サンタンカ  山丹花
[別名] サンダンカ 三段花
[中国名] 龙船花 long chuan hua
[英名] Chinese Ixora
[学名] Ixora chinensis Lam.
アカネ科 Rubiaceae  サンタンカ属
三河の植物観察
サンタンカの花序
サンタンカの花序横
サンタンカの花
サンタンカの茎
サンタンカ
サンタンカの葉表
 サンタンカは沖縄や久米島では古くから栽培され、野生化している。別名はサンダンカ(三段花)。花序が小さく、幅5~11㎝、花冠裂片の先が広鈍形~円形。
 低木、高さ0.8~2m。枝は無毛。葉は対生、ときに茎の節間が短くなり、見たところ4輪生になる。葉柄は無又は有。葉柄は長さ5㎜以下、無毛。葉身は乾くと革質、倒披針形、長円状倒披針形、倒卵形、楕円状長円形、又は披針形、長さ6~18㎝×幅3~6㎝、両面とも無毛、基部は楔形~短い切形~円形[普通、楔形~鋭形]、先は鈍形~円形~鋭形、2次脈は7~9対。托葉は宿存し、茎の周りに統合するか、ほとんど葉柄間であり、三角形~広三角形、長さ3~7㎜、無毛~無毛になり、肋があり、鋭形で長さ2~10㎜の芒がある。花序は小型、頂生、密集した集散花序~密集した散房花序、多数花がつき、微軟毛~微細剛毛がある。花序柄がほぼ無~有。花序柄は長さ1.5㎝以下、しばしば、基部に2個の小さい葉又は葉状の苞がある。[花序の]花冠を含まない枝の部分は長さ1~4㎝×幅1~5㎝[花序の花冠を含まない幅は普通2㎝以下、含むと約幅5~11㎝]。苞は三角形、長さ0.2~1㎜。花柄は長さ2㎜以下。花はほぼ無柄~花柄がある。咢は無毛、花托筒は倒円錐形~卵形、長さ1~1.5㎜。拡大部は深裂する。咢片は三角形~舌形、長さ0.5~1㎜、鋭形~鈍形。花冠は赤色又は赤黄色、外側は無毛。花冠筒部は長さ20~30㎜、のど部は無毛。花冠裂片は卵形、楕円形、又は広楕円形、長さ5~7㎜×幅4~5㎜、先は広鈍形~円形。核果は赤黒色、ほぼ球形、浅く、双生、長さ6~7㎜×幅6~7㎜、無毛。花期は5~7、12月。果期は9~10月。
[花期] 5~7月
[高さ] 0.2~8m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種  中国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン原産
[撮影] 西尾市 20.6.4

 サンタンカ(イクソラ)属

  family Rubiaceae - genus Ixora

 低木又は小高木、たまに、おそらくよじ登り(Ixora hekouensis)、刺は無い。束晶 は無い。葉は対生又はまれに、3輪生、十字対生、ダニ室は無い。葉柄は基部に関節がある。托葉は宿存~脱落性、葉柄間又は茎の周りに短く統合し、三角形、鋭形~普通、芒状。花序は主な茎に頂生[又はときに、小さい側茎に頂生して、腋生に見え]、集散花序~散房花序、花が少数~多数、花序柄は無~有、小苞があるか又は苞が減る。軸にはしばしば関節がある。小苞はあれば、しばしば対に融合する。花柄は有又は無。花は両性、単形、しばしば芳香がある。咢は拡大部が切形又は4裂。花冠は黄色、橙色、赤色、又は白色、ときに乾くと帯赤色になり、高杯形、筒部は細く、内側は無毛又はのど部に軟毛がある。花冠裂片は4個[まれに9個]、蕾では巻き込む。雄しべは4本、花冠ののど部につき、部分的~完全に突き出す。花糸は短く又は減る。葯は基部近くに背着する。子房は2室。胚種は各室に1個、軸から下垂し、胎座は隔壁の上部につく。花柱は上部が紡錘形又はこん棒形。柱頭はは2個、線形、半曲し、突き出る。果実は黒色又は赤色、核果、革質又は肉質、ほぼ球形~楕円形~卵形、咢の拡大部は宿存する。小堅果(pyrenes )は2個、1室、それぞれ1種子をもち、平凸面形又は凹凸面形、背側(外側)は平滑、革質、紙質、又は甲殻質(crustaceous)。種子は中型、楕円形~倒披針形、腹側(内側)は溝があり、凹面。種皮は膜質。胚乳は軟骨質。幼根は円柱形、地下性。
 世界に約300~400種あり、熱帯アフリカ、アメリカ、アジア、マダガスカル、太平洋諸島に広く分布する。


 サンタンカ属の主な種

 1  Ixora chinensis Lam.  サンタンカ 山丹花
   synonym Ixora dixiana Gentil [濃橙色]
 中国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン原産。中国名は龙船花 long chuan hua 。英名はChinese Ixora 。 沖縄や久米島では古くから栽培され、野生化している。別名はサンダンカ(三段花)。花序が小さく、幅5~11㎝、花冠裂片の先が広鈍形~円形。
 低木、高さ0.8~2m。枝は無毛。葉は対生、ときに茎の節間が短くなり、見たところ4輪生になる。葉柄は無又は有。葉柄は長さ5㎜以下、無毛。葉身は乾くと革質、倒披針形、長円状倒披針形、倒卵形、楕円状長円形、又は披針形、長さ6~18㎝×幅3~6㎝、両面とも無毛、基部は楔形~短い切形~円形[普通、楔形~鋭形]、先は鈍形~円形~鋭形、2次脈は7~9対。托葉は宿存し、茎の周りに統合するか、ほとんど葉柄間であり、三角形~広三角形、長さ3~7㎜、無毛~無毛になり、肋があり、鋭形で長さ2~10㎜の芒がある。花序は小型、頂生、密集した集散花序~密集した散房花序、多数花がつき、微軟毛~微細剛毛がある。花序柄がほぼ無~有。花序柄は長さ1.5㎝以下、しばしば、基部に2個の小さい葉又は葉状の苞がある。[花序の]花冠を含まない枝の部分は長さ1~4㎝×幅1~5㎝[花序の花冠を含まない幅は普通2㎝以下、含むと約幅5~11㎝]。苞は三角形、長さ0.2~1㎜。花柄は長さ2㎜以下。花はほぼ無柄~花柄がある。咢は無毛、花托筒は倒円錐形~卵形、長さ1~1.5㎜。拡大部は深裂する。咢片は三角形~舌形、長さ0.5~1㎜、鋭形~鈍形。花冠は赤色又は赤黄色、外側は無毛。花冠筒部は長さ20~30㎜、のど部は無毛。花冠裂片は卵形、楕円形、又は広楕円形、長さ5~7㎜×幅4~5㎜、先は広鈍形~円形。核果は赤黒色、ほぼ球形、浅く、双生、長さ6~7㎜×幅6~7㎜、無毛。花期は5~7、12月。果期は9~10月。
品種) 'Apricot Queen' , 'Pink Pixie' , 'Prince of Orange' , 'Singapore Yellow'

 2  Ixora casei Hance イクソラ・カセイ
   synonym Ixora duffii T.Moore イクソラ・ヅフィー
   synonym Ixora pulcherrima (Teijsm. & Binn.) Valeton ナンヨウサンタンカ
   synonym Ixora miquelii Bremek.  [Kewscience:Ixora pulcherrimaはsynanym]
 カロリン諸島、ギルバート諸島、マーシャル諸島原産。英名はeverblooming ixora , flame of the woods , giant red ixora , giant ixora , Malay ixora。世界中の熱帯に広がっている。しばしば Ixora coccineaと混同される。 花序の幅はIxora casei が15~20㎝、Ixora coccineaはやや小さく幅5~15㎝、サンタンカは花序の幅が8㎝以下。
 常緑低木。高さ1.8~2.7(~6)m。茎は木質、比較的に丈夫、最も若い茎は直径3~5㎜。葉は密集して対生し、葉柄は長さ0.5~2㎝。葉身は楕円形~長円形、長さ25~30㎝以下×幅12㎝以下、普通、小さく、しばしばかなり小さくなり、硬い紙質、基部は楔形~鋭形、先は鋭く尖り、明るい緑色、2次脈は7~16(18)対、主脈は上面で平ら~明瞭。花序は散房花序(密錘花序)、花序軸の節間は4~6個、幅15~20㎝。花冠は高杯形、直径約4㎝、筒部は細く、長さ2.5~3.5㎝。花冠裂片は4個、十字形に平開、明るい赤色、長さ10~15㎜、先はわずかに尖鋭形~鋭形、ときに小さくなる。葯は線形、花糸はかなり長く、花冠から突き出る。柱頭は2分岐、反曲しる。果実は核果、ほぼ球形、直径6~7㎜、赤色から熟すと暗紫色~黒色になる。花期は通年。

2-1 Ixora casei Hance var. casei
   synonym Ixora duffii T.Moore イクソラ・ヅフィー
 カロリン諸島、ギルバート諸島、マーシャル諸島原産。
 花冠裂片は長さ9~11(~15)㎜。
2-2 Ixora casei var. lanceolata Kaneh. ホソバナンヨウサンタンカ
   synonym Ixora pulcherrima(Teijsm. & Binn.) Valeton var. lanceolata Kaneh. 
 カロリン諸島原産。英名はgiant ixora
 花冠裂片は長さ5~6㎜。葉は披針形~狭長円形
2-3 Ixora casei var.medialoba Fosberg & H.H.Sachet
 カロリン諸島原産。
 花冠裂片は長さ7~8㎜。葉は楕円形~長円形

 3  Ixora coccinea L. ベニデマリ 紅手鞠
 インド原産。英名はflame-of-the-wood , jungle-geranium , jungle flame 。
 サンタンカとよく混同される。葉の基部が心形で、花冠裂片が鋭形~鈍形。
 低木、高さ5m以下。小枝は無毛、又は微軟毛がある。葉は長さ2~16㎝×幅1.5~6㎝、楕円状長円形~倒披針形~倒卵形、乾くと紙質、上面は無毛、下面は無毛又は微軟毛があり、基部は円形~切形~短い心形、先は鋭形~鈍形、ときに短い微突頭、2次脈は5~6対。葉柄は長さ0~2㎜。托葉は2~4㎜、三角形、葉柄間、宿存性、鋭い~一般に縁が1~4㎜、硬く隆起し、下面は無毛又は微軟毛があり、上面は無毛。花序は長さ5~15㎝×幅5~15㎝、集散花序状の散房花序、頂生、微軟毛がある。苞は長さ1~3㎜。小集散花序に花が3~5個つき、花柄は長さ0~2㎜。 花托筒は長さ1~1.5㎜、楕円形、密に微軟毛がある。咢片は長さ0.1~1.5㎜。花冠は赤色、または一部の栽培品種では黄色~橙色、外側は無毛~微軟毛がある。花冠筒部は長さ25~45㎜×幅約1㎜。花冠裂片は長さ(8~)10~15㎜、楕円形、鋭形。葯は長さ約3㎜、多くの栽培種では無いか又は発達しない。柱頭は長さ1~1.2㎜。核果は長さ約10㎜×幅7~10㎜、ほぼ球形~楕円形、赤色~次第に黒熟。花期は四季咲き性が強く、ほぼ通年。
品種) 'Frankie Hipp' , 'Fraseri' , 'Maggie's Yellow' , 'Maui Red' , 'Maui Sunset' , 'Maui Yellow' , 'Nora Grant' , 'Petite' , 'Siam Rainbow'

3-1 Ixora coccinea var. coccinea
   synonym Ixora coccinea var. bandhuca 花冠裂片が鈍形
   synonym Ixora coccinea var. intermedia 葉の先が、先は短い尖鋭形
 葉の基部は心形、先は鈍形~円形、やや微突形。花冠裂片が鋭形~鈍形
3-2 Ixora coccinea L. f. lutea (Hutch.) Fosberg et Sachet  キバナサンタンカ
 黄花品種。

 4  Ixora finlaysoniana Wall. ex G.Don  シロデマリ 白手鞠
 中国、インド、タイ、インドネシア、フィリピン原産。中国名は薄叶龙船花 bao ye long chuan hua 。
 低木又は小高木、高さ5~6m以下。枝は無毛。葉は対生。葉柄は長さ4~10㎜、無毛。葉身は乾くと革質、楕円状長円形、楕円形、等披針形、倒卵形、又は長円状披針形、長さ10~17(~20) ㎝×幅 3~6(~9)㎝、両面とも無毛、基部は楔形~鈍形[普通、楔形~鋭形]、先は鈍形~鋭形、2次脈は8~12対。托葉は普通、宿存し、葉柄間又は茎の周りに統合し、広卵形~三角形、長さ3~6㎜、無毛、先は鋭形又長さ0.3~3.5㎜の芒をもつ。花序は頂生、散房花序~密な集散花序、微軟毛があり、花序柄はほぼ無~有、花序柄は長さ4.5㎝以下。枝の部分は花冠を含まないで長さ2.5~4㎝×幅3~5㎝。苞は披針形、楕円形、又は狭舌形、長さ8~10㎜、鈍形~鋭形。花柄は無又はほぼ無。咢は無毛。花托筒は楕円形~ほぼ球形長さ1~1.5㎜。拡大部は深裂する。咢片は楕円形、狭楕円形、又は倒披針形、長さ4~6㎜、鋭形。花冠は白色、外側は無毛。花冠筒部は長さ20~30㎜、のど部は無毛。花冠裂片は狭楕円形~倒披針形、長さ5~6㎜×幅1.2~3㎜、鋭形~ほぼ鋭形。核果はほぼ球形、しばしば弱く双生(didymous)、直径6~8㎜、無毛。花期は4~10月。果期は9月。

 5  Ixora javanica (Blume) DC.  ジャワサンタンカ
 インド、カンボジア、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア原産。
 常緑低木又は高木、高さ11m以下、幹は直径26㎝になる。野生の木から集められた花は地方で食べられる。観賞用に高さ2~3mの低木として栽培される。葉は楕円状長円形、長さ10~25㎝、短い葉柄がある。花冠は長さ2.5~3.5㎝、黄色、赤色に変わる。花冠裂片は鈍く尖る。

 6  Ixora parvoflora Lam.  シロバナサンダンカ 白花山丹花.
 モーリシャス原産。英名はsmall flowered ixora
 低木、高さ3.~5m。葉は卵状長円形~楔状倒卵形、長さ7.5~10㎝、先は鈍く又は短く尖る。花序は枝先の散房花序又は円錐花序。花序柄は無又は有。花は小さく、多数、白色又はピンク色、明瞭な芳香がある。花筒は短く、無毛、長さ7.5~10㎜、花弁は4個、長円状線形、縁が巻く。咢は咢歯が4個、小さい歯状。花柱は花の外に突き出す。花柱は2股分岐。液果は丸く、幅約6㎜。花期は3~4月。

 7  IIxora philippinensis Merr.  コバナサンタンカ 小花山丹花
 台湾、フィリピン原産。中国名小仙龙船花 xiao xian long chuan hua
 低木又は小高木。枝は無毛~密に微軟毛がある。葉は対生、葉柄は無又は長さ0.4㎝以下の短柄があり、無毛~密に微軟毛がある。葉身は乾くと薄い紙質で暗褐色になり、楕円形、楕円状長円形、又は楕円状卵形、長さ4.5~10㎝×幅2~7㎝、無毛、又は下面の中脈に微軟毛があり、基部は切形、円形、又は小心形(cordulate)、先は鈍形~円形、普通微突形、2次脈は8~11対。托葉は脱落性、茎の周りにごく短く統合し、披針形~広三角形、長さ2~5㎜、無毛、尖鋭形。花序は頂生、密集した集散花序、花冠を含まないで幅1~2㎝、花が少数つき、微軟毛があるか無毛。花序柄は長さ1~1.5㎝、普通、基部に小さい卵形~類卵形で心形の長さ0.5~3㎝の葉が対につく。苞は卵状披針形~狭三角形、長さ1.5~2㎜、尖鋭形。花柄はほぼ無~無。咢は微軟毛があるか無毛になる。花托筒は楕円形、長さ約1㎜、拡大部は長さ0.5~1㎜、浅裂する。裂片は歯状。花冠は白色~ピンク色、外側は微軟毛がある。花冠筒部は長さ18~20㎜、花冠裂片は楕円状長円形、約・長さ7㎜×幅3.5㎜、鈍形。核果は卵形、双生、弱く扁平、長さ約1㎝、乾くと赤色。花期は6~8月。

 8  その他Hybrid Ixora
品種) 'Angela Busman'[バラ色] , 'Barbados' , 'Bier's Glory' , 'Chiang Mai' , 'Dwarf Pink' , 'Frances Perry' , 'Golden Ball' , 'Herrera's White'[白色] , 'Karoline' , 'Maui'[橙色] , 'Maui Orange' , 'Maui Sunset Yellow Peach' , 'Peach Delight' , 'Pink Malay' ,'Prince of Orange'[橙色] , 'Siam' , 'Siam Ribbon' ,'Sunkist' , 'Sunset' , 'Super King'[赤色] ,
 Ixora taiwanensis 'Dwarf Red' , 'Hawaiian Pink' , 'Petite' , 'Petite Pink' . 'Pink'"Dwarf Brilliant Color , 'Rojas' , 'Taiwan' , 'Vista6'


 参考

1) Flora of China
  Ixora
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=116686
2) GRIN
 Ixora
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=6145
3)Flora Mesoamericana, Volumen 4 (2), Rubiaceae, página 263 de 563
 207. RUBIACEAE 63. Ixora L.
 https://www.tropicos.org/docs/meso/rubiaceae.pdf
4) Flowers of India
 Ixora parviflora - Small Flowered Ixora
 http://www.flowersofindia.net/catalog/slides/Small%20Flowered%20Ixora.html
5)Flora of Micronesia: Gymnospermae
 Ixora L.
 https://books.google.co.jp/books?id=iNtWPZNUBiwC&pg=PA84&lpg=PA84&dq=Ixora
 +pulcherrima&source=bl&ots=TaDNDjFSEx&sig=ACfU3U1MsZcKK6bJ-xugEMT_6kNRz8J52g&hl
 =ja&sa=X&ved=2ahUKEwiQloWC3PrpAhUlzIsBHeexAqgQ6AEwBHoECAcQAQ#v
 =onepage&q=Ixora%20pulcherrima&f=false
6)Annals of Botany 80: 355±361, 1997
 Analysis of Genetic Diversity among Ixora Cultivars (Rubiaceae)
7)Flora of Thailand - Rubiaceae: CULTIVATED TAXA
 Ixora L.
 https://homepage.univie.ac.at/christian.puff/_FTH-RUB/FTH-RUB_CULTIVATED_compl_WEB.htm

TOP Back