ヤマイ 山藺

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae テンツキ属

中国名 双穗飘拂草 shuang sui piao fu cao
学 名 Fimbristylis subbispicata Nees et Meyen
ヤマイの穂
ヤマイの果実
ヤマイ
ヤマイ熟した小穂
花 期 7~10月
高 さ 7~60㎝
生活型 多年草
生育場所 湿地、水田の畦、草地
分 布 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ベトナム
撮 影 御津町  06.9.16
海岸近くの平地から山地まで広く分布する。和名は山に生えるイグサの意味から。
 葉は茎より短く、幅約1㎜の糸状。小穂は普通1個だけで、葉状の苞も1個だけつき、短い。小穂は長さ8~25㎜、幅約5㎜の長楕円状卵形。果実が熟すと、下部の方から鱗片が立ち、果実が落ちる。果実は長さ1~1.2㎜の倒広卵形、断面はレンズ形。花柱には毛が生え、先は2分岐。果実の基部に長さ約0.5㎜の明らかな柄がある。2n=10。