ヒロハコツクバネウツギ  広葉小衝羽空木
[学名] Abelia serrata Sieb. et Zucc. forma gymnocarpa (Graebn.) Sugimoto
Abelia serrata Siebold et Zucc. var. gymnocarpa (Graebn.) Nakai
リンネソウ科  Linnaeaceae  ツクバネウツギ属
三河の植物観察
ヒロハコツクバネウツギの花
ヒロハコツクバネウツギの萼片
ヒロハコツクバネウツギの葉
ヒロハコツクバネウツギ
ヒロハコツクバネウツギ2
 コツクバネウツギの品種又は変種に分類されているが、葉が大きく、見かけが全く異なる。葉は対生し、長さ4~7㎝、幅2~5㎝の広卵形~楕円状卵形、先が尖る。花冠は長さ約1.5㎝の漏斗状の唇形、上唇は2裂し、下唇は3裂する。花の内側に橙色の網目状の模様がある。花の根元に2個の萼片がつくのが特徴。
 コツクバネウツギは萼片が2個で、葉が小さい。ツクバネウツギは萼片が5個で、花全体が大きい。
[花期] 5~6月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 日当たりのよい山地
[分布] 在来種 本州(中部地方以西)、四国、九州
[撮影] 豊田市 04.5.2
TOP Back