ツノハシバミ 角榛

mark

Flora of Mikawa

カバノキ科  Betulaceae ハシバミ属

別 名 ナガハシバミ
英 名 Japanese hazel , Siebold filbert
学 名 Corylus sieboldiana Blume var. sieboldiana
Corylus sieboldiana Blume form. mitis (Maxim.) Sugim.
ツノハシバミの雄花序
ツノハシバミの雌花序
ツノハシバミの花後
ツノハシバミの果実
ツノハシバミの幹
ツノハシバミ
ツノハシバミ花序
ツノハシバミ果実2
ツノハシバミ葉
花 期 3~5月  (果期 9~10月)
高 さ 2~3(5)m
生活型 落葉低木
生育場所 山地
分 布 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
撮 影 豊橋市  15.3.24(花)
      14.6.21(葉)
      15.10.14(果実)
幹は淡灰褐色、平滑、円形~横長の皮目がある。若枝は灰緑色、有毛。葉は互生し、長さ5~11㎝、幅3.~7㎝の広倒卵形、縁に不揃いの鋭い重鋸歯があり、先は急に尖り、基部は円形。葉脈は裏面に突出し、側脈は8~10対。葉裏の脈上には毛が生え、脈腋に毛叢がある。葉柄は長さ0.5~2㎝、有毛。托葉は早落性、長さ5~9㎜の狭卵形。雌雄同株。葉の展開前に開花する。雄花序は2~4個、束状につき、垂れ下がる。雄花は多数の苞の内側に1個ずつつき、雄しべ8個。雌花は2~4個固まって、芽鱗に包まれ、開花すると赤い柱頭だけが見える。花後に小苞が筒状になり、果実を包み、果苞となる。果苞は長さ3~7㎝、先が嘴状に細くなり、刺毛が密生する。堅果は長さ1~1.5㎝、円錐状卵形、淡褐色に熟し、食べられる。
 オオツノハシバミ var. mandshurica (Corylus mandshurica ) は日本、朝鮮、中国、ロシアに分布する。幹は暗灰褐色、樹皮に割れ目ができる。葉が長さ6~12㎝の広卵形~楕円形、質が薄く、基部が心形。果実は先が細い筒状の果苞で包まれる。果実は直径約1.5㎝の先が尖った卵形。
 ハシバミ Corylus heterophylla は葉が広倒卵形、先が急に鋭く尖る。果胞は鐘形になり、果実を包み、果実は直径約1.5㎝の球形。
 セイヨウハシバミ Corylus avellana はヨーロッパ原産、ヘーゼルナッツ(hazel nut)でよく知られる。果実はドングリ形、淡褐色(ヘーゼル色=榛色)。)

ハシバミ属

  family Betulaceae - genus  Corylus

 低木又は高木、落葉性。葉は互生、葉柄があり、縁は重鋸歯又は小裂片がある。雄花序は垂れ下がり、ほぼ無柄、円筒形、穂状花序状の集散花序、冬の間は露出し、多数の苞が重なる。苞は普通、2個の小苞と1個の雄花を抱く。雄しべは2~8個、苞の中間につく。葯は2個の分かれた半葯をもち、しばしば、先に軟毛がある。雌花序は小型の数個の花の束生である。苞は鐘形又は筒状の鞘を作り、先は普通、分裂する。 花は対につき、苞に包まれる。咢は子房につき、先が4~8裂する。子房は各室に胚珠が1個、まれに2個。花柱は基部まで2裂する。果実はほぼ球形又は卵形の堅果、大きくなった苞に包まれ又は取り囲まれる。
 世界に約20種り、日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、ヨーロッパ、北アメリカに分布する。

ハシバミ属の主な種と園芸品種

1 Corylus americana Marshall
 北アメリカ(USA、カナダ)原産。英名はAmerican filbert , American hazel , hazelnut
品種) 'Purpleleaf Bailey Select'

2 Corylus avellana L.  セイヨウハシバミ 西洋榛
   synoym Corylus maxima Mill.
 ヨーロッパ~コーカサス原産。hazel , hazelnut , avelline , Barcelona-nuts , cobnut , European filbert , European hazel , filbert , giant filbert。別名はヘーゼルナッツ。
 低木、広く、広がり、高さ5(~8)m。樹皮は銅褐色、平滑、ときに、ときに薄い紙の帯状に剥離する。枝は斜上し、小枝は軟毛で覆われ、剛毛状の腺毛がある。冬芽は花序に含まれ、卵形、長さ5~6㎜×幅3~4㎜、先は鈍形。葉柄は軟毛があり、剛毛状の腺毛で覆われる。葉身は広卵形~広楕円形、しばしば先近くの小裂片まで角があり、長さ5~12㎝×幅4~12㎝、中程度に薄く、基部は狭い心形~狭いン系、縁は粗い重鋸歯、先は急に尖鋭形、下面はまばら~中程度に軟毛があり、主脈と脈腋にビロード状~綿毛がある。雄花序は尾状花序、比較的長い短シュートの小枝に沿って横につき、普通、2~4個、束生し、長さ3~8㎝×幅0.7~1㎝。花序柄はほとんどが長さ5~12㎜。堅果は2~4個、束生し、苞はかなり大きくなり、基部近くまで明瞭、広がり、堅果の長さより短いか、わずかに長く、先は深く分裂し、表面に軟毛がある。2n=22, 28。
品種) 'Alcover 236' , 'Amandi' , 'Anaconda' , 'Anglais' , 'Anny's Compact Red' , 'Anny's Purple Dream' (PBR) , 'Anny's Red Dwarf' , 'Annise Summer Red' , 'Apolda' , 'Artell de Palma' , 'Artellet' , 'Ashrafi' , 'Ata Baba' , 'Atlas' , 'Aurea' , 'Aveline d'Angleterre' , 'Aveline rouge' , 'Avellana Speciale' , 'Badem' , 'Bandnuss' , 'Barbarella' , 'Barcelloner Zellernuss' , 'Barcelona' , 'Bard' , 'Barrettona' , 'Barr's Zellernuss' , 'Bearn' , 'Bella de Giubilino' , 'Bergeri' , 'Bianca' , 'Blumberger Zellernuss' , 'Brixley's New' , 'Brixnut' , 'Bulgaria XI-8' , 'Burchardt's Zellernuss' , 'Butler' , 'Buttner's Zellernuss' , 'Camponica' , 'Cannon Ball' , 'Carrello' , 'Casina' , 'Ceret' , 'Cherkesskii II' , 'Clark' , 'Clark' (F) , 'Closca Molla' , 'Comen' , 'Comun' , 'Comun Aleva' , 'Comune di Sicilia' , 'Contorta' , 'Corabel' , 'Corabel' (F) , 'Cosford' , 'Cosford' (F) , 'Cosford Cob' , 'Cozia' , 'Creswell' , 'Culpla' , 'Daviana' , 'Dowton' , 'Dowton Long' , 'Du Chilly' , 'Early Long Zeller' , Emoa Series , 'Ennis' , 'Espinaredo' , 'Feriale' (F) , 'Fertile de Coutard' , 'Fitzgerald' , 'Fortin' (F) , 'Francoli' , 'Freehusker' , 'Frizzled Filbert' , 'Fructo Albo' , 'Fruhe van Frauendorf' , 'Fuscorubra' (F) , 'Ganja' , 'Garibaldi' , 'Garrofi' , 'Gem' , 'Ghirara' , 'Gosse Kugelness' , 'Grote Lambertsnoot' , 'Gubener Barcelloner' , 'Gunslebener Zellernuss' , 'Gunslebert' (F) , 'Gustav's Zeller' (F) , 'Halle'sche Riesennuss' (F) , 'Hall's Giant' , 'Hempelov Zellsky' , 'Heterophylla' , 'Heterophylla' , 'Heynick's Zellernuss' , 'Iannusa Racinante' , 'Imperatrice Eugenie' , 'Imperial de Trebizonde' , 'Italian Red' , 'Izyum Shakar' , 'Jean's' , 'Jm 251' (PBR) , 'Kadetten Zellernuss' , 'Kalinkara' , 'Karidaty' , 'Kentish Cob' , 'Kerasund Dlinnyi' , 'Kruse' , 'Kudryavchik' , 'Laciniata' , 'Lambert's Filbert' , 'Lang Tidlig Zeller' (F) , 'Lange Landsberger' , 'Lewis' (F) , 'Liegel's Zellernuss' , 'Lluenta' , 'Longue d'Espagne' , 'Louis Berger' (F) , 'Ludolph's Zellernuss' , 'Lyons' , 'Macrocarpa' , 'Mansa' , 'Merveille de Bollwyller' , 'Minnolara' , 'Monsieur de Bouweller' , 'Montebello' , 'Morell' , 'Mortarella' , 'Multiflora' , 'Napoletana' , 'Neue Riesennuss' , 'Nixon' , 'Noccione' , 'Noce Lunga' , 'Nociara' , 'Nonpareil' , 'Nooksack' , 'Nostrale' , 'Nottingham' , 'Nottingham Cobnut' (F) , 'Nottingham Prolific' , 'Nutwasher' , 'Obrovsky Novy' , 'Palaz' , 'Pallagrossa' , 'Panakhesskii' , 'Pauetet' (F) , 'Payrone' , 'Pearson's Prolific' (F) , 'Pendula' , 'Pere Mas' , 'Pinyolenc' , 'Pioneer' , 'Planeta' , 'Princess' (F) , 'Princess Royal' , 'Prolific Closehead' , 'Prolifique a Coque Serree' , 'Pruhovany' , 'Punxenc' , 'Purple Filbert' , 'Purple Fortrin' , Purple Umbrella = 'Jm 251' (PBR) , 'Purpurea' , 'Quiros' , 'Ratllada' , 'Ratoli' , 'Red Cracker' , 'Red Dragon' , 'Red Filbert' , 'Red Fortrin' , 'Red Majestic' (PBR) , 'Red Zellernut' , 'Restiello' , 'Ribet' , 'Riccia di Talanico' , 'Rimsky' , 'Romavel' , 'Romische Nuss' , 'Rotblattrige Zellernuss' (F) , 'Rote Zeller' , 'Rote Zellernuss' , 'Rotfuchs' , 'Rouge de Zeller' , 'Royal' , 'Rubra' , 'Ryan' , 'San Giovanni' , 'Sant Jaume' , 'Sant Pere' , 'Scooter' , 'Segorbe' , 'Siciliana' , 'Sickler's Zellernuss' , 'Simon' , 'Sivri Ghiaghli' , 'Skorospelka' , 'Sodlinger' , 'Spanish White' , 'Tomasina' , 'Tombul Ghiaghli' , 'Tonda Bianca' , 'Tonda di Giffoni' (F) , 'Tonda Pacifica' (F) , 'Tonda Rossa' , 'Tonnolella' , 'Trenet' , 'Turk' , 'Twister' , 'Ugbrooke' , 'Vistula' , 'Volle Zellernuss' , 'Wanliss Pride' , 'Waterloo' , 'Webb's Prize Cob' (F) , 'White Aveline' , 'White Filbert' (F) , 'White Spanish Filbert' , 'Willamette' , 'Witpit Lambertsnoot' , 'Woodford'

3 Corylus colurna L.
 トルコ、イラン、コーカサス、ヨーロッパ南東部原産。英名はByzantine filbert , clusternut , Constantinople-nut , Turkish filbert , Turkish hazel
品種) 'Granat'

4 Corylus heterophylla Fisch. ex Besser  ハシバミ  榛        [広義]
   synoym Corylus heterophylla Fisch. ex Besser var. japonica Koidz.
 日本、朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は榛 zhen 。英名はAsian hazel。
 低木又は高木、高さ7m以下。樹皮は灰色。小枝は軟毛があり、柄のある腺があり、白色の皮目がある。葉柄は細く、長さ1~2(~3)3㎝、まばらに軟毛、絨毛がある。葉身は長円形、楕円形、又は楕円状倒卵形~広卵形~倒卵形~ほぼ円形、長さ4~13㎝×幅2.5~10㎝、紙質、下面は脈上に長軟毛があり、上面は無毛、基部は心形、縁は不規則な重鋸歯縁、普通、分裂し、先は微突形~尾状 、側脈は3~7対。雄花序は2~5個、束生し、垂れ下がり、細く、長さ約4㎝。苞は赤褐色、倒卵形、密に軟毛があり、先は切形近く~尖鋭形。雌花は2~6個、束生する。苞は鐘形、長さ1.5~2.5㎝、条線があり、基部ちかくに密に軟毛と柄のある腺があり、裂片は三角条卵形、全縁又は歯状縁。堅果は卵状球形、長さは苞とほぼ同長、直径0.7~1.5㎝、先には柔毛がある。花期は5~7月。果期は7~8月。 2n=22。
4-1 Corylus heterophylla Fisch. ex Besser var. heterophylla  オオハシバミ
   synoym Corylus heterophylla Fisch. ex Besser var. yezoensis Koidz.  エゾハシバミ
 日本、朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は榛 zhen。 
 葉は長円形~倒卵形、先は微突形~尾状、切形に近い。苞の裂片は全縁、まらに、まばらに歯がある。
4-2 Corylus heterophylla var. sutchuanensis Franchet
 中国原産。中国名は川榛 chuan zhen
 葉は楕円状倒卵形、広卵形、又はほぼ円形、先はほぼ円形、微突形。苞の裂片は普通、歯がある。
4-3 Corylus heterophylla Fisch. ex Besser var. thunbergii Blume  ハシバミ 榛
 Kew science やThe Pant Listは基準変種に含めている。
 日本(北海道、本州、九州)に分布する。日当りの良い丘陵から山地に生える。 
 低木、株立ちし、高さ1~2(~5)m。樹皮は灰褐色。葉は互生し、長さ6~12㎝×幅5~12㎝、卵形、先は鋭形、縁は不規則な粗い鋸歯がある。若葉には赤茶色の斑紋があるが、成熟すると消える。果実は球形、直径1~2㎝。花期は3~4月。果期は9~10月

5 Corylus sieboldiana Blume
   synoym Corylus hallaisanensis Nakai  ツボハシバミ
 日本、朝鮮、中国、ロシア原産。
5-1 Corylus sieboldiana Blume var. sieboldiana  ツノハシバミ 角榛
   synoym Corylus sieboldiana Blume f. mitis (Maxim.) Sugim. 
 日本(北海道、本州、四国、九州)、朝鮮原産。英名はJapanese hazel , Siebold filbert。別名はナガハシバミ。
 落葉低木。高さ2~3(5)m。幹は淡灰褐色、平滑、円形~横長の皮目がある。若枝は灰緑色、有毛。葉は互生し、長さ5~11㎝、幅3.~7㎝の広倒卵形、縁に不揃いの鋭い重鋸歯があり、先は急に尖り、基部は円形。葉脈は裏面に突出し、側脈は8~10対。葉裏の脈上には毛が生え、脈腋に毛叢がある。葉柄は長さ0.5~2㎝、有毛。托葉は早落性、長さ5~9㎜の狭卵形。雌雄同株。葉の展開前に開花する。雄花序は2~4個、束状につき、垂れ下がる。雄花は多数の苞の内側に1個ずつつき、雄しべ8個。雌花は2~4個固まって、芽鱗に包まれ、開花すると赤い柱頭だけが見える。花後に小苞が筒状になり、果実を包み、果苞となる。果苞は長さ3~7㎝、先が嘴状に細くなり、刺毛が密生する。堅果は長さ1~1.5㎝、円錐状卵形、淡褐色に熟し、食べられる。花期は3~5月。果期は9~10月。
5-2 Corylus sieboldiana Blume var. brevirostris C.K.Schneid.  トックリハシバミ
 別名はエゾノツノハシバミ。総包が短く約1㎝。
5-3 Corylus sieboldiana Blume var. mandshurica (Maxim. ex Rupr.) C.K.Schneid.  オオツノハシバミ
   synoym Corylus sieboldiana Blume var. mandshurica (Maxim. ex Rupr.) C.K.Schneid. f. longissimorostris M.Kikuchi 
   synoym Corylus mandshurica Maxim. ex Rupr [Flora of China]
 日本(本州中部以北、北海道)、朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は毛榛 mao zhen 。
 低木、高さ6m以下。樹皮は灰褐色、裂け目がある。小枝は軟毛があり、絨毛があり、柄のある腺があり、無毛になる。葉柄は長さ1~3㎝、細く、軟毛、絨毛があり、柄のある腺がある。葉身は広卵形、長円形、又は長円状倒卵形、長さ6~12㎝×幅4~9㎝、下面は長軟毛があり、とくに脈上にあり、上面は長軟毛があるか又は無毛、基部は心形、縁は不規則な粗い鋸歯縁、中間の上で分裂し、先は微突形~尖鋭形、又は尾状 、側脈は9~10対。雄花序は2~4個、束生する。花序柄は短く、苞は卵状三角形、密に軟毛がある。雌花は2~4個、束生する。苞は筒形の鞘になり、長さ3~6㎝、密に黄色の剛毛があり、白色の軟毛と柄のある腺があり、堅果の上でかなりくびれ、先で披針形の裂片に分かれる。堅果は苞に包まれ、卵状球形、直径約1.5㎝、白色の軟毛がある。花期は5~7月。果期は7~9月。

6 Corylus × colurnoides C. K. Schneid.
 C. avellana と C. colurnaの交配種
品種) 'Chinoka' (F) , 'Freeoka' (F) , 'Laroka' (F) , 'Morrisoka'

7 ハイブリッドその他
品種) 'Duke of Edinburgh' (F) , Early Long Zeller , 'Faroka' (F) , 'Jefferson' , 'Nottingham' , 'Nottingham Early' (F) , 'Roodpit Lambertsnoot' , 'Santiam' , 'Te Terra Red' , 'Yamhill' , 'Zeroka' (F)

参考

1) Flora of China
 Corylus  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=108088
2)Plants of the World Online | Kew Science
 Corylus  
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:13489-1
3) Flora of North America
 Corylus avellana  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=233500449
4)GRIN
 Corylus  
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=2962