ウラギク 浦菊

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae シオン属

別 名 ハマシオン
中国名 碱菀 jian wan
英 名 sea aster
学 名 Aster tripolium L. 
Tripolium pannonicum (Jacq.) Dobrocz.
Tripolium pannonicum (Jacq.) Dobrocz. subsp. pannonicum
Aster tripolium L. subsp. pannonicus (Jacq.) Soo
ウラギクの花
ウラギクの花3
ウラギクの雌しべ
ウラギクの総苞
ウラギクの冠毛
ウラギクの果実
ウラギクの茎
ウラギク
ウラギクの葉表
ウラギクの葉裏
ウラギクの舌状花、筒状花
ウラギクの冠毛のついた果実
花 期 8~11月
高 さ 30~60㎝
生活型 2年草
生育場所 塩分のある湿地
分 布 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメンスタン、ウズベキスタン、北アフリカ、ヨーロッパ
撮 影 吉良町 12.10.26
世界の分布域は広い。日本では太平洋側の沿岸に分布し、海岸の埋立地の造成により減少し、国の絶滅危惧Ⅱ類に指定され、絶滅危惧種に指定している県も多い。ハマアカザ、マツナ、シバナなどの生える海岸の塩分のある湿地に群生する。写真は海岸工事で掘り上げられたガレキの間に咲いたもの。花期にはキク科であることがよくわかるが、葉だけのときはキク科には見えない。国外ではTripolium属(中国名 碱菀屬)として分類されている。Tripolium pannonicumはsubsp. pannonicus やsubsp. tripoliumなどの亜種に分けられることもある。狭義のAster tripolium L.=Aster tripolium subsp. tripoliumはヨーロッパだけに分布し、Tripolium pannonicum (Jacq.) Dobrocz. subsp. tripolium (L.) Greuterのbasionym(元の異名)とされている。亜種を分類しない見解もあり、日本ではAster tripolium を使用し、Tripolium pannonicumを別名とするのが普通である。
 全体に無毛。茎は直立し、分枝する。葉は長さ6~15㎝の披針形、全縁、厚く、光沢がある。葉先は尖り、基部は茎をやや抱く。ハマアカザほどには葉は白っぽくならない。花は直径約2㎝、舌状花は13~25個つき、淡紫色。筒状花は19~22個つき、黄色、次第に赤色を帯びる。花の冠毛は長さ3~5㎜、花後に急速に伸び、果実の冠毛は5~15㎜になる。総苞は筒状、長さ約7㎜、幅4~7㎜、総苞片は3列。果実は長さ2.5~3.5㎜、上向きの毛が散生し、やや褐色を帯びた冠毛がつく。2n=18