メタセコイア 

mark

Flora of Mikawa

ヒノキ科 Cupressaceae メタセコイア属

別 名 アケボノスギ
中国名 水杉 shui shan
英 名 dawn redwood
学 名 Metasequoia glyptostroboides Hu et W.C.Cheng
メタセコイアの若葉
メタセコイアの枝
メタセコイア枝
メタセコイア果実
メタセコイアの幹
メタセコイア
メタセコイア種子
メタセコイア葉
花 期 2~3月
高 さ 10~35(50)m
生活型 落葉高木
生育場所 街路、公園
分 布 帰化種 中国原産
撮 影 豊橋市  15.5.1
1939年に関西地方の第三紀層の中から常緑樹のセコイアに似た落葉樹の化石が発見され、発見者の三木茂博士によりメタセコイアと命名された。化石は日本各地の第三紀層で発見され、カナダ、シベリア、グリーンランドなど、北極周辺の広い範囲で見つかっている。 その後、中国に現存する水杉(shui shan) が同種とされたことから、「生きている化石」といわれることもある。ただし、化石種と現生種を別種とする学説もある。現在では街路樹としてよく植栽されている。
 幹は赤褐色、樹皮が縦に粗く裂けて剥がれる。葉は側枝に羽状に対生し、長さ2~3㎝、幅1~2㎜の線形、先が尖り、主脈が明瞭、質は軟らかい。老木では葉が長さ0.5~1.5㎝と短い。秋に赤茶色に紅葉し、落葉する。雌雄同株。雄花序は枝先から垂れ下がり、雄花を下向きに多数つける。雄花は長さ約5㎜の惰円形。雌花は短枝の先に1個ずつつく。球果は直径約1.5㎝のやや縦長の球形。種子は果鱗に5~9個ずつつき、長さ4~5㎜の倒卵形、広い翼がある。
 ラクウショウ(落羽松) Taxodium distichum は北アメリカ原産。葉が互生し、球果が直径2.5~3㎝と大きく、種子が長さ1.2㎝でいびつ。
 セコイアSequoia sempervirens は北アメリカ原産の常緑高木。別名 redwood 大きいものは高さ100m近くになる大木。葉は螺旋状につく。球果は長さ1.5~3.2㎝の惰円形。種子は長さ3~4㎜、幅約2.5㎜、幅約1㎜の翼がある。
 セコイアデンドロン Sequoiadendron giganteum は北アメリカ原産のヒノキ科の常緑高木。別名 giant sequoia 、高さ100m近くになる。球果は長さ4~7㎝の惰円形。種子は長さ4~5㎜。