タムラソウ 田村草

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae タムラソウ属

学 名 Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam.
Serratula coronata L. var. insularis (Iljin) Kitam. ex Ohwi
Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam. var. koreana (Iljin) Kitam.
タムラソウの花
タムラソウの総苞
タムラソウの雌しべ
タムラソウ
タムラソウの葉
花 期 8~10月
高 さ 30~150㎝
生活型 多年草
生育場所 山地の草原、林縁
分 布 在来種 本州、四国、九州、朝鮮
撮 影 新城市   04.9.11
タムラソウ属はこの1種のみ日本に自生する。基本亜種のマンシュウタムラソウ subsp. coronata は中国、モンゴル、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、ヨーロッパに分布する。
 茎は直立し、綾があり、有毛。葉は互生し、卵状長楕円形で羽状に4~7対に深裂叉は全裂し、刺はない。頭花は紅紫色で、上向きに咲き、直径3~4㎝。頭花は筒状花のみからなる。雌しべの先が2裂してカールする特徴がある。総苞は長さ約2.5㎝の鐘形。総苞片は瓦状に並び、7列。痩果は長さ約6㎜の円柱形、冠毛は淡褐色、長さ約12㎜。

タムラソウ属

  family  Asteraceae - genus  Serratula

 多年草、茎は直立、普通、上半部で分枝する。葉は羽状全裂又は羽状複葉、まれに分裂せず、縁は歯状又は鋸歯縁。頭花は異性花 [又は同性花で雌花両性花異株 gynodioecious]、少数~多数つき、円錐花序又は散房花序。総苞は卵形、半球形、又お椀形。総苞片は普通、先が暗色、覆瓦状、先は鋭形。内総苞片は最も長い。周辺小花は雌性、両性の小半よりかすかに長く、仮雄しべをもつ。花冠は紫色~ピンク色。柱頭の枝は細い。痩果は無毛、先は丸い。冠毛は1形、数列につき、、細かい細鋸歯又はザラつく。
 世界に4種あり、アジア、ヨーロッパに分布する。

【タムラソウ属の種】
Serratula coronata L.- 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、ヨーロッパ
Serratula kirghisorum Iljin- ロシア、モンゴル、カザフスタン
Serratula lancifolia Zakirov - ウズベキスタン
Serratula tinctoria L. - トルコ、スワジランド、ヨーロッパ

タムラソウ属の主な種

1 Serratula coronata L. マンシュウタムラソウ 広義
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、ヨーロッパ原産。中国名は伪泥胡菜 wei ni hu cai。
 多年草、高さ0.6~1.5m。根茎は丈夫、平伏する。茎は直立、先で分枝し、まれに、分枝せず、無毛。根生葉と下部の茎葉は葉柄があり、剛毛があるか無毛になり、葉柄は長さ5~16㎝。葉身は長円形~楕円形、長さ40㎝×幅12㎝以下、羽状全裂又は羽状複葉、裂片は狭楕円形、縁は歯状又は鋸歯状、側裂片jは3~8対、非対称、葉軸に沿下する。中間と上部の茎葉は無柄、形や分裂は根生葉や下部の葉に似るが小さい。頭花は異性花、少数又はまれに1個。総苞はお椀形~鐘形、直径1.2~2.5㎝、帯褐色の羊毛状の毛~ビロード状の軟毛があり、まれに無毛になる。総苞片は覆瓦状、6~7列につき、外側は紫赤色。外総苞片は三角形~卵形、長さ3~7㎜×幅1.5~4㎜、先は鋭形で小刺をもつ。中間と内総苞片は楕円形、狭楕円形、又は披針形、長さ10~18㎜×幅3~4㎜、先は尖鋭形~鋭形、最も内側の総苞片は線形、約・長さ20㎜×幅1㎜。花冠は紫色、雌性小花は長さ2~2.8㎝、両性小花は長さ約2㎝。痩果は倒披針条楕円形、長さ約7㎜、多数の条線がある。冠毛の要素は黄褐色、長さ約1.2㎝以下、ザラつく。花期と果期は7~10月。2n = 22.。
1-1 Serratula coronata L. subsp. coronata  マンシュウタムラソウ 満州田村草
  synonym Serratula manshurica Kitag
  synonym Serratula coronata L. var. manshurica (Kitag.) Kitag.
1-2 Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam.  タムラソウ 田村草
  synonym Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam. var. koreana (Iljin) Kitam.
  synonym Serratula insularis Iljin
  synonym Serratula koreana Iljin 
  synonym Serratula insularis Iljin var. koreana (Iljin) Kitam.
  synonym Serratula coronata L. var. insularis (Iljin) Kitam. ex Ohwi 
 日本、朝鮮原産。
 多年草。高さ30~150㎝。茎は直立し、綾があり、有毛。葉は互生し、卵状長楕円形で羽状に4~7対に深裂叉は全裂し、刺はない。頭花は紅紫色で、上向きに咲き、直径3~4㎝。頭花は筒状花のみからなる。雌しべの先が2裂してカールする特徴がある。総苞は長さ約2.5㎝の鐘形。総苞片は瓦状に並び、7列。痩果は長さ約6㎜の円柱形、冠毛は淡褐色、長さ約12㎜。花期は8~10月。
1-2-1 Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam. f. albiflora (Kitam.) Kitam.  シロバナタムラソウ
 白花品種。

参考

1) GRIN
 Serratula
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=11091
2) Kewscience
 Serratula
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:11002-1
3)Flora of China
 Serratula
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=130181