スイセンノウ 酔仙翁

mark

Flora of Mikawa

ナデシコ科 Caryophyllaceae  マンテマ属

別 名 フランネルソウ
中国名 毛叶剪秋罗 mao ye jian qiu luo
英 名 rose campion , crown-pink , dusty-miller , mullein-pink
学 名 Silene coronaria (L.) Clairv.
Lychnis coronaria (L.) Desr.
スイセンノウの花
スイセンノウの花2
スイセンノウの萼
スイセンノウの葉
スイセンノウ
スイセンノウの葉
花 期 5~6月
高 さ 50~70㎝
生活型 多年草
生育場所 道端、草地、庭
分 布 帰化種  西アジア、ヨーロッパ原産
撮 影 西尾市  14.6.7
世界中で広く栽培され、帰化している。道端などに逸出が見られる。センノウ属 Lychnis、ナンバンハコベ属 Cucubalus はマンテマ属に含められるようになった。
 茎は直立し、白毛が密生する。茎や葉に柔らかい白毛が密生するため、フランネルソウの別名がある。 葉は対生し、長さ2~9㎝、幅1.5~2.5㎝の披針形~倒披針形~卵状披針形。花序はまばらな円錐花序。花は直径2~3㎝、花弁は5個、鮮やかな深紅紫色、まれに白色、ピンクもある。付属小鱗片は長さ1.5~2.5㎜の狭披针形。雄しべと雌しべはは花から突き出ない。萼は長さ18~20㎜、先が5裂し、萼歯は長さ4~7㎜、白毛が密生する。蒴果は長さ約15㎜、長楕円状卵形。種子は黒褐色、長さ約1㎜の腎形。