ワタ 綿

mark

Flora of Mikawa

アオイ科 Malvaceae ワタ属

別 名 ナンキンワタ、アジアワタ
中国名

钝叶树棉 dun ye shu mian

英 名 turnip , field mustard
学 名 Gossypium arboreum L. var. obtusifolium (Roxb.) Roberty
Gossypium nanking Meyen
Gossypium arboreum L. var. indicum (Lam.) Roberty
ワタ花
ワタ花3
ワタ花横
ワタ花横4
ワタ萼状総苞
ワタ萼状総苞2
ワタ萼状総苞3
ワタ葉2
ワタ
ワタ果実
ワタ果実2
ワタ葉
花 期 6~9月
高 さ 2~3m
生活型 亜低木(多年草)
生育場所 栽培種 畑
分 布 外来種 インド、スリランカ原産
撮 影 蒲郡市  05.8.25
ワタ(ナンキンワタ) Gossypium arboreum var.obtusifolium = Gossypium nanking はインド、スリランカが原産。キダチワタが改良されたもので、ワタ(和綿)もこの系統である。中国名は钝叶树棉( dun ye shu mian)。托葉は糸状、早落性。葉柄は長さ2~4㎝。葉は直径4~8㎝、掌状に3~5中裂し、裂片は長楕円形~卵形~倒卵形。萼状総苞は先が3裂し、基部1/3が合着し、裂片が卵状心臓形、長さ1.5~2㎝、脈上に星状毛があり、3~4歯があり、歯は幅の3倍より短い。萼は狭いカップ形、ほlぼ切形。花冠は帯黄色、しばしば中心が暗紫色、鐘形。花弁は長さ3~5㎝。ずい柱は長さ1.5~2㎝。花糸は同長。蒴果は3(4~5)室、円錐形、長さ約2.5.㎝、普通、下垂し、無毛、多くの油腺点がある。種子は1室に5~8個、直径5~8㎜の卵形、白色の短綿毛がある。花期は6~9月。2n=26

 世界の熱帯~亜熱帯地域に約40種が分布し、古くから世界各地で広く栽培されている。現在栽培されている品種は改良が繰り返されたものであり、2つの系統がある。アフリカからインド、中国と伝播した「アジアワタ」、中南米のワタとアフリカのワタが交雑した「ペルーワタ」の2系統である。ペルーワタの系統に①キヌワタ(リクチメン 陸地綿ともいわれる)と高級品の②カイトウメン(海島綿)がある。アジアワタ系統のアジアメン(亜細亜綿)はアラビア半島北部~中近東を中心に栽培される③シロバナワタ(白花綿)とインドを中心に栽培される④キダチワタ(木立綿)に分けられる。日本で栽培されているワタ(和棉)は中国でキダチワタが品種改良された⑤ワタ(ナンキンワタ)の系統になる。日本での栽培は延暦18年(799)に現在の西尾市(三河地方)に崑崙人(インド人)が綿種を持って漂着したのが最初といわれ、本格的な栽培は江戸時代に入ってからである。
 ワタ属は低木と草との中間の亜低木。葉が普通、掌状に3~5裂し、種類により浅裂~深裂する。花は淡黄色が多く、白色、黄色、赤色もあり、基部が紫色になることも多い。苞が萼のように花の基部を包み、萼状総苞(epicalyx)といい、縁が歯状に切れ込み、形や歯の深さなどに違いがある。果実は先端がやや尖った球形の蒴果、秋に熟すと3~5個に裂開し、綿毛に包まれた種子が飛散する。種類によって毛の長さが異なり、ペルーワタ系は繊維が長く、アジアメン系は毛が短い。

①キヌワタ(リクチメン)Gossypium hirsutumは中南米原産。世界で最も多く栽培されている。托葉は長さ5~8㎜、卵状かま形。葉柄は長さ3~14㎝。葉身は広卵形、直径5~12㎝、掌状に3裂し、下部ではときに5裂し、裂片は広三角状~卵状円形、基部は広い、中央裂片は葉身の長さの普通1/2。葉裏はわずかに軟毛があり、葉表は無毛に近く、脈上に毛がある。葉の基部は心形~切形、先は尖鋭形。花は葉腋に単生し、花柄は普通葉柄よりやや短い。萼状総苞は3個、長さ4㎝以下、幅2.5㎝以下(歯を含んで)、長い毛が多く、縁毛があり、基部は心形、1個の腺があり、先近くに7~9個の歯があり、歯は幅の3~4倍の長さがある。萼は杯形、5裂し、裂片は三角状、縁毛がある。花は白色~帯黄色、帯赤色~帯紫色に退色し、漏斗形。花弁は5個、 長さ4~5.5㎝、幅3.5~4.5㎝。 ずい柱は長さ1~2㎝、花糸は緩く、上側の花糸は長い。蒴は3~4室、卵形、長さ3.5~5㎝、先は嘴状。種子は卵形、白色の長繊維(white wool)と灰白色の適度に残存性の短い綿毛(fuzz)をもつ。得られる長繊維(lint)は20~30㎜、短繊維(linters)は2~7㎜。 2n = 52
 ②カイトウメン(ベニバナワタ、アメリカワタ)Gossypium barbadense 熱帯アメリカ原産。アメリカ北東部沿岸沖にある シー諸島の特殊な気候にあって繁茂し、またバルバドスなど西インド諸島に生育している。高さ50~120㎝、葉は掌状に5裂。開花は8~10月、花は黄色。綿毛が最も長い高級品。
 ③シロバナワタ Gossypium herbaceum はアラビア半島北部~中近東が原産。中国名は草棉( cao mian).。低木又は1年草。高さ約1.5m以下、有毛。托葉は糸状、長さ5~10㎜、早落性。葉柄は長さ2.5~8㎝、長軟毛がある。葉身は普通、掌状に5裂し、直径5~10㎝、幅が長さより広い。裂片は広卵形、葉身の1/2より短い。葉裏はわずかに軟毛があり、脈上には長軟毛がある。葉表は放射状に毛があり、基部は心形、先は鋭形。花は葉腋に単生する。花柄は長さ1~2㎝、長軟毛がある。萼状総苞は裂片が基部で合着し、長さ2~3㎝、広三角形、長さより幅が広く、わずかに脈上に毛があり、6~8個の歯がある。萼は杯形、5裂する。花冠は黄色、中央が紫色、直径5~7㎝。花弁は長さ 2.5~3㎝、幅3~4㎝。花糸は長さが同じ。蒴は普通、3~4室、卵形、長さ約3㎝、先は嘴状。種子は長さ約10㎜、斜めの円錐形、白色の長毛と短い綿毛がある。2n=26
 ④キダチワタ(インドワタ)Gossypium arboreum var arboreum.インド原産。中国名は树棉(shu mian) 。低木又は多年草、高さ2~3m。托葉は糸状、早落性。葉柄は長さ2~4㎝。葉は互生し、直径4~8㎝、掌状に浅く3~5中裂、裂片は長楕円状披針形。萼状総苞は先が3裂し、基部1/3が合着し、裂片が三角形、長さ約2.5㎝、脈上に星状毛があり、3~4歯があり、歯は幅の3倍より短い。萼は狭いカップ形、ほlぼ切形。花冠は帯黄色、しばしば中心が暗紫色、鐘形。花弁は長さ3~5㎝。ずい柱は長さ1.5~2㎝。花糸は同長。蒴果は3(4~5)室、円錐形、長さ約3.㎝、普通、下垂し、無毛、多くの油腺点がある。種子は1室に5~8個、直径5~8㎜の卵形、白色の短綿毛がある。花期は6~9月。2n=26
 ⑤Gossypium tomentosum はMa'o、 Hawaiian Cottonと呼ばれるハワイの固有種。海岸から120mまでの低地に生える低木。葉は3~5裂。花は黄色、赤色の斑点はない。種子を覆う綿毛は繊維が短く、赤褐色。キヌワタに似た種である。2n=52
 ⑥ossypium darwinii Darwin's Cotton Garapagos Cotton ガラパゴス諸島原産。カイトウメンによく似ている。幹に黒い点がある。葉は3裂する。花は大きく、花弁は黄色、基部が赤紫色になる。果実は乾いた蒴果、開くと白色の長繊維(lint)が見える。2n=26
 ⑦Gossypium sturtianum オーストラリア原産。綿用に栽培されている。高さ1~2m、茎や葉に暗色の腺があり、有毒なゴシポールを含有する。花は1年中見られるが、盛期は晩冬、花弁は5個、淡ピンク色~暗紫色~栗色、中央は暗赤色、直径12㎝以下。葉は卵形~円形、長さ6㎝以下、もむと強いよい香りがする。

ワタ属

  family Malvaceae - genus  Gossypium

 1年草又は多年草、ときに低木。全体に暗色の油腺点があり、不規則な斑点状になる。葉実は普通、掌状に3~9裂し、まれに全縁。花は単生、ほぼ頂生。花柄は関節が無く、副咢(epicalyx)の裂片つく下に普通、腺体をもつ。副咢の裂片は3(~7)個、葉状、腺があり、分離又は基部が合着し、全縁又は歯状~深く不規則に切れ込む。咢は杯形、ほぼ切形~5裂する。花冠は白色又は黄色、ときに中央が紫色になり(赤色もある)、大きい。花弁は5個、先は円形。雄しべ筒は全長に渡って多数の葯をもち、先は切形。子房は3~5室。胚珠は各室に2~多数。花柱は短く、棒状。柱頭はこん棒形、5溝がある。蒴果は球形~楕円形、胞背裂開する。種子は球形、密に白色の綿毛があり、短毛が混じり又は短毛はない。
 世界に約20種があり、熱帯、亜熱帯地域に分布する。種類によって毛の長さが異なり、ペルーワタ系は繊維が長く、アジアメン系は毛が短い。古くから世界各地で広く栽培されている。

ワタ属の主な種と園芸品種

1 Gossypium arboreum L.  キダチワタ
 インド、スリランカ原産。中国名は树棉 shu mian。 英名はtree cotton
 亜低木又は低木、多年生、高さ2~3m。若い小柄は絨毛がある。托葉は糸状、早落性。葉柄は長さ2~4㎝、微軟毛と絨毛がある。葉身は3~5裂しい、直径4~8㎝、裂片は長円状披針形、長円形、卵形、又は倒卵形、長さは葉身の長さの約1/2、下面に星状微軟毛があり、脈に絨毛があり、上面には星状の長軟毛がある。花は単生、腋生。花柄は長さ1.5~2.5㎝、絨毛がある。副咢は裂片が3個、基部の1/3が合着し、卵状心形又は三角形、長さ約2.5㎝、星状絨毛が脈上にあり、3~4歯がある。歯は幅の3倍より短い。咢は浅い杯形、切形に近い。花冠は帯黄色、中央がしばしば暗紫色になり、鐘形。花弁は長さ3~5㎝。雄しべ筒は長さ1.5~2㎝。花糸は長さが均一でない。蒴果は3(~4~5)室、コーン形、普通、垂れ下がり、長さ約3㎝、無毛、多数の油と腺の小さな点があり、先は先細、嘴がある。種子は室に5~8個、分離、卵形、直径5~8㎜、白色の綿毛(white wool)と中程度に宿存する短綿毛(short fuzz)がある。花期は6~9月。.
1-1 Gossypium arboreum var arboreum
 インド原産。中国名は树棉(shu mian) 。
 葉身は裂片が長円状披針形。副咢は裂片が三角形、長さ約2.5㎝。蒴果は長さ約3㎝。
低木又は多年草、高さ2~3m。托葉は糸状、早落性。葉柄は長さ2~4㎝。葉は互生し、直径4~8㎝、掌状に浅く3~5中裂、裂片は長楕円状披針形。萼状総苞は先が3裂し、基部1/3が合着し、裂片が三角形、長さ約2.5㎝、脈上に星状毛があり、3~4歯があり、歯は幅の3倍より短い。萼は狭いカップ形、ほlぼ切形。花冠は帯黄色、しばしば中心が暗紫色、鐘形。花弁は長さ3~5㎝。ずい柱は長さ1.5~2㎝。花糸は同長。蒴果は3(4~5)室、円錐形、長さ約3.㎝、普通、下垂し、無毛、多くの油腺点がある。種子は1室に5~8個、直径5~8㎜の卵形、白色の短綿毛がある。花期は6~9月。2n=26
1-2 Gossypium arboreum L. var. obtusifolium (Roxb.) Roberty  ワタ(ナンキンワタ)
  synonym Gossypium nanking Meyen
  synonym Gossypium arboreum L. var. indicum (Lam.) Roberty
 中国名は钝叶树棉 dun ye shu mian 。
 葉身は裂片が長円形、卵形、又は倒卵形。副咢の裂片は卵状心形、長さ1.5~2㎝、蒴果は長さ約2.5㎝。
1-3 Gossypium arboreum L. var. rubicundum (Watt) Roberty  アカバナワタ

2 Gossypium barbadense L.  カイトウメン
 熱帯アメリカ(エクアドル、ペルー)原産。英名はAmerican Pima cotton , American-Egyptian cotton , Brazilian cotton , Egyptian cotton , Gallini cotton , kidney cotton , long-staple cotton , Peruvian cotton , Pima cotton , Sea Island cotton , upland cotton 。中国名は海岛棉 hai dao mian 。別名はベニバナワタ、アメリカワタ。
アメリカ北東部沿岸沖にある シー諸島の特殊な気候にあって繁茂し、またバルバドスなど西インド諸島に生育している。高さ50~120㎝、葉は掌状に5裂。開花は8~10月、花は黄色。綿毛が最も長い高級品。
 亜低木又は低木、高さ2~3m。有毛又は葉柄と葉の下面の脈上にだけ毛がある。小枝は暗紫色、稜がある。托葉は披針状かま形、長さ約10㎜、普通、早落性。葉柄は葉身より長く、黒色の腺点をもつ。葉身は3~5裂し、直径7~12㎝。裂片は卵形、長円形、長円状披針形、又は倒卵形、長さは葉身の長さの1/2以上。中裂片は長く、側裂片は普通、広がる。葉の基部は心形、葉先は長い尖鋭形。花は頂生又は腋生。花柄は普通、葉柄より短く、星状の絨毛があり、黒色の腺点がある。副咢の裂片は5個、又はそれ以上、分離、広卵形、長さ3.5~5㎝、基部は円形~心形、歯は10~15個あり、歯の長さは幅の3~4倍。咢は杯形、切形、黒色の腺点がある。花冠は淡黄色、中央が紫色又は深紅色、漏斗形。花弁は長さ5~8㎝、外側に星状絨毛がある。雄しべ筒は長さ3.5~4㎝、無毛。花糸は密に圧着し、上側の花糸は長い。蒴果は3(~4)室、長円形~長円状卵形、長さ3~7㎝、外側に明瞭な腺点をもち、基部は大きく、先は鋭形~嘴状になる。種子は黒色、毛が落ちると平滑、分離又は集合し、卵形、長さ約8㎜、嘴があり、白色の綿毛をもち、片端又は両端の短い綿毛は簡単に取れる。花期は夏~秋。
品種) 'Sea Island Brown'

2-1 Gossypium barbadense var. barbadense
 南アメリカ、、西インド諸島原産。
 葉身は3~5裂し、裂片は卵形~長円形。花冠は中央が紫色。蒴果は長円状卵形、長さ3~5㎝、先は鋭形。種子は分離。
2-2 Gossypium barbadense var. acuminatum (Roxburgh ex G. Don) Triana & Planchon
 熱帯アメリカ原産。中国名は巴西海岛棉 ba xi hai dao mian。
 葉身は5裂。花冠は中央が深紅色、ピンク色に退色し、長さ6~7㎝。蒴果は長円状楕円形、長さ5~7繊維、嘴は長さ1㎝以下。種子は集合し、先に短い縁毛がある。

3 Gossypium darwinii G. Watt  
 ガラパゴス諸島原産。Darwin's Cotton , Garapagos Cotton
カイトウメンによく似ている。幹に黒い点がある。葉は3裂する。花は大きく、花弁は黄色、基部が赤紫色になる。果実は乾いた蒴果、開くと白色の長繊維(lint)が見える。2n=26。

4 Gossypium herbaceum L.  シロバナワタ
 アラビア半島北部~中近東原産。中国名は草棉( cao mian)。英名はArabian cotton , Levant cotton , Maltese cotton , short-staple cotton , Syrian cotton
 低木又は1年草。高さ約1.5m以下、有毛。托葉は糸状、長さ5~10㎜、早落性。葉柄は長さ2.5~8㎝、長軟毛がある。葉身は普通、掌状に5裂し、直径5~10㎝、幅が長さより広い。裂片は広卵形、葉身の1/2より短い。葉裏はわずかに軟毛があり、脈上には長軟毛がある。葉表は放射状に毛があり、基部は心形、先は鋭形。花は葉腋に単生する。花柄は長さ1~2㎝、長軟毛がある。萼状総苞は裂片が基部で合着し、長さ2~3㎝、広三角形、長さより幅が広く、わずかに脈上に毛があり、6~8個の歯がある。萼は杯形、5裂する。花冠は黄色、中央が紫色、直径5~7㎝。花弁は長さ 2.5~3㎝、幅3~4㎝。花糸は長さが同じ。蒴は普通、3~4室、卵形、長さ約3㎝、先は嘴状。種子は長さ約10㎜、斜めの円錐形、白色の長毛と短い綿毛がある。2n=26
品種)  'Nigrum'

5 Gossypium hirsutum L.  キヌワタ
 中南米原産。中国名は陆地棉 lu di mian 。英名はAmerican cotton , American upland cotton , Bourbon cotton , cotton , upland cotton。別名はリクチメン。
 世界で最も多く栽培されている。托葉は長さ5~8㎜、卵状かま形。葉柄は長さ3~14㎝。葉身は広卵形、直径5~12㎝、掌状に3裂し、下部ではときに5裂し、裂片は広三角状~卵状円形、基部は広い、中央裂片は葉身の長さの普通1/2。葉裏はわずかに軟毛があり、葉表は無毛に近く、脈上に毛がある。葉の基部は心形~切形、先は尖鋭形。花は葉腋に単生し、花柄は普通葉柄よりやや短い。萼状総苞は3個、長さ4㎝以下、幅2.5㎝以下(歯を含んで)、長い毛が多く、縁毛があり、基部は心形、1個の腺があり、先近くに7~9個の歯があり、歯は幅の3~4倍の長さがある。萼は杯形、5裂し、裂片は三角状、縁毛がある。花は白色~帯黄色、帯赤色~帯紫色に退色し、漏斗形。花弁は5個、 長さ4~5.5㎝、幅3.5~4.5㎝。 ずい柱は長さ1~2㎝、花糸は緩く、上側の花糸は長い。蒴は3~4室、卵形、長さ3.5~5㎝、先は嘴状。種子は卵形、白色の長繊維(white wool)と灰白色の適度に残存性の短い綿毛(fuzz)をもつ。得られる長繊維(lint)は20~30㎜、短繊維(linters)は2~7㎜。 2n = 52
品種) 'Albariza' (PBR) , 'Alexandros' (PBR) , 'Amanta' , 'Arkansas Green Lint' , 'Atlas' (PBR) , 'Babylon' (PBR) , 'Betica' (PBR) , 'Burgundy' , 'Campo' , 'Candia' (PBR) , 'Carat' (PBR) , 'Carla' (PBR) , 'Celia' (PBR) , 'Claudia' (PBR) , 'Cotton Club' , 'Delfos' (PBR) , 'Delta Opalo' (PBR) , 'Deltadiamond' , 'Dp 332' (PBR) , 'Dp 399' (PBR) , 'Dp 401' (PBR) , 'Elpida' (PBR) , 'Elsa' (PBR) , 'Fantom' (PBR) , 'Fiona' (PBR) , 'Flora' (PBR) , 'Greta' (PBR) , 'Hadas' , 'Hermes' (PBR) , 'Julia' (PBR) , 'Juncal' (PBR) , 'Lacta' (PBR) , 'Lider' (PBR) , 'Ligur' (PBR) , 'Milenium' , 'Pandora' (PBR) , 'Phy 983' (PBR) , 'Roka' (PBR) , 'Solera' (PBR) , 'Sonia' (PBR) , 'St457' (PBR) , 'St468' (PBR) , 'Tosca' (PBR) , 'Vento' (PBR)

6 Gossypium sturtianum J. H. Willis  
 オーストラリア原産。英名はSturt's desert-rose 。綿用に栽培されている。
 高さ1~2m、茎や葉に暗色の腺があり、有毒なゴシポールを含有する。花は1年中見られるが、盛期は晩冬、花弁は5個、淡ピンク色~暗紫色~栗色、中央は暗赤色、直径12㎝以下。葉は卵形~円形、長さ6㎝以下、もむと強いよい香りがする。

7 ハイブリッド
品種) '113' , 'Agdash 3' , 'Albe Red Variegated' , 'Alpina' (PBR) , 'AN-20' , 'AN-401' , 'Badnawar-1' , 'Bet Dagan 11' , 'Bravada' (PBR) , 'C-3585' , 'C-7503' , 'C-7510' , 'Chandi 95' , 'Christina' (PBR) , 'Chuanpei 1' , 'Clara' , 'Condor' , 'DP 1518 B2XF' , 'DP 1522 B2XF' , 'DP 1538 B2XF' , 'DP 1553 B2XF' , 'DS-1' , 'Emian 15' , 'Fotini' (PBR) , 'Helius' , 'Indiana' , 'Indore-2' , 'Jimian 8' , 'Karisma 1' , 'Khandwa-2' , 'Lachata' (PBR) , 'Lia' , 'Lumian 1' , 'M.A.9' , 'Maria Del Mar' , 'MCU 10' , 'MCU 7' , 'ML-11' , 'Nankeen Brown' , 'Nata' , 'NIAB 111' , 'NIAB 777' , 'NIAB 999' , 'NIAB Karishma' , 'NIAB-26N' , 'NIAB-78' , 'NIAB-846' , 'NIAB-86' , 'Oktyabr' , 'Pusa Ageti' , 'Rasmi' , 'Red Beauty' , 'Red Foliated' , 'Sofia' , 'Sohni' , 'Sor Angela' , 'Tabladilla-13' , 'Tabladilla-16' , 'Trakia' , 'Victoria' , 'Virgen De Gracia' , 'VNIISSKh-101' , 'Xinhai 2' , 'Yanmian 48' , 'Yunfu 885' , 'Zhong 297-5' , 'Zhongmiansuo 42' , 'Zhongmiansuo 50' , 'Zhongmiansuo 69' ,

参考

1) Flora of China
 Gossypium  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=113948s
2) GRIN
 Gossypium  
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=5113
3) Kewscience
 Gossypium  
http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:30013018-2