アカバナ  赤花
[中国名] 长籽柳叶菜 chang zi liu ye cai
[学名] Epilobium pyrricholophum Franch. et Savat.
アカバナ科  Onagraceae  アカバナ属
三河の植物観察
アカバナの花
アカバナの花2
アカバナ萼の腺毛
アカバナ茎
アカバナ果実
アカバナ種髪のついた種子
アカバナ
アカバナ葉表
アカバナ葉裏
アカバナ果実の中
アカバナ種髪を取った種子
 和名は紅葉することに由来する。
 水湿地に生え、走出枝を出す。茎の断面は円形、稜がない。茎、葉、萼、子房など全体に腺毛が密生する。葉は長さ2~6㎝、幅0.5~2㎝の狭卵形~披針形、葉の基部の幅が最も広く、柄がほとんどなく、鋸歯縁。花は淡紅紫色~紅紫色、直径約1㎝。花弁は長さ6~8㎜、先が浅く2裂し、桜の花に似ている。ただし花弁の数は4個。柱頭(雌しべの先)は棍棒状(惰円形)。雄しべ8個。萼片は4個、長さ4~7㎜。子房下位であり、花時から子房は細長く、花柄のように見える。。蒴果は長さ3.5~7.5㎝の棒状、腺毛が密生し、熟すと上側が大きく4裂して種子を飛ばす。種子は長さ1.5~1.8㎜、褐色、長さ7~9㎜の種髪(しゅはつ)がある。種髪が赤褐色と解説されていることが多いが、白色である。2n=36。
 イワアカバナは花が白色に近く、柱頭が頭状(球形)で、葉の基部が細くなり、短い柄がある。
[花期] 7~9月
[草丈] 25~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った場所、湿地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、中国、ロシア
[撮影] 面の木  02.8.25
TOP Back