萼片がある。果実は長さ約1㎝の惰円形の核果、冬に藍褐色に熟し、垂れ下がらない。
 ユズリハは葉がやや大きく、側脈が10~19対、葉裏が白色を帯び網状脈が目だたない。雄花に萼片はなく、果序が垂れ下がる。
 タブノキは葉裏の側脈が明瞭で、網状脈が細かく不明瞭。花が黄緑色。果実は夏に黒紫色に熟し、果柄が赤色を帯びることが多い。
[花期] 5~6月
[樹高] 5~10m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 温暖な海岸地域
[分布] 在来種  本州(福島県以南)、四国、九州、沖縄、朝鮮、台湾
[撮影] 渥美半島   07.9.1
三谷町(花)  09.5.14
TOP Back