モミジガサ 紅葉傘

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae コウモリソウ属

別 名 モミジソウ、シドケ、シトギ
中国名 翠雀蟹甲草 cui que xie jia cao
学 名 Parasenecio delphiniifolius (Siebold et Zucc.) H.Koyama
Cacalia delphiniifolia Siebold et Zucc.
モミジガサの花序
モミジガサの花序2
モミジガサの頭花
モミジガサ
モミジガサ葉
花 期 7~8月
高 さ 60~80㎝
生活型 多年草
生育場所 林内
分 布 在来種  北海道、本州、四国、九州、中国
撮 影 設楽町 01.9.24
和名の由来は葉がモミジの形に似て、若芽が傘のようになることから。若芽は山菜として食される。
 根茎はない。葉柄は長さ4~6.5㎝。葉は互生し、長さ8~15㎝、幅10~20㎝、掌状に5~7裂する。円錐花序に花柄のある頭花が多数つく。頭花は5個の両性の小花からなり、花柱の先が開花時に反曲する。総苞は長さ8~9㎜の円筒形。痩果は長さ4~5㎜の円柱形、暗褐色、無毛、多数の縦肋がある。冠毛は長さ6.5~8㎜、褐色を帯びる。2n=52
 よく似たヤブレガサは葉柄が楯状につき、葉がほぼ円形で、葉の裂片が多い。