ヤマジオウ  山地黄
[学名] Ajugoides humilis (Miq.) Makino
Lamium humile (Miq.) Maxim.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  ヤマジオウ属
三河の植物観察
ヤマジオウ
ヤマジオウ
ヤマジオウ
 茎は下部が這い、短く立ち上がり、匍匐する地下茎がある。葉は長さ3~7㎝、長楕円状倒卵形、葉脈が深く、しわがある。葉の両面の中肋上に毛が斜上する。葉柄はほとんど無く、あっても短い。茎の先の葉脇に2~3個の唇形花が固まってつく。花冠は淡紅色、長さ1.2~1.5㎝、細かい毛が密生し、内面の基部に毛環がある。萼は長さ約7㎜、10脈がある。
[花期] 7~8月
[高さ] 5~10㎝
[生活型] 多年生
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種 本州(神奈川県以西の太平洋側)、四国、九州
[撮影] 鳳来寺山   03.7.26

 ヤマジオウ属

  family Lamiaceae - genus Ajugoides

 多年草。根茎をもち、匍匐茎を出す。葉は茎の上部に密集し、楕円形、縁に歯があり、基部は漸尖形、短い葉柄がある。花茎は短い。花序は短く、密、密錐花序状、花が3個以下の集散花序をもつ。苞は大きく、葉状、集散花序を隠す。咢は5裂、裂片は等長又はほぼ等長。花冠は強く、2唇形、4裂(1/3)、ピンク色、後ろ側の唇は長く、浅いフード形。雄しべは花冠から突き出ない。半葯は弱く、分離。柱頭の裂片はわずかに不等。小堅果は平滑、先は切形、無毛。
 世界に1種があり、日本固有種。


 ヤマジオウ属の主な種と園芸品種

 1  Ajugoides humilis (Miq.) Makino ヤマジオウ 山地黄
   synonum Lamium humile (Miq.) Maxim 
   synonum Stachys humilis (Miq.) Matsum. & Kudo
   synonum Ajuga humilis Miq.
   synonum  [ヤマジオウ属]
 日本固有種(本州の神奈川県以西の太平洋側、四国、九州)。山地の林内に生える。
 多年草。高さ5~10㎝。茎は下部が這い、短く立ち上がり、匍匐する地下茎がある。葉は長さ3~7㎝、長楕円状倒卵形、葉脈が深く、しわがある。葉の両面の中肋上に毛が斜上する。葉柄はほとんど無く、あっても短い。茎の先の葉脇に2~3個の唇形花が固まってつく。花冠は淡紅色、長さ1.2~1.5㎝、細かい毛が密生し、内面の基部に毛環がある。萼は長さ約7㎜、10脈がある。花期は7~8月。

 参考

1) Plants of the World Online | Kew Science
 Ajugoides
  http://plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:20647-1
 Ajugoides humilis
  http://plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:444696-1

TOP Back