ミカワシンジュガヤ 三河真珠茅(萱)

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae シンジュガヤ属

学 名 Scleria mikawana Makino
ミカワシンジュガヤの果実
ミカワシンジュガヤの果実2
ミカワシンジュガヤの痩果
ミカワシンジュガヤの熟した果実
ミカワシンジュガヤの熟した果実2
ミカワシンジュガヤの葉鞘
ミカワシンジュガヤ
ミカワシンジュガヤ熟した痩果
ミカワシンジュガヤ葉表
ミカワシンジュガヤ葉表2
ミカワシンジュガヤ葉裏
花 期 7~10月
高 さ 30~100㎝
生活型 1年草
生育場所 日当たりのよい湿地
分 布 在来種 日本(本州の千葉県以西、九州)、インド、スリランカ、バングラデシュ、タイ、ニューギニア、アフリカ(アンゴラ、ブルキナ、ブルンジ、中央アフリカ、チャド、コンゴ、ガボン、ギニアビサウ、コートジボワール、セネガル、シエラレオネ、ウガンダ、ザンビア、ザイール)
撮 影 葦毛湿原  04.9.25
愛知県の絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。三河の名がつけられているが、三河地方には少なく、愛知県では尾張地方の方が多い。世界の分布域は広い。
 根茎はなく、根は赤紫色。茎は数本、束生し、3稜形。葉は茎に互生し、長さ10~40㎝、幅2~5㎜の線形、先は次第に細くなり、鈍端。葉鞘は長さ2~7㎝、固く茎を包み、稜は鋭いが翼はない。上部の葉腋、又は茎頂に長さ2.5~4㎝の花序を2~4個つける。花序の枝は斜上し、葉腋の柄は葉鞘内にほぼ隠れる。苞は花序より長い。小穂は長さ約5㎜、花は単生、花被片はない。真珠のような果実(痩果)は直径2~2.5㎜、網目状の紋があり、緑白色、熟すと黒灰色に変わる。 柱頭は3岐。2n=20
 コシンジュガヤの葉鞘には翼がある。2n=30

シンジュガヤ属

  family: Cyperaceae - genus Scleria

 多年草又は1年草、根茎が有又は無。匍匐茎はときに有る。稈は直立、3稜形、まれに円柱形。葉は茎葉又は根生葉及び茎葉。葉鞘は稈の中間部分につき、翼が有又は無、先はときに葉身に対生する対生葉舌(contraligule)をもつ。葉身は線形、ザラつき、鞘があり、普通、3脈が目立つ。苞葉(総苞片)は葉状、鞘があり、剛毛状(setaceous)又は苞穎状(glumelike)。小苞は普通、剛毛状、まれに苞穎状。花序は頂生、円錐花序、普通、丈夫で長く、ときに短くなり、不連続の穂状花序になる。単性の小穂が花序に普通、優勢、まれに、両性の小穂が優勢になる。小穂の基部の2~4個の苞穎は空。雄小穂は数個の花をもつ。雌小穂は花が1個。両性の小穂は基部の雌花と数個の雄花をもつ。花は単性。雄花は雄しべが1~3本、葯は線形~線状長円形、葯隔は先がしばしば、突き出し、錐形。雌花は花柱の基部が膨らまず、柱頭は3個。小堅果(痩果)はレンガ赤色、白色、又は黄紫色、球形~卵形、しばしば鈍い3面をもち(3稜形)、平滑又は様々な凹凸模様になり、ほとんどに光沢があり、無毛又は有毛(単純毛又は星状毛)、普通、子房柄(gynophore )の先が広がった±3裂する花盤(disk.)の上につく。
 世界に約200種があり、汎熱帯性でアフリカ南部、アジア東部、南北アメリカの温帯地域まで分布する。

シンジュガヤ属の主な種

1 Scleria annularis Nees ex Steud. 
  synonym Hypoporum annulare Nees
  synonym Scleria annularis Steud.
 インド、バングラデシュ、マレーシア、インドネシア、ニューギニア、オーストラリア原産。
 1年生。葉は次第に狭くなり、先端が鈍く、無毛又はまばらに軟毛があり、縁は前向きにザラつき、主脈は上部で目立ち、幅3~6㎜。花序は狭く、長く、頂部の円錐花序と2~3個の離れた側花序からなる。頂部の円錐花序は長さ3~4㎝×幅約1㎝、側花序よりやや長く、側花序は節に1個ずつつき、まれに対につく。花序柄は鞘から多少、突き出し、平滑又はザラつき、広がった先端で2翼になる。
  S. novae-hollandiaeに酷似するが、より丈夫で、ザラつきがあり、果実が卵形で微突頭でなく、扁平で、光沢が強く、明瞭に区別できる。

2 Scleria biflora Roxb.  ホソバシンジュガヤ 細葉真珠茅
  synonym Scleria biflora Roxb. subsp. ferruginea J.Kern 
  synonym Scleria biflora Roxb. var. ferruginea T.Koyama 
  synonym Scleria tessellata auct. non Willd. 
  synonym Scleria ferruginea Ohwi 
 日本(沖縄)、中国、台湾、インド、ネパール、カシミール、スリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン原産。中国名は二花珍珠茅 er hua zhen zhu mao 。

3 Scleria ciliaris Nees  ホソボシンジュガヤ 細穂真珠茅
  synonym Scleria bancana Miq. 
  synonym Scleria chinensis Kunth.
 中国、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マーレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、熱帯オーストラリア、太平洋諸島原産。中国名は华珍珠茅 hua zhen zhu mao 。

4 Scleria levis Retz.  シンジュガヤ 真珠茅
  synonym Scleria hebecarpa Nees
 日本(本州の三重県、兵庫県、和歌山県、山口県、四国、九州、沖縄)、中国、台湾、インド、ネパール、スリランカ、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、太平洋諸島、オーストラリア北東部原産。中国名は毛果珍珠茅 mao guo zhen zhu mao。 斜面の草原、林の藪、低木の藪などに生える。
 多年草、匍匐茎がある。根茎は木質、紫色の鱗片で覆われる。稈は緩く、叢生又は散生し、高さ70~90㎝、幅3~5㎜、3稜形、ザラつき、軟毛がある。鞘は長さ1~8㎝、紙質、稈の基部の葉鞘は褐色、翼が無く、稈の上半部の鞘は緑色、翼は幅1~3㎜、対生葉舌(contraligule)はほぼ半円形、短く、ひげがある。葉身は線形、長さ約30㎝×幅7~10㎜。苞葉は葉状、最も基部の苞葉は長さ13㎝以下。小苞は剛毛状、基部に耳があり、耳にはひげがある。花序は円錐花序、1~2本の側枝があり、枝は長さ3~8㎝×幅1.5~3㎝。小苞は1個又は2個束生し、褐色、単性、無柄、長さ約3㎜。雄小穂は狭卵形~長円状卵形、苞穎は長さ1.5~3㎜、竜骨があり、厚い膜質。雌小穂は普通、枝の基部につき、狭卵形、苞穎は長円状卵形~広卵形~卵状披針形、竜骨があり、さび色の短い線をもつ。雄花は雄しべが3本、葯は線形、長さ約1.3㎜。雌花は柱頭が3個、花盤は淡黄色、わずかに小堅果より狭く、深く3裂し、裂片は披針状三角形、縁は後屈する。小堅果は白色、球形~卵形、直径約2㎜、鈍い3面があり、、±平滑~小しわがあり、先は尖る。花期と果期は6~9月。

5 Scleria lithosperma (L.) Sw.  タカオシンジュガヤ
 中国、台湾、インド、スリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、太平洋諸島、オーストラリア、熱帯アフリカ、アメリカ、インド諸島原産。中国名は石果珍珠茅 shi guo zhen zhu mao 。英名はFlorida Keys nut-rush

6 Scleria mikawana Makino  ミカワシンジュガヤ 三河真珠茅
  synonym Scleria glabroreticulata De Wild.
 日本(本州の千葉県以西、九州)、インド、スリランカ、バングラデシュ、タイ、ニューギニア、アフリカ(アンゴラ、ブルキナ、ブルンジ、中央アフリカ、チャド、コンゴ、ガボン、ギニアビサウ、コートジボワール、セネガル、シエラレオネ、ウガンダ、ザンビア、ザイール)原産(参考5)
 1年草。高さ30~100[~120]㎝。根茎はなく、根は赤紫色。茎は数本、束生し、3稜形。葉は茎に互生し、長さ10~40㎝、幅2~5[3~7]㎜の線形、先は次第に細くなり、鈍端。葉鞘は長さ2~7㎝、固く茎を包み、稜は鋭いが翼はない。上部の葉腋、又は茎頂に長さ2.5~4㎝の花序を2~4個つける。花序の枝は斜上し、葉腋の柄は葉鞘内にほぼ隠れる[側花序は単生、直立]。苞は花序より長い。小穂は長さ約5㎜、花は単生、花被片はない。真珠のような果実(痩果)は直径2~2.5㎜、網目状の紋があり、緑白色、熟すと黒灰色に変わり、光沢は無い。 柱頭は3岐。花期は7~10月。2n=20。[ ]内は参考5。

7 Scleria mutoensis Nakai ムトウサンシンジュガヤ
 朝鮮固有種

8 Scleria novae-hollandiae Boeck.  オオマネキシンジュガヤ
  synonym Scleria merrillii Palla
 中国、ベトナム、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア、太平洋諸島原産。中国名は角架珍珠茅 jiao jia zhen zhu mao

9 Scleria parvula Steud.  コシンジュガヤ 小真珠茅
  synonym Scleria biflora auct. non Roxb.
 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国、インド、ブータン、ネパール、スリランカ、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、フィリピン、パプアニューギニア、熱帯アフリカ原産。中国名は小型珍珠茅 xiao xing zhen zhu mao 。斜面、渓谷、荒地、水田などに生える。
 1年草。根はひげ根。根茎は短く又はよく発達せず、太い。稈は叢生し、高さ40~60㎝、細く、3稜形、平滑、無毛。葉は茎葉、稈の基部の鞘は無毛、翼があり、葉身が無く又は短い葉身がある。稈の中間と上部の鞘は狭い翼があり、絨毛があり、対生葉舌の付近には密にあり、対生葉舌は半円形、先は鈍形。葉身は線形、幅3.5~5.5㎜、先は漸尖し、紙質、両面には毛があり又は下面の2本の側脈上だけに毛があり、縁はザラつき、先はわずかに鈍形~鋭形。苞葉は葉状、最も基部の苞葉は長さ20㎝以下、鞘があり、鞘を開くと密に褐色の軟毛がある。小苞は剛毛状、小苞の長さと同長又はわずかに長い。花序は円錐花序、2~4本の枝があり、枝は長さ1.2~3㎝、離れ、少数の小穂をもつ。小穂は狭卵形、長さ4~5㎜、ほとんどが単性。雌小穂は4~5個の苞穎と1個の雌花をもつ。雄小穂は7~9小又はそれ以上の苞穎をもつ。苞穎は濃いわら色~褐紫色、卵形~披針形、竜骨があり、先は鋭形で微突頭。花被片は先が鋭形。雄花は雄しべが2~3本。雌花は子房が類球形、無毛。花盤は黄白色、小堅果の高さの1/4~1/3の高さ、3裂し、裂片は卵状三角形~類球形、縁は後屈し、先は鋭形。小堅果は類球形~倒卵状球形、長さ2.8~3㎜×幅1.8~2㎜、穴あり、規則的な縦に長いくぼみがあり、無毛、先に黄白色の尖りがある。花期と果期は7~10月。2n=30。.
 
10 Scleria pergracilis (Nees) Kunth 
 朝鮮、中国、インド、カシミール、ネパールスリランカ、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア、熱帯アフリカ、オーストラリア北東部原産。中国名は纤秆珍珠茅 xian gan zhen zhu mao

11 Scleria purpurascens Steud.  オニシンジュガヤ 鬼真珠茅
  synonym Scleria multifoliata Boeck.
 中国、インド、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、インド諸島原産。中国名は紫花珍珠茅 zi hua zhen zhu mao 。

12 Scleria radula Hance  シンジュガヤモドキ 真珠茅擬
  synonym Scleria laeviformis Tang et F.T.Wang
 中国、台湾原産。中国名は光果珍珠茅 guang guo zhen zhu mao 。

13 Scleria rugosa R.Br.
 日本、朝鮮、中国、インド、スリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、熱帯アフリカ、オーストラリア北部、太平洋諸島、インド諸島原産。中国名は垂序珍珠茅 chui xu zhen zhu mao 。湿った草地に生える。
 1年草。根はひげ根。根茎は無い。稈は叢生、直立、高さ10~25㎝、3稜形、無毛又は絨毛がある。葉は茎葉、鞘はかろうじて翼があり、(軟)毛~絨毛があり、対生葉舌(contraligule)は半円形、縁毛がある。葉身は線形、幅2~4㎜、先は漸尖し、紙質、両面に毛があり、縁はザラつき、先は鈍形。苞葉は葉状、長さ14㎝以下、鞘があり、鞘を開くと密に褐色の毛があり、小苞葉は小さく鞘が無い。花序は円錐花序、枝は3~5本つき、枝は長さ0.7~1.5㎝、離れ、少数の小穂をもつ。枝の花序柄は長さ0.4~4㎝、普通、翼がある。小穂は1個又は2個束生し、狭卵形、長さ2~4㎜、ほとんどが単性。雌性の小穂は苞穎を3~5個と1個の雌花をもつ。雌花は子房が倒卵形、平滑、無毛。花盤(disk)は小堅果の高さの1/4~1/3、3裂し、裂片は半円形、縁は後屈し、先は円形。小堅果は白色又は灰白色、球形~類球形、直径約1.5㎜、平滑、光沢があり、先は類円形でわずかに尖る。
13-1 Scleria rugosa R.Br. var. rugosa  ケシンジュガヤ 毛真珠茅
  synonym Scleria onoei Franch. et Sav. var. pubigera (Makino) Ohwi 
  synonym Scleria pubigera Makino
13-2 Scleria rugosa R.Br. var. onoei (Franch. et Sav.) Yonek.  マネキシンジュガヤ  招き真珠茅
  synonym Scleria rugosa R.Br. var. glabrescens (Koidz. ex Ohwi) Ohwi et T.Koyama 
  synonym Scleria rugosa R.Br. f. glabrescens (Koidz. ex Ohwi) T.Koyama 
  synonym Scleria onoei Franch. et Sav.
 全体にほとんど毛が無い。

14 Scleria scrobiculata Nees et Meyen  マシンジュガヤ
  synonym Scleria margaritifera auct. non Gaertn. 
 中国、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア北部、太平洋諸島、インド諸島原産。中国名は轮叶珍珠茅 lun ye zhen zhu mao

15 Scleria sumatrensis Retz.  クロミノシンジュガヤ  黒実真珠茅
  synonym Scleria fauriei Ohwi 
 中国、台湾、インド、スリランカ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、オーストラリア北部、太平洋諸島、インド洋諸島原産。中国名は印尼珍珠茅 yin ni zhen zhu mao 。英名はSumatran scleria

16 Scleria terrestris (L.) Fassett  オオシンジュガヤ 大真珠茅
  synonym Scleria doederleiniana Boeck.
  synonym Scleria elata Thwaites 
 日本(鹿児島県・屋久島~沖縄)、中国、台湾、インド、ブータン、カシミール、ネパール、スリランカ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア北部原産。中国名は高秆珍珠茅 gao gan zhen zhu mao 。斜面の乾いた場所又は湿った場所、渓谷、川岸、低木の下、開けた林、農場の近く、道端などに生える。
 多年草、匍匐茎がある。根茎は木質、暗紫色の鱗片がある。稈は疎、高さ0.6~3m×幅4~7㎜、3稜形、しばしば、ザラつき、無毛。葉鞘は長さ1~8㎝、紙質、稈の基部の2~3個の鞘は紫赤色、翼は無い。稈中間の鞘は幅1~3㎜の翼がある。対生葉舌(contraligule)は半円形、短く、普通、紫色のひげがある。葉身は線形、長さ30~40㎝×幅6~10㎜、紙質、わずかにザラつき、無毛。苞葉は葉状、最も基部の苞葉は長さ40㎝以下、鞘がある。小苞は剛毛状、基部に耳があり、耳にはわずかに剛毛がある。花序は円錐花序、1~3本の離れた枝をもち、枝は長さ3~8㎝×幅1.5~6㎝。1(~2)個、束生する小穂は全体が単性、長円状卵形~狭卵形、先は切形~尖鋭形。雄小穂の苞穎は長さ2~3㎜、厚い膜質、基部の苞穎は竜骨があり、さび色の短い線をもち、先の苞穎は淡色で薄膜質。雌小穂は普通、枝の基部で育ち、苞穎は広卵形~卵状披針形、幅2~4㎜、ときに錆色の短い線をもち、竜骨があり、先は微突頭。雄小穂は花が3個。雄花は葯が線形。雌花は柱頭が3個、花盤は黄色、直径約1.8㎜、わずかに3裂~かろうじて分裂し、裂片は半円形、平ら、縁は後屈する。小堅果は白色又は淡褐色、球形~卵形、直径約2.5㎜、ときに±3面があり、網目があり、わずかに剛毛があり、先は尖る。花期と果期は5~10月。

参考

1) Flora of China
  Scleria  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=129760
2) GRIN
  Scleria 
http://tn-grin.nat.tn/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=10955
3)Flora of North America
  Scleria  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=129760
4)Flora Malesiana
 Scleria annularis  
hhttp://portal.cybertaxonomy.org/flora-malesiana/cdm_dataportal/taxon/ae1e48d5-d46a-43a7-848c-cfb95f048a16#description
5)Plants of the World Online | Kewscience
 Scleria mikawana Makino  
http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:314880-1