トキワネム  常磐合歓
[別名] ピンクパウダーパフ、カリアンドラ・セロイ
[中国名] 香水合欢 xiang shui he huan , 细叶粉扑花 xi ye fen pu hua
[英名] pink powderpuff
[学名] Calliandra brevipes Benth.
Calliandra selloi (Spreng.) J.F.Macbr.
マメ科 Fabaceae  ベニゴウカン属
三河の植物観察
トキワネムの花序
トキワネムの蕾
トキワネム葉裏と葉柄
トキワネムの咢
トキワネムの幹
トキワネム
トキワネム葉
 トキワネムはマメ科ベニゴウカン属の観賞用の園芸品種。ネムノキに似たピンク色の花をつける。芳香がある。
 常緑低木。自由分枝し、枝が硬く、小さな葉(microphyllidious)の低木、高さ±1.5~2m、暗褐色の前年と葉の落ちた古い茎は暗褐色(fuscous)、若い小枝、葉柄及び花序柄は小さな、ときに密に、褐色の微軟毛があり、葉は表裏、2色で、密につき、表面は無毛、ときに、微細な縁毛があり、上面は光沢のある暗緑色、下面は淡色で鈍い。頭花は単生、前年の長いシュートの葉腋又は短いシュートの葉腋ににつくものは花序柄がある。葉序は2列生(distichous)。托葉は三角状披針形~デルタ形、長さ0.6~2㎜、背面は無毛、1~7脈があり、乾いて宿存する。葉は小葉が(20~)23~45個つく。葉柄は細く、長さ (1~)1.5~4.5(~5)㎜×幅0.3~0.45㎜、付属体は卵状三角形、長さ0.4~1㎜。長い羽片の軸は (12~)15~35(~38)㎜、長い葉間の裂片は長さ0.3~1(~1.2)㎜、葉沈(pulvinules )は長さ0.1~0.2㎜、葉身は軸に対して無柄。葉は軸の両端で漸減、他は類等長、外形は線形~線状長楕円形、基部は斜めの類切形、真っすぐ又は優しく内向きに曲がり、鈍頭又は類微突頭。大きい葉身は長さ3.5~5.5(~6.5)㎜×幅0.4~1.4(~1.6)㎜、長さは幅の(3.2~)4~6倍。中脈は類中心にあり、普通、(浅見で)不分枝、他の脈は埋没し又はかすかにわかる程度。花序柄は長さ(4~)5~14(~22)㎜、中間を越えて1個の苞がある。頭花は(専門的には散形花序だが、しばしばあいまい)、花が7~12個つき、花托はこん棒形(claviform)又は類球形、長さ1~2㎜。苞は卵状三角形、長さ0.3~0.9㎜、内向きに曲がり、宿存する。各頭花の花は普通、異形、周辺花( peripheral fls)は短い花柄があり、末端の花(terminal fls)は無柄、幅が広いが、変化しない雄しべ群の残りより長くない。周辺花は花柄が長さ (4~)5~14(~22)㎜。花被は無毛又はごく薄く小さな微軟毛があり、青白い咢は士15本の条線がある。花冠はピンク赤色、偶数又はほぼ偶数。咢は鐘形又は筒状鐘形、長さ0.9~1.8㎜×幅1~1.6㎜、咢歯は幅が広く、類内向きに曲がり、長さ0.2~0.5㎜。花冠は長さ4~6.6㎜、花冠裂片は卵形、長さ1.4~2.3㎜。雄しべ群は18~25数性、長さ(22~)25~32㎜、花弁と雄しべの接合組織(stemonozone)は長さ0.35~0.6㎜、筒部は2.2~4㎜、房飾り(tassel )は下部が帯白色、先がピンク色~深紅色(例外的に全て白色)。子房は無毛。周辺花の花柱は線形、切形。末端の花(terminal fl)の花柱は先が膨れ、長さ0.22~0.3㎜。豆果の莢は長さ4.5~6㎝×幅0.7~0.8㎝、粗い縁のバルブは堅く、皮革質、無毛、弱い横波(cross-venulose)がある。種子は知られていない。
[花期] 7~9月
[高さ] 1.5~2m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種 ブラジル南東部、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン北部原産
[撮影] 浜松市  19.8.26

 ベニゴウカン属

  family Fabaceae - genus Calliandra

 低木又は小高木、普通、刺は無い。葉は二回羽状、腺は無い。托葉はしばしば、宿存するか、ときに、刺状になり、まれに欠く。羽片は1対~数、対。小葉は対生し、小さくて、多数、又は大きくて、少数の対か又は1対だけ。頭花は球形、腋生、又は総状花序が頂生する。花は(5又は)6数性、雌雄混株。咢は鐘形、咢歯がある。花弁は統合するか中間型。中間型の花はときに、異形、長い筒形の花冠をもつ。雄しべは多数(100以下)、赤色又は白色、統合して筒部が長く突き出し、華やか。葯はほとんどに腺毛がある。子房は無柄。胚珠は多数。花柱は糸状。豆果はわずかにかま形、ひも形、平ら、堅い革質、しばしば、基部が狭くなり、縁は厚くなり、2バルブをもつ。バルブは弾力的、先から基部まで開き、内側は連続的。種子は倒卵形又は円形、扁平、種皮は硬く、種子表面のU字のすじ(pleurogram)を基部にもち、仮種皮(aril)は無い。
 世界に約200種があり、主にアメリカの熱帯と亜熱帯に分布し、少数がインド、マダガスカル、ミャンマーにある。


 ベニゴウカン属の主な種と園芸品種

 1   Calliandra brevipes Benth. トキワネム 常盤合歓
   synonym Calliandra selloi (Spreng.) J.F.Macbr.
 ブラジル南東部、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン北部原産。英名はpink powderpuff。 中国名は香水合欢 xiang shui he huan , 细叶粉扑花 xi ye fen pu hua。頭花はピンク色で、芳香がある。
 常緑低木。自由分枝し、枝が硬く、小さな葉(microphyllidious)の低木、高さ±1.5~2m、暗褐色の前年と葉の落ちた古い茎は暗褐色(fuscous)、若い小枝、葉柄及び花序柄は小さな、ときに密に、褐色の微軟毛があり、葉は表裏、2色で、密につき、表面は無毛、ときに、微細な縁毛があり、上面は光沢のある暗緑色、下面は淡色で鈍い。頭花は単生、前年の長いシュートの葉腋又は短いシュートの葉腋ににつくものは花序柄がある。葉序は2列生(distichous)。托葉は三角状披針形~デルタ形、長さ0.6~2㎜、背面は無毛、1~7脈があり、乾いて宿存する。葉は小葉が(20~)23~45個つく。葉柄は細く、長さ (1~)1.5~4.5(~5)㎜×幅0.3~0.45㎜、付属体は卵状三角形、長さ0.4~1㎜。長い羽片の軸は (12~)15~35(~38)㎜、長い葉間の裂片は長さ0.3~1(~1.2)㎜、葉沈(pulvinules )は長さ0.1~0.2㎜、葉身は軸に対して無柄。葉は軸の両端で漸減、他は類等長、外形は線形~線状長楕円形、基部は斜めの類切形、真っすぐ又は優しく内向きに曲がり、鈍頭又は類微突頭。大きい葉身は長さ3.5~5.5(~6.5)㎜×幅0.4~1.4(~1.6)㎜、長さは幅の(3.2~)4~6倍。中脈は類中心にあり、普通、(浅見で)不分枝、他の脈は埋没し又はかすかにわかる程度。花序柄は長さ(4~)5~14(~22)㎜、中間を越えて1個の苞がある。頭花は(専門的には散形花序だが、しばしばあいまい)、花が7~12個つき、花托はこん棒形(claviform)又は類球形、長さ1~2㎜。苞は卵状三角形、長さ0.3~0.9㎜、内向きに曲がり、宿存する。各頭花の花は普通、異形、周辺花( peripheral fls)は短い花柄があり、末端の花(terminal fls)は無柄、幅が広いが、変化しない雄しべ群の残りより長くない。周辺花は花柄が長さ (4~)5~14(~22)㎜。花被は無毛又はごく薄く小さな微軟毛があり、青白い咢は士15本の条線がある。花冠はピンク赤色、偶数又はほぼ偶数。咢は鐘形又は筒状鐘形、長さ0.9~1.8㎜×幅1~1.6㎜、咢歯は幅が広く、類内向きに曲がり、長さ0.2~0.5㎜。花冠は長さ4~6.6㎜、花冠裂片は卵形、長さ1.4~2.3㎜。雄しべ群は18~25数性、長さ(22~)25~32㎜、花弁と雄しべの接合組織(stemonozone)は長さ0.35~0.6㎜、筒部は2.2~4㎜、房飾り(tassel )は下部が帯白色、先がピンク色~深紅色(例外的に全て白色)。子房は無毛。周辺花の花柱は線形、切形。末端の花(terminal fl)の花柱は先が膨れ、長さ0.22~0.3㎜。豆果の莢は長さ4.5~6㎝×幅0.7~0.8㎝、粗い縁のバルブは堅く、皮革質、無毛、弱い横波(cross-venulose)がある。種子は知られていない。花期は7~9月。
品種) 'Pink Lilian'

 2  Calliandra eriophylla Benth.  ベニゴウカン 紅合歓
 USA(カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州)、メキシコ原産。英名はfairy duster。中国名は艳红合欢 yan hong he huan , fairyduster。別名はヒゴウカン(姫紅合歓)、ヒネム(緋合歓)
 寒冷地では普通、落葉。よく分枝し、広がった低木で、高さ0.6(~1)m以下、刺は無い。茎は薄灰色~帯白色。若い茎と小枝は密~中位に毛があり、短い白色の毛をもつ。葉は野生では間隔が開いた2回羽状複葉で、羽片は2~4対、各羽片は7~9(たまに10)対の長さ2~3(3.5)㎜の小葉(2回羽状の)をもつ。花は華やか、密に球形の頭花につき、直径4~5㎝。花冠は長さ5~6㎜、不明瞭。雄しべは目立ち、ピンク色、ローズ色、又は赤紫色、長さ18~22㎜。果実はt翼率、線形、ビロード状の莢、長さ3~7(8)㎝×幅5~7㎜、縁が厚くなる。種子は3~8個。花期は春に2~4月、秋は9~10月。

 3  Calliandra haematocephala Hassk.  オオベニゴウカン 大紅合歓
 ボリビア原産。中国名は朱缨花 zhu ying hua 。英名はpowderpuff-tree , red powder-puff。別名はアカバナブラシマメ
 低木又は小高木、落葉性、高さ1~3m。小枝は褐色、円筒系、粗い。托葉は宿存し、卵状披針形。葉柄は長さ1~2.5㎝。羽片は1対、長さ8~13㎝。小葉柄は長さ約1㎝。小葉は7~9対、斜めの披針形、長さ2~4㎝×幅7~15㎜、縁にまばらに軟毛があり、中脈は上の縁に接し、基部は斜め、先は鈍形、微突形。頭花は腋生、直径約3㎝(花糸を含めて)。花序柄は長さ1~3.5㎝。咢は鐘形、長さ約2㎜。花冠は帯紫色、花冠筒部は長さ3.5~5㎜、5裂し、花冠裂片は下屈し、長さ約3㎜、無毛。雄しべは多数、緋色、非常に輝く。雄しべ筒は白色、長さ約6㎝、口が内側にあり、錐形の付属体をもつ。花糸は濃赤色、長さ約2㎝。豆果は鈍い過食、線状倒披針形、長さ6~11㎝×幅5~13㎜、バルブは熟すと、弾性的に先から基部まで縫合線に沿って開き、後屈する。種子は5~6個、長円形、長さ7~10㎜×幅約4㎜。花期は8~9月。果期は10~11月。
品種) 'Alba' , 'Nana'

 4  その他ハイブリッド
品種) 'Cascada Desiertica'=Sarita ,'Dixie Pink' , 'Pink Pixie' ,'Sierra Starr'


 参考

1) Flora of China
  Calliandra
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=105091
2) GRIN
  Calliandra
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=1887
3)Calliandra brevipes Benth. - WFO Monographs Details - The William ...
 Calliandra brevipes Benth.
 http://sweetgum.nybg.org/science/world-flora/monographs-details/?irn=15955
4)SEINet Portal Network - Calliandra eriophylla
 Calliandra eriophylla Benth.
 http://swbiodiversity.org/seinet/taxa/index.php?taxauthid=1&taxon=1233&cl=3
5)The Jepson Herbarium Jepson eFlora: Taxon page
 Calliandra eriophylla
 http://ucjeps.berkeley.edu/eflora/eflora_display.php?tid=16644/

TOP Back