ベニバナコツクバネウツギ  紅花小衝羽空木
[学名] Abelia serrata Siebold et Zucc. form. sanguinea (Sugim.) Sugim.
リンネソウ科  Linnaeaceae  ツクバネウツギ属
三河の植物観察
ベニバナコツクバネウツギの花序
ベニバナコツクバネウツギの花
ベニバナコツクバネウツギの花3
ベニバナコツクバネウツギの花横
ベニバナコツクバネウツギの蕾
ベニバナコツクバネウツギの萼片
ベニバナコツクバネウツギ
ベニバナコツクバネウツギ葉表
ベニバナコツクバネウツギ葉裏
 コツクバネウツギの品種として分類され、花が黄色がかった紅色~淡紅色。愛知県、岐阜県、長野県に自生する。新枝や萼片は赤色を帯びる。
 コツクバネウツギは葉が対生し、長さ2~5㎝、幅1~2㎝の卵形~狭楕円形、先が尖り、不揃いの鋸歯縁~全縁。両面とも有毛。新枝の先に普通、対に花をつける。小花柄は長さ2~3㎜。萼は基部まで2(又は3)裂し、萼片は長さ5~9㎜、ときに先端が2~3浅裂する。花冠は黄白色~黄色~ときに帯紅色(ベニバナコツクバネウツギ)、長さ1~2㎝の漏斗状の唇形、上唇は2裂し、下唇は3裂する。花の内側に橙色の網目状の模様があり、長毛がある。筒部は長さ約18㎜。雄しべは4個、二長雄しべ(didynamous)。子房は長さ8~10㎜、有毛。花柱は細く、雄しべより長く、花冠からやや突き出し、柱頭は頭状。花柱の基部に扁平な蜜腺がある。痩果は長さ8~10㎜の細い円筒形。
 ホウライコツクバネウツギは品種として分類されてはいないが、鳳来寺山系にだけ見られるタイプ。葉がホソバコツクバネウツギのように小形だが、幅がやや広く、葉裏が白色を帯び、花が淡黄色。葉の細いものものも見られる。
 ホソバコツクバネウツギ form. obspathulata は葉が小形、長さ1~2㎝、幅3~7㎜の披針形~広披針、葉幅が狭い品種。
 ヒロハコツクバネウツギ form. gymnocarpa は萼片が2個で、葉が長さ4~7㎝と大きく、幅が広い品種。花が白色~黄色。
 ツクバネウツギ Abelia spathulata は萼片が5個で、花全体が大きい。
[花期] 5~6月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 日当たりのよい山地
[分布] 在来品種 本州(愛知県、岐阜県、長野県)
[撮影] 新城市  16.5.13
TOP Back