ニワトコ 庭常

mark

Flora of Mikawa

レンプクソウ科 Adoxaceae ニワトコ属

別 名 タズノキ、セッコツボク
学 名 Sambucus sieboldiana (Miq.) Blume ex Graebn.
Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara
ニワトコの花序
ニワトコの花
ニワトコの果実
ニワトコの葉柄
ニワトコの幹
ニワトコ
ニワトコ葉
ニワトコ果実と核
花 期 3~5月
果 期 6(~8)月
高 さ 3~6m
生活型 落葉低木~小高木
生育場所 山野の林縁
分 布 在来種  本州、四国、九州、朝鮮
撮 影 静岡県  14.4.14
ニワトコ属は古くから薬用に使われている。中国の接骨木はコウライニワトコ Sambucus williamsii である。よく似ている日本のニワトコ(Sambucus sieboldiana)も接骨木と呼ばれ、薬用に利用される。
 幹は下部から多数分枝し、株立ちになり、弓なりに伸びる。樹皮は黒灰色、深い割れ目が入る。若枝は緑色、後に褐灰色になり、枝の髄は太くて軟らかく、顕微鏡観察の切片を作るときに使われる。
 葉は対生し、長さ8~30㎝の奇数羽状複葉、葉柄基部に蜜腺がある。花のつく枝の葉は小葉が2~3対、花のつかない枝の葉は小葉が3~6対。小葉は長さ3~10㎝、幅1~4㎝の長楕円形、先は尖り、基部は円形~楔形、細鋸歯縁。毛の有無や葉形などにより品種に分けられる。幅3~10㎝の円錐花序を枝先につける。花冠は淡黄白色~ときに帯淡紫色、直径3~5㎜、5深裂し、裂片が反り返る。雄しべ5個。雌しべは1個、柱頭は暗紫色、3裂する。果実は核果、長さ3~5㎜の卵球形、暗赤色に熟す。核は長さ約2㎜、浅いしわがある。
 変異が多く、多くの品種や変種がある。ケニワトコ form. stenophylla 、サケバニワトコ form. dissecta、マルバニワトコ form. ovatifolia 、オオバニワトコ form. macrophylla 、キミノニワトコ form. nakaiana 、ケナシニワトコ form. glaberrima 、オオニワトコ var. major など
 エゾニワトコSambucus kamtschatica は北海道、本州、朝鮮、ロシアに分布する。果実は赤色。
 コウライニワトコ Sambucus williamsii は日本、朝鮮、中国、ロシアに分布する。中国名は接骨木(jie gu mu)。果実は赤色。
 セイヨウニワトコ Sambucus nigra はヨーロッパ、西アジア、アフリカに分布する。果実が黒色。
 セイヨウアカミニワトコ Sambucus racemosaは果実が赤色。
 アメリカニワトコ Sambucus canadensisはアメリカに分布する。果実が暗紫色~黒色。
 果実が赤色の種のうち、Sambucus kamtschatica、Sambucus sieboldianaをSambucus racemosaの亜種とする見解があり、学名に混乱がある。

ニワトコ属

  family Adoxaceae - genus Sambucus

 低木、小高木、又は多年草、雌花両性花異株(gynodioecious)又は雌雄同株(hermaphroditic)、落葉性、植物全体がときに、花外蜜腺をもつ。枝は平滑、条線があり、又はいぼ状、丈夫な髄(pith)をもつ。髄は茎の直径の大部分を占め、この色が薄褐色か汚白色かにより識別することが1年中可能である。葉は托葉が有又は無、奇数羽状又は不完全な2回羽状複葉、まれに不規則に切れ込む。小葉は鋸歯又は分裂し、対生又は互生。花序は頂生、平ら又は凸面の散房花序又は円錐花序、花序柄は有又は無。花は放射相称又はときに、2形、ときに蜜腺があり、花柄に関節がある。苞はほとんど無い。咢筒があり、拡大部は3~5深裂する。花冠は車形、白色、裂片は3~5個。雄しべは5本、花冠基部につく。花糸は直立、糸状。葯は2室、長円形、室は分離、中間につく。子房は3~5室、胚珠は各室に1個。花柱はクッション状。柱頭は3又は5個。果実は液果状、3~5種子を入れる。種子は3稜形又は楕円形。胚は種子の長さとほぼ同じ。
 世界に約22種(又は10種)あり、温帯~亜熱帯地域と熱帯の山地に分布する。

ニワトコ属の主な種と園芸品種

1 Sambucus canadensis L.  アメリカニワトコ 
  synonym Sambucus nigra subsp. canadensis (L.) Bolli
  synonym Sambucus mexicana C. Presl ex DC
 北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカ原産。英名はAmerican black elderberry , Canada elderberry , common elder , common elderberry, elderberry。果実は食べられるが、少し毒性がある。
 落葉性、新梢[ひこばえ]を出す(suckering)低木、高さ3m又はそれ以上。葉は対で対生し、羽状複葉、小葉を5~7個もつ。小葉は約・長さ10㎝×幅5㎝。散房花序は大きく(直径20~30㎝)、幅が長さより明瞭に広く、花序の最下の節は4~5 (~7)本の花序枝をもち、 頭が平ら、葉より上部につく。花は白色、直径5~6mm、5花弁。果実(elderberryとして知られる)は暗紫色~黒色の液果、直径3~5㎜、秋に垂れ下がる房を生じる。髄は白色(ときに縁が少し褐色になる)。花期は夏初旬~中旬。果期は夏下旬~秋。
品種) 'Adams' (F) , 'Adams I' (F) , 'Adams II' (F) , 'Aurea' , 'Bob Gordon' , 'Goldfinch' , 'Hidden Springs' , 'Johns' , 'Laciniata' , 'Maxima' , 'Nova' , 'Ranch' , 'Rubra' , 'Wyldewood' , 'York'

2 Sambucus cerulea Raf. サンブクス・ケルレア
  synonym Sambucus nigra var. cerulea (Raf.) B.L.Turner
  synonym Sambucus nigra subsp. cerulea (Raf.) Bolli
  synonym Sambucus cerulea var. glauca (Nutt.) Schwer.   synonym Sambucus glauca Nutt.  北アメリカ西部原産。英名はblue elderberry , blue elder , blueberry elder , Mexican elder , Arizona elderberry , New Mexico elderberry , velvet-leaf elderberry , hairy blue elderberry。山地に生える。果実が暗青色に熟し、生ではあまり食べられないが、ジュース、ソース、ゼリー、パイなどに料理される。
 落葉低木、高さ4.5~9m、まれに1.3m程度になる。葉は羽状複葉、長さ3~15㎝×幅2~6㎝。小葉は5~7個、楕円形~披針形、縁には鋭い歯があり、先は尖鋭形。集散花序は大きく、幅5~20㎝、頭が平ら、花が多数つき、強い不快な臭いがある。花は黄白色、幅4~7㎜。果実は液果状の核果、青黒色で粉白を帯びた青色に見え、球形、直径4~6㎜、核を3~5個入れる。各核には1個の種子が入る。花期は5~6月。
品種) 'Oriental Beauty'

3 Sambucus ebulus L. サンブクス・エブルス
 ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジア原産。英名はdanewort, dane weed, danesblood, dwarf elder , European dwarf elder, walewort , dwarf elderberry , elderwort and blood hilder
 亜低木、高さ1.2~4m。根は水平に広がり、間隔を開けて茎が生じる。茎はほとんどが草質だが、基部でやや木質となり、初め、多細胞の毛で覆われるが、後に無毛になる。奇数羽状複葉、長さ75㎝×幅45㎝以下。小葉は(5~)6~11個。小葉柄はほぼ無く、たまに頂小葉が側小葉と部分的に融合する。小葉柄は楕円状長円形、卵形、又は長円状披針形、長さ4.5~18㎝×幅1.3~8㎝、先は尖鋭形、基部は不等の円形、縁に細かい鋭い歯があり(しばしば基部の歯に腺がある)、初め毛があり、後に主脈の上の微細な毛を除き無毛なり、水疱状の隆起(bullate)があり、下面の主脈にまばらに毛があり、脈はわずかに隆起し、網状脈がある。葉柄は長さ0.6~12㎝。托葉は明瞭、葉状、歯がある(野生種では不確か)。小葉の基部近くの葉軸にしばしば、腺がある?小托葉がある。花序は散房花序状、幅7~15㎝、錆色の毛があり、1~3小葉の腺のある歯をもつ葉が基部につく。苞と小苞は線形、小さい。咢はピンク色や紫色を帯びる。咢筒にはうねがある。咢歯は三角形、長さ約1mm。花冠は白色又はクリーム白色。花冠筒部は長さ1.5mm。裂片は楕円形、長さ4~6mm×幅3~3.5mm、蕾では二重の敷石状(induplicate-valvate)。果実は長円形又は楕円形、長さ4.2~7mm×幅2.5~4mm、青黒色、9~10うねがある。果柄は帯紫色。 核(pyrenes)は3~4個、骨質、赤褐色、線状長楕円形、長さ4~5.5㎜×幅1~3mm、やや3稜形。
品種) 'Osmanli'

4 Sambucus javanica Blume subsp. chinensis (Lindl.) Fukuoka  ソクズ 曽久豆
  synonym Sambucus chinensis Lindl.  [Ylist]
  synonym Sambucus javanica Blume [Flora of China]   synonym Sambucus javanica Blume f. chinensis (Lindl.) H.Ohashi
 日本固有種(本州、四国、九州)。英名はChinese elderberry。別名はクサニワトコ 草庭常。
 学名はKewscienceに従った。
 多年草、高さ100~150㎝。葉は対生し、大型の奇数羽状複葉、小葉が2~3対つく。小葉は長さ5~17㎝の広披針形~狭卵形、細鋸歯縁、先が尖る。茎頂の大形の集散花序に直径3~4㎜の白花を多数つける。花序の上端が平らになる特徴がある。花冠は5裂して開出し、5個の太い雄しべを上に突き出す。花には蜜腺がなく、蜜を出す黄色の胚状の腺体を別につけることが特徴である。果実は直径約4㎜球形の核果で、橙色に熟す。核は橙黄色、長さ約2㎜、表面に突起がある。花期は7~8月。
4-1 Sambucus chinensis Lindl. var. formosana (Nakai) H.Hara  タイワンソクズ 
  synonym Sambucus javanica Blume var. formosana (Nakai) Schwer.
  synonym Sambucus javanica Blume f. formosana (Nakai) H.Ohashi
  synonym Sambucus formosana Nakai
 沖縄、小笠原諸島、台湾に自生する。別名オガサワラソクズ。腺体がやや細い。現在では変種に分類しないのが一般的なようである。

5 Sambucus kamtschatica E.L.Wolf  エゾニワトコ 蝦夷庭常
  synonym Sambucus Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.L.Wolf) Hultén  [Ylist]
  synonym Sambucus sachalinensis Pojark.
  synonym Sambucus racemosa L. var. miquelii auct. non Nakai
  synonym Sambucus sieboldiana (Miq.) Blume ex Graebn. var. miquelii (Nakai) H.Hara, excl. basion.
 北海道、本州、朝鮮、ロシアに分布する
 落葉低木、高さ3~5m。雌雄同株。葉は奇数羽状複葉、長さ12~30㎝、もむと悪臭がある。小葉は5~7個、長円形、長さ4~10㎝、基部は広くさび形~円形、縁は鋸歯があり、先は尖鋭形。花序は頂生、幅が広い円錐花序、花が多数、つく。花は黄白色、幅約5㎜。果実は卵円形、直径3~5mm、赤色に熟す。花期は5月。果期は8~9月。
 多数の品種に分けれれている。
5-1 Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.Wolf) Hultén f. aureocarpa (H.Hara) H.Hara  キミノエゾニワトコ 
5-2 Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.Wolf) Hultén f. hiraii (Miyabe et Tatew.) H.Hara  ホソバエゾニワトコ 
5-3 Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.Wolf) Hultén f. lacera (Nakai) H.Hara  ハゴロモニワトコ 
5-4 Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.Wolf) Hultén f. nakayamae (Yanagita) H.Hara  ビロードエゾニワトコ 
5-5 Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.Wolf) Hultén f. nuda H.Hara  ケナシエゾニワトコ 
5-6 Sambucus racemosa L. subsp. kamtschatica (E.Wolf) Hultén f. platyphylla (Miyabe et Tatew.) H.Hara  ヒロハエゾニワトコ 

6 Sambucus nigra L.  セイヨウニワトコ 西洋庭常
  synonym Sambucus alba Raf.
 ヨーロッパ、西南アジア原産。ヨーロッパ北部、北アフリカ、南アメリカ、オースロラリアなどに帰化。common elder , elder, elderflower, elderberry。別名はセッコツボク(接骨木)。葉、枝、根は薬用に使われ、世界中で広く栽培されてきた歴史がある。
 落葉低木又は小高木、高さ6m以下。茎は灰色、強く皮目がある。多少、無毛。枝には条線があり、皮目がある。栄養シュートには太い白色の髄がある。葉は葉柄があり、ほとんどが長さ5~25㎝。小葉は3又は5(~7)個、若い時に暗紫色ですぐに緑色になり、卵形~楕円形(広楕円形~広卵形)、主に長さ4~8㎝×幅15~45mm、頂小葉は長さ4.5~11㎝×幅3.5~6㎝、無毛になり、先は鋭形~尖鋭形、基部は鈍形、まれに非対称、縁は上部の2/3が鋸歯縁。葉柄は長さ2~5(~7)㎝、ほとんどに毛がある。側小葉の小葉柄は長さ2~4 mm、毛がある。頂小葉の小葉柄は長い。花序は集散花序の円錐花序(頭が平らな散房花序状)、直径(5)10~20㎝、多数、分枝する。花は幅3~4mm、芳香がある。苞は卵形、長さ約1㎜以下。咢片は普通、5個、卵形、長さ約0.5mm、無毛。花弁は普通、5個、長さ2.5~3mm、広楕円形、短く合着し、黄色又は白色。雄しべは花冠より短い。核果は多少、球形~ほぼ球形、直径約5(4~8.5)mm、黒色、光沢がある。核は長さ約3mm、卵状長円形、しわがある。花期は5~6月。果期は7~9月。
品種) 'Albomarginata' , 'Albo-variegata' , 'Alcsam' , 'Allesoe' , 'Ardwall' , 'Aurea' , 'Aureomarginata' , 'Aureomarginata' (v) , 'Beaujolais' , 'Bimble' (v) , Black Beauty (PBR) (葉が紫黒色、花がピンク色), Black Lace (PBR) , Black Lace™ , Black Tower , 'Bont Oosterwoldë' , 'Bradet' , 'Broadway' (v) , 'Cae Rhos Lligwy' , 'Cannop' , 'Castledean' , 'Cool Head' , 'Dart's Greenlace' , 'Dart's Pancake' , 'Din Dryfol' (v) , 'Dolomite' (v) , 'Donau' , 'Flex' (v) , 'Frances' (v) , 'Franzi' , 'Fructu Luteo' , 'Fructuluteo' , 'Godshill' (F) , Gold Spark = 'Alcsam' (v) , 'Golden Locks' , Golden Tower = 'Jdeboer001' (PBR) , 'Greener Later' (v) , 'Guincho Purple') (aka Purpurea) , 'Haidegg 1 , 'Haschberg' , 'Heterophylla' , 'Hillier's Dwarf' , 'Ina' , 'Indian Summer' , Instant Karma = 'Sanivalk' (PBR) (v) , 'Jdeboer001' (PBR) , 'Korsor' , 'Körsör' (F) , Laced Up® , 'Laciniata' , 'Linearis' , 'Long Tooth' , 'Lutea Punctata' , 'Luteovariegata' (v) , 'Madonna' (v) , 'Marge' , 'Marginata' (v) , 'Marion Bull' (v) , 'Marmorata' , 'Mint Julep' , 'Monstrosa' , 'Nana' , 'Naomi' , 'Nigrescens' , 'Norfolk Speckled' (v) , 'Obelisk' (PBR) , 'Party Girl' , 'Pendula' , 'Pingo Trail' , 'Plaque' (v) , 'Plena' (d) , 'Pulverulenta' (v) , 'Purpurea' , 'Pygmy' , 'Pyramidalis' , 'Riese aus Vossloch' , 'Robert Piggin' (v) , 'Sambu' (F) , 'Samdal' (F) , 'Samidan' (F) , 'Samnor' (F) , 'Sampo' (F) , 'Samyl' (F) , 'Sanivalk' (PBR) (v) , 'Serenade' , 'Snow White' , 'Stormy Dawn' , Strait Laced , 'Tenuifolia' , 'Thundercloud' , 'Urban Green' , 'Urban Lace' , 'Variegata' , 'Viridis' , 'Walfinb' (PBR) , 'Witches Broom'
6-1 Sambucus nigra f. porphyrophylla
 葉が暗栗色~黒色の品種。
品種) Black Tower = 'Eiffel 1' (PBR) , Blue Sheen = 'Hyfsheen' , 'Eva' (PBR) [AGM], 'Gerda' (PBR) , 'Guincho Purple' , 'Hyfsheen' , 'Purple Pete' , 'Snr1292' , 'Thundercloud'

7 Sambucus racemosa L.  セイヨウアカミニワトコ
 ヨーロッパ、北アメリカ原産。英名はEuropean red elder , red-berried elder , red elderberry
 落葉性、低木、高さ1~6m。葉は対で対生し、羽状複葉、小葉を5~7個もつ。小葉は披針形~長円状卵形、長さ4~16㎝、基部は普通、非対称、先は±尖鋭形。。花序は直径4~12㎝、ドーム形(ピラミッド形~長くなる)、長さは幅と同じ又は1.5倍以下、花序の最下の節は3(主軸1と枝2)本の枝をもつ。花は白色、5花弁、花弁がしばしば、後屈する。果実は赤色(又は紫黒色)、粉白とならない。枝の髄はタン色又は橙褐色。花期は夏初旬。果期は夏初旬~下旬(標高による)。
品種) 'Altamont' , 'Aurea' , 'Chedglow' , 'Crûg Lace' , 'Dropmore Fernleaf' , 'Goldenlocks' , Lemony Lace = 'Smnsrd4' , 'Moerheimii' , 'Plumosa Aurea' , 'Smnsrd4' , 'Sutherland Gold' , 'Tenuifolia' , Welsh Gold
7-1 Sambucus racemosa L. subsp. pendula (Nakai) H.I.Lim et Chin S.Chang  ヨウラクニワトコ 
  synonym Sambucus sieboldiana (Miq.) Blume ex Graebn. var. pendula (Nakai) T.B.Lee
  synonym Sambucus pendula Nakai [Kewscience]
 韓国固有種(鬱陵島)。
 大きな花序が垂れ下がり、長い花序柄がある。PCA (principal components analysis)により、S. racemosa.の亜種とされた。(Korean Journal of Plant Taxonomy Vol39(3)p181-192 2009)

8 Sambucus sieboldiana (Miq.) Blume ex Graebn.  ニワトコ 庭常
  synonym Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara [Ylist]
 日本(本州、四国、九州)、朝鮮に分布。山野の林縁に生える。
 落葉低木~小高木、高さ3~6m。幹は下部から多数分枝し、株立ちになり、弓なりに伸びる。樹皮は黒灰色、深い割れ目が入る。若枝は緑色、後に褐灰色になり、枝の髄は太くて軟らかく、顕微鏡観察の切片を作るときに使われる。 葉は対生し、長さ8~30㎝の奇数羽状複葉、葉柄基部に蜜腺がある。花のつく枝の葉は小葉が2~3対、花のつかない枝の葉は小葉が3~6対。小葉は長さ3~10㎝、幅1~4㎝の長楕円形、先は尖り、基部は円形~楔形、細鋸歯縁。毛の有無や葉形などにより品種に分けられる。幅3~10㎝の円錐花序を枝先につける。花冠は淡黄白色~ときに帯淡紫色、直径3~5㎜、5深裂し、裂片が反り返る。雄しべ5個。雌しべは1個、柱頭は暗紫色、3裂する。果実は核果、長さ3~5㎜の卵球形、暗赤色に熟す。核は長さ約2㎜、浅いしわがある。花期は3~5月。果期は6(~8)月。
 多数の品種や変種に分類されている。
8-1 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. aurantiaca (Nakai) Murata ダイダイミノニワトコ
8-2 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. dissecta Murata  サケバニワトコ 
8-3 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. glaberrima (Nakai) Murata  ケナシニワトコ 
8-4 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. macrophylla H.Hara  オオバニワトコ 
8-5 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. nakaiana Murata  キミノニワトコ 
8-6 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. ovatifolia H.Hara  マルバニワトコ 
8-7 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara f. stenophylla (Nakai) H.Hara  ケニワトコ 
8-8 Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara var. major (Nakai) Murata  オオニワトコ 

9 Sambucus williamsii Hance  コウライニワトコ 高麗庭常
  synonym Sambucus williamsii Hance var. coreana (Nakai) Nakai
  synonym Sambucus manshurica Kitag.
  synonym Sambucus coreana (Nakai) Kom. et Aliss.
  synonym Sambucus latipinna Nakai  ヒロハニワトコ  [Ylist]
 日本、朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は接骨木 jie gu mu。中国以外のものはヒロハニワトコ(Sambucus latipinna)と分類されていたが、まとめられた。
 低木又は小高木。高さ5~6m。古い枝は赤褐色、狭い楕円形の皮目が目立つ。髄は帯褐色。葉は奇数羽状複葉。小葉は(1~)2~ 3(~5)対(jugate)、側小葉は卵状円形~狭楕円形~長円状披針形、長さ5-15㎝×幅1.2~7㎝、基部はくさび形~円形、ときに心形、非対称、縁には不規則な鋸歯があり、ときに基部や中間より下に1~数個の腺のある歯をもち、先は鋭形~尖鋭形、または尾状。小葉の最下の対は小葉柄が無又は長さ約0.5㎝以下。頂小葉は卵形又は倒卵形、上面には若い時にまばらに毛があり、無毛になり、小葉柄は長さ約2㎝、基部はくさび形、先は尖鋭形又は尾状。托葉は 狭線形又は帯青色の突起に減じる。花序は頂生の集散花序からなる円錐花序、長さ5~11㎝×幅4~14㎝、花序柄があり、ときにまばらに毛があり、すぐに無毛になる。花は葉の展開と同時に現れ、密。咢筒はつぼ形、長さ約1㎜。咢片は三角状披針形、わずかに咢筒より短い。花冠は蕾では帯ピンク色、開くと白色又は帯黄色。花冠筒部は短い。花冠裂片は長円形又は狭卵状円形、長さ約2mm。雄しべは広がり、花冠裂片の長さとほぼ同長。花糸は基部でわずかに広がる。葯は黄色。子房は3室。花柱は短い。柱頭は3裂。果実は赤色、まれに青黒色又は紫黒色、卵形又はほぼ球形、直径3~5㎜。核は2~3個、卵形~楕円形、長さ2.5~3.5㎜、わずかにしわがある。花期は4~5月。果期は9~10月。2n=36。

10 Sambucus × strumpfii Gutt サンブクス・ストルンプフィー
 セイヨウニワトコ(S. nigra)とセイヨウアカミニワトコ(S. racemosa)の交雑種。
品種 Serenade = 'Jonade'

11 その他ハイブリッド
品種 '14th December' , 'Black Cherry' , Black Diamonds = 'Hyfdia' , 'Cappuccino' , 'Chocolate Marzipan' , 'Crimson Beauty' , 'Ed's Brown' , 'Florence' , 'Gate into Field' , 'Gold Vein' , 'Golden Kent' , 'Hyfdia' , 'Jonsun' , 'Milk Chocolate' , 'Milk Chocolate Orange' , 'Ocean Depths' , Serenade , Sunny Days = 'Jonsun' , 'The Sweet One' , 'Vermilion Summers' , Welsh Gold = 'Walfinb' (PBR)

参考

1) Flora of China
 Clethra
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=114483
2) Flora of North America @ efloras.org
 Clethra alnifolia
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=220003027
3) Plants of the World Online | Kew Science
 Clethra
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:14681-1
Sambucus Nakai. In: Bot. Mag., Tokyo, 31: 212. (1917)