ツクバネウツギ  衝羽空木
[別名] コツクバネ
[中国名] 温州双六道木 wen zhou shuang liu dao mu
[学名] Abelia spathulata Sieb. et Zucc.
Diabelia spathulata (Sieb. et Zucc.) Landrein
リンネソウ科  Linnaeaceae  ツクバネウツギ属
三河の植物観察
ツクバネウツギの花序
ツクバネウツギの萼片が緑色の花序
ツクバネウツギの花
ツクバネウツギの花上
ツクバネウツギの萼片
ツクバネウツギ
ツクバネウツギ葉
 和名の由来は果実の萼の形が羽根突きの羽根に似ているところから。
 落葉性の低木、枝はよく分枝する。幹は灰褐色。葉は対生し、葉柄は長さ1~4㎜、有毛。葉身は長さ2~6㎝、幅1~4㎝、の卵形~楕円状卵形、縁は不規則な鋸歯があり、基部が広楔形~円形、先が次第に細くなり尖る。花は枝先に普通2個ずつ対につく。花柄は長さ4~9㎜。苞は長さ2~3㎜、披針形。花冠は白色~ときに黄白色。長さ2~3㎝の漏斗状の唇形、上唇は2裂し、下唇は3裂する。花冠の内側に黄色の網目状の模様がある。雄しべ4個、二長雄しべ 。雌しべ1個、花冠の筒部とほぼ同長。柱頭は頭状。花冠筒部の基部に棍棒形又は先が球形の密腺がある。萼は普通、赤色を帯び、基部まで5深裂し、萼片は長さ5~12㎜の長楕円形。痩果は長さ8~14㎜の線形、5個の萼片が王冠のように残る。。種子は長さ約5㎜、狭円柱形。
 ベニバナノツクバネウツギ var. sanguinea は高地に生え、花が紅色。
 オオツクバネウツギ var. tetrasepala は深山に生え、葉が広卵形。花が大きく花冠が長さ3~4㎝、黄白色。蜜腺は扁平。萼片は5個のうち1個が小さい又は4個。 
 ウゴツクバネウツギ var. stenophylla本州(新潟県以北)の日本海側に自生する。葉の幅がやや広く、蜜腺の形が異なる。
 類似のコツクバネウツギ Abelia serrata は葉や花が小型。花は黄白色。萼片が2個。蜜腺は扁平。
[花期] 5月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 日当たりのよい山地
[分布] 在来種 本州、四国、九州(宮城県・佐賀県)、中国(浙江省)
[撮影] 豊田市 03.5.10
TOP Back