ヒメアギスミレ    姫顎菫
[学名] Viola verecunda A. Gray var. subaequiloba (Franch. et Savat.) F.Maek.
Viola verecunda A.Gray var. excisa (Hance) Maxim.
スミレ科 Violaceae スミレ属
三河の植物観察
ヒメアギスミレの花
ヒメアギスミレの距
ヒメアギスミレの葉
ヒメアギスミレ
 ニョイスミレの変種。
 小型で、茎が地表を這い、節から根を出す。葉は幅1.5~2.5㎝のブーメラン形。花は白色、側弁の基部に毛がある。距は短い。
 類似種にはニョイスミレ、アギスミレがあり、ニョイスミレの葉やアギスミレの初期の葉は心形である。花での判別は困難だが、葉の形と大きさでほぼ区別ができる。アギスミレの葉の幅は2~5㎝。
[花期] 4~5月
[草丈] 3~6㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 低山地の湿地、湿潤地
[分布] 在来種(日本固有変種)  本州(愛知県以西)、四国、九州
[撮影] 北山湿地   04.5.8
TOP Back