ミゾソバ類の変種等の比較

mark

Flora of Mikawa

ミゾソバ類

ミゾソバの分類は難しく、染色体数やDNAの比較による研究(により、ミゾソバが4種1亜種1変種に整理し直された。最近はPersicaria(イヌタデ属)として分類されることが多いが、Polygonum(タデ属)として分類されている。
  (参考)ミゾソバの変種等の形態的比較
ミゾソバ
Polygonum thunbergii
ニシミゾソバ Polygonum hassegawae コミゾソバ Polygonum mikawanum ヤマミゾソバ
var. oreophilum
主軸長 ㎝  45~200  90~235 15~125  50~240 
閉鎖花序枝㎝ 0.3~80 20~50 なし 0.5~4.0
葉形の基部 切形~楔形 切形 浅い心形 切形
頂裂片形 卵形 卵形 卵形 ほぼ三角形
頂裂片先端 鋭頭~鈍頭 鋭頭 鈍頭 鈍頭
側裂片先端 鋭頭~鈍頭  鋭頭~鈍頭  鈍頭~円頭  鈍頭 
葉身湾入部 中程度 中程度 やや深い ほとんど無い
側裂片の相対的大きさ 中程度 小さい やや大きい やや小さい
痩果の光沢 無  やや有  やや有  有 
開花期間 9月下~11月下 10月上~11月上 8月下~10月上 10月上~11月上
染色体数 2n=40 2n=20 2n=20 2n=38

ヒカゲミゾソバ
var. coreanum
オオミゾソバ ssp. hastatotrilobum
主軸長 ㎝  10~60  60~150
閉鎖花序枝㎝ 0.1~2.5 30~150
葉形の基部 切形~楔形 切形~楔形
頂裂片形 卵形 卵形
頂裂片先端 鋭頭 鋭頭
側裂片先端 鋭頭 鈍頭 
葉身湾入部 中程度 深い
側裂片の相対的大きさ 中程度 大きい
痩果の光沢 無 
開花期間 7月上~9月上 9月下~11月下
染色体数 2n=40 2n=40,42

 ※秋期の環境指標植物開発に関する研究 (愛知教育大学)第1表を参考
1 ミゾソバ Polygonum thunbergii Siebold et Zucc.
 葉形の変化が多い。葉基部は切形~楔形としているが、浅い心形のものもあり、葉身の湾入のほとんどないものもよく見られる。また、日本海側では2n=20の二倍体のミゾソバも確認されている。
2 ニシミゾソバ  Polygonum hasegawae Hanai et Seriz.
. 葉の側裂片が小さく、葉先が尖る。西日本の水田の畔など湿った場所で見られる。
3 コミゾソバ Polygonum mikawanum Hanai et Seriz
 岡崎市の北山湿地を基準産地としている。ミゾソバより葉がやや小さく、裂片が鈍頭、基部が浅い心形。愛知県準絶滅危惧種に指定され、愛知県レッドデータブックに解説がある。
4 ヤマミゾソバ Polygonum oreophilum (Makino) Hiyama
 山地の林内の日陰に生える変種。茎に刺が少ない。節間長が広い。葉幅が広く、くびれのない三角形、裂片の先が鈍頭。葉柄に翼がない。花は白色、花数が少ない。花柄が長く腺毛がほとんどない。 果実は光沢がある。
5 ヒカゲミゾソバ Polygonum thunbergii Siebold et Zucc. var. coreanum Léveillé
 葉が特に小さく、葉先も側裂片の先も尖る。花が大きく、花数が少ない。
6 オオミゾソバ Polygonum thunbergii Siebold et Zucc. ssp. hastatotrilobum (Meisn.) Hanai et Seriz.
 以前は変種として分類されていたが、亜種として分類を変更された。葉が大きく、葉の中央のくびれが深く、側裂片も大きい。葉柄にはっきりした翼がある。