ミヤマアカバナ   深山赤花
[英名] Hornemann's willowherb
[学名] Epilobium hornemannii Rchb.
Epilobium foucaudianum H.Lév.
アカバナ科  Onagraceae  アカバナ属
三河の植物観察
ミヤマアカバナの花
ミヤマアカバナの花
ミヤマアカバナの葉
ミヤマアカバナ
ミヤマアカバナ葉
 茎に2稜があり、腺毛が生える。葉は普通、無毛、長さ1.5~5.5㎝、先が狭い披針形~卵形、低い鋸歯がある。葉柄はほとんど無く、0.8㎜以下。花は円錐花序にまばらにつく。花弁は4個つき、長さ3~9㎜、白色~淡紅色、先が浅く切れ込む。雄しべ8個。柱頭はこん棒状。萼片は長さ2~4.5㎜。花床筒は長さ1~2.2㎜。果実は長さ4~6.5㎝。果柄は長さ5~15㎜。果柄、果実にも腺毛がある。種子は長さ0.9~1.2、乳頭状突起がある。2n=36
 高山に生える小型のアシボソアカバナ Epilobium anagallidifolium (pimpernel willowherb)は果柄が2~4㎝と長く、果柄、果実に腺毛がなく、曲った細かい毛が生える。
 ヒメアカバナEpilobium fauriei は葉が小さく、葉の鋸歯が点状で2、3個しかない。
[花期] 7~8月
[草丈] 5~20(45)cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山の礫地
[分布] 在来種  北海道、本州(中部地方以北)、サハリン
[撮影] 乗鞍岳畳平  06.8.20
TOP Back