アギスミレ  顎菫
[学名] Viola verecunda A. Gray var. semilunaris Maxim
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
アギスミレの花
アギスミレの唇弁の毛
アギスミレの距
アギスミレの果実
アギスミレの裂開が近い果実
アギスミレの葉
アギスミレの托葉
アギスミレ
アギスミレ雌しべ
アギスミレ雄しべ
アギスミレ種子
アギスミレの花後の葉
 ニョイスミレ(ツボスミレ)の変種。
 花はニョイスミレとよく似ている。葉はニョイスミレより大きくなり、幅2~5㎝で、葉の形がブーメラン形をしているのが特徴。ただし、花期の頃は心形の葉があり、花後にブーメラン形が顕著になる。このため、花期には葉が心形のニョイスミレとは区別は困難なものもある。
 ヒメアギスミレは全体に小型で、茎が地表を這う。葉が同じブーメラン形だが、葉の幅が1.5~2.5㎝と小型。
 ニョイスミレは葉がやや小さく、心形でブーメラン形にならない。
[花期] 4~6月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、湿潤地
[分布] 在来種(日本固有変種)   北海道、本州(中部地方以北)
[撮影] 葦毛湿原  04.4.24
TOP Back