オレアリア・トメントーサ

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae オレアリア属

別 名 デイジーブッシュ
英 名 toothed daisy bush , downy daisy bush
学 名 Olearia tomentosa (J.C.Wendl.) DC.
オレアリア・トメントーサ花
オレアリア・トメントーサの総苞
オレアリア・トメントーサの蕾
オレアリア・トメントーサの茎
オレアリア・トメントーサ
オレアリア・トメントーサ葉表
オレアリア・トメントーサ葉裏
花 期 3~5月
高 さ 100~200㎝
生活型 常緑低木
生育場所 栽培種
分 布 外来種 オーストラリア(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州)原産
撮 影 西尾市  21.3.1
オレアリア・トメントーサはキク科オレアリア属の栽培種。日本ではデイジーブッシュ の名で販売されている。
 低木、高さ2m以下。葉は互生し、散在し、葉身は長さ10~85mm×幅9~50mm、先は鈍形又は円形、微突形、縁は規則的な歯状又は 波状に分裂し、平ら又は弱く外巻きする。表面は色が異なり(discolorous)、上面はほぼ無毛で、鈍い緑色、下面はベージュ色の フェルト状又は灰色の綿毛がある。葉脈は羽状脈。葉柄は長さ15mm以下。頭花は単純な散房花序につき、花序柄があり、直径25~ 59mm。花序柄は長さ70mm以下。周辺小花は13~29個、青色又は白色。中心小花は33~72個、黄色。痩果は無毛又は絹毛がある。 冠毛は34~60本の長い剛毛を2列につけ、外側の列は短い。

オレアリア属

  family Asteraceae - genus Olearia

 低木又はまれに高木、無毛又は有毛。葉は互生又は対生、散在又は密集又は房状、葉身は単葉、縁は全縁又は歯状、葉柄は無又は有。 頭花は腋生又は頂生、花序柄は無又は有、単生又は散房又は円錐合成花序につく。総苞は広半球形~狭卵形。総苞片は覆瓦状に数列つき、 草質、薄膜質の縁をもつ。花托は穴があり、穴に縁にしばしば細かい歯があり、鱗片は無い。周辺小花は1列、雌性、舌状又は細い糸状 (まれに欠く)。中心小花は多数又は少数、両性。花冠は筒状。葯は鋭形、鈍形、又は基部が尾状。花柱の枝は平らになり、柱頭の線の上に 短い、太い付属体をもつ。痩果は条線があり、円柱形又はわずかに扁平、無毛又は様々な毛がある。冠毛は多数、普通、不等長ぼ剛毛。
 世界に約180種あり、オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニアに分布する。オーストラリアには全州にわたり約130種が自生し、 フランス、イギリスに帰化しているものもある。

オレアリア属の主な種

1 Olearia arborescens (G.Forst.) Cockayne & Laing
 ニュージーランド原産。英名はcommon tree daisy。  花は白色、花期は春~夏。
品種) 'Moondance' (v) , 'Variegata' (v)
2 Olearia avicenniifolia (Raoul) Hook.f.
  synonym Aster avicenniifolia (Hook.f.) F.Muell.
 ニュージーランド原産。英名はmountain akeake。
 低木、高さ6m以下。花は白色、中心小花は紫色、直径約5㎝、芳香がある。
品種) 'White Confusion'
3 Olearia axillaris (DC.) F.Muell. ex Benth.
 西オーストラリア州原産。英名はCoast Daisy Bush
4 Olearia lepidophylla (Pers.) Benth.
 南オーストラリア州原産。
 低木、高さ1m以下。葉は互生、葉身は卵形、長さ0.5~1.5mm×幅0.3~0.8mm、先は鋭形~円形、微突にはならない。葉縁は全縁、後ろ巻き、 表面は色が異なり、上面は無毛~ほぼ無毛、下面は淡灰色の羊毛状。は脈は不明瞭。葉柄は無柄又はほぼ無柄。頭花は頂生、単生、花柄は無く、 直径8~15mm。周辺小花は4~7個、白色。中心小花は4~6個、黄色。痩果は絹毛と腺がある。冠毛は29~44本の剛毛、1列につく。花期は3~6月 (オーストラリア)
品種) 'Silver Knight'
5 Olearia macrodonta Baker
  synonym Olearia dentata Hook.f.
 ニュージーランド原産。英名はmountain holly , arorangi
 常緑低木、高さ6m以下、野生では高木。樹皮は細長く、剥離。若枝は角(かど)があり、綿毛で覆われる。葉は互生、硬く、革質、卵形~狭楕 円形又は基部が狭くなり、先は尖り、長さ5~12.5㎝×幅2.5~5㎝、縁は波打ち、粗い鋭い歯をもち、その間のくぼみは丸い。上面は光沢のある 暗緑色、若いときだけ綿毛がある。下面は密な銀白色のフェルトで覆われる。葉柄は長さ1.3~1.8㎝。頭花は1以上に分枝した 直径7.5~15㎝ 密散花序につき、花序は前季枝に頂生し、花序柄は長さ7.5~15㎝、銀白色の綿毛がある。頭花は幅1.3㎝、周辺小花は10個又はそれ以上、白色。 中心小花は少数,帯赤色。葉はつぶすとムスク臭がする。
品種) 'Intermedia' , 'Major' , 'Minor'
6 Olearia nummulariifolia (Hook.f.) Hook.f.
 ニュージーランド原産。
 低木、高さ1~3m。葉は楕円形、厚く、革質、黄緑色、長さ5~10mm×幅4~6mm。頭花は白色。2n = 216
品種)  'Little Lou' , hybrids
7 Olearia pannosa Hook.
 南オーストラリア州原産。英名はSilver Leaf Daisy。
8 Olearia phlogopappa (Labill.) DC.
 ニューサウスウェールズ州原産。英名はdusty daisy bush , alpine daisy-bush
 常緑低木、高さ0.3~3m、直立。枝は密に星状毛があり、普通、無柄の腺をもつ。葉は互生、有柄又は無柄、葉身は形や大きさが様々に変化し、狭卵形~狭倒卵形、 長さ8~114mm×幅3~23mm、縁は全縁~深裂する。葉の上面は灰色又は緑色、無毛~中程度に星状毛があり、ときに、無柄の腺をもつ。下面は白色~灰色又は黄色、 密に同じサイズの微細な星状毛をもち、普通、無柄の腺をもつ。葉脈は細かい網状、浅く、凹み、下部の葉ではしばしば二次脈が見えない。頭花は頂生又はほぼ頂生 の円錐又は散房合成花序につくか又は単生で頂生し、花序柄がある。総苞は鐘形~半球形、長さ3~7mm×直径5~12mm。総苞片は4~5列、軟毛があり、ときに腺をもち、 縁や先がときに紫色になる。周辺小花は6~22個、白色、まれにモーブ色、舌部は長さ5~12mm。中心小花は6~25個、黄色、花冠の先に様々な毛があるか又は無毛。 痩果は円筒形、6うねがあり、長さ2~3mm、中位~密に毛があり、ときに腺をもつ。冠毛の剛毛は長さ4~6mm、白色又はクリーム色、1又は2列につき、ときに外側の 列は短い。花期は11~3月(オーストラリア)
品種) Comber's Blue' , 'Comber's Mauve' , 'Comber's Pink' , var. splendens 'Downton' , 'Exbury White' , 'Rosea' , 'Sawtooth' , Splendens Group , 'Tournaig Titch'
span class="midori2">8-1 Olearia phlogopappa subsp. gunniana (DC.) Messina
  synonym Olearia gunniana (DC.) Hook.f. ex Hook.
 オーストラリア(ビクトリア州)、タスマニア原産。  品種) 'Exbury White'
9 Olearia ramulosa (Labill.) Benth.
 ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、タスマニア原産。英名はtwiggy daisy-bush。 品種) 'Blue Stars' , 'White Stars'
10 Olearia rudis (Benth.) F.Muell. ex Benth.
 西オーストラリア州原産。英名はAzure Daisy-bush
11 Olearia solandri Hook.f.[
 ニュージーランド原産。英名はcoastal daisy-bush , coastal tree daisy。
品種) 'Aurea'
12 Olearia stellulata (Labill.) DC.
ビクトリア州、クイーンズランド州、タスマニア原産。英名はVictorian snowbush。
品種) 'Downtown' , 'Michael's Pride'
13 Olearia tomentosa (J.C.Wendl.) DC. オレアリア・トメントーサ
  synonym Haxtonia tomentosa (J.C.Wendl.) D.Don  ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州原産。英名はtoothed daisy bush , downy daisy bush。日本ではデイジーブッシュ の名で販売されている。
 低木、高さ2m以下。葉は互生し、散在し、葉身は長さ10~85mm×幅9~50mm、先は鈍形又は円形、微突形、縁は規則的な歯状又は 波状に分裂し、平ら又は弱く外巻きする。表面は色が異なり(discolorous)、上面はほぼ無毛で、鈍い緑色、下面はベージュ色の フェルト状又は灰色の綿毛がある。葉脈は羽状脈。葉柄は長さ15mm以下。頭花は単純な散房花序につき、花序柄があり、直径25~ 59mm。花序柄は長さ70mm以下。周辺小花は13~29個、青色又は白色。中心小花は33~72個、黄色。痩果は無毛又は絹毛がある。 冠毛は34~60本の長い剛毛を2列につけ、外側の列は短い。
品種)‘Mauve Magic’
14 Olearia traversii (F.Muell.) Hook.f.
 ニュージーランド原産。英名はHakapiri, Chatham Island akeake。
品種) 'Compacta' , 'Tweedledee' (v) , 'Tweedledum' (v) , 'Variegata' (v)
15 ハイブリッド
(1) Olearia × mollis
品種) 'Zennorensis'
(2) Olearia × oleifolia
品種) 'Waikariensis'
(3) Olearia × scilloniensis
 英名はScilly daisy bush
品種) 'Compacta' , 'Master Michael'
(4) その他ハイブリッド
品種) 'County Park' , 'Fish Supper' , 'Havering Blush' , 'Henry Travers' , 'Olwyn Barnett' , 'Rossii' , 'Starburst' , 'Stardust' , 'Talbot de Malahide'

参考

1) Australian Native Plants Society
 The Genus Olearia
http://anpsa.org.au/APOL35/sep04-4.html
2)GRIN
  Atractylodes
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=5978
3) Plants of the World Online | Kew Science
  Atractylodes
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:331811-2
3) NEW SOUTH WALES FLORA ONLINE
  Olearia tomentosa (J.C.Wendl.) DC.
https://plantnet.rbgsyd.nsw.gov.au/cgi-bin/NSWfl.pl?page=nswfl&lvl=gn&name=Olearia
4) Flora of New Zealand
  Olearia arborescens
http://www.nzflora.info/factsheet/Taxon/Olearia-arborescens.html