マルバアサガオ  丸葉朝顔
[中国名] 圆叶牵牛 yuan ye qian niu
[英名] tall morning-glory, common morning-glory
[学名] Ipomoea purpurea (L.) Roth
ヒルガオ科 Convolvulaceae サツマイモ属
三河の植物観察
マルバアサガオ花
マルバアサガオ萼
マルバアサガオ萼
マルバアサガオ茎
マルバアサガオ
マルバアサガオ葉
 江戸時代に観賞用として持ち込まれ、野生化したものとされている。
 1年草。蔓は絡み付き、軸部分には短軟毛と長い後ろ向きの粗毛がある。茎は、普通、長さ2~3m、長く伸びることもある。葉柄は長さ2~12㎝。葉身は円状卵形~広卵形、長さ4~18㎝×幅3.5~16.5㎝、±剛毛があり、基部は心形、縁は全縁又はときに±3裂し、先は鋭形又は急に尖鋭形。花序は花が1~5(6)個つく。花序柄は長さ4~12㎝。苞は線形、長さ6~7㎜、粗毛が開出する。花柄は花時の前と後に反曲し、長さ1.2~1.5㎝。咢片はほぼ等長、長さ1.1~1.6㎝、外面の下部1/2に開出する粗毛がある。外側の3咢片は長円形、先は尖鋭形。内側の2咢片は線状披針形。花冠は赤色、赤紫色、又は青紫色(品種は白色、ピンク色など様々)、中央が白色になり、漏斗形、長さ4~6㎝、直径5~8㎝、無毛。雄しべは突き出ず、不等長。花糸は基部に軟毛がある。雌しべは突き出ない。子房は無毛、3室。柱頭は3裂。蒴果はほぼ球形、直径9~10㎜、3バルブ。種子は黒色又はわら色、卵状3稜形、無毛又はへそにまばらに直軟毛がある。2n= 30, 32。花期は6~10月。
 アメリカソライロアサガオは茎が無毛、刺状の突起が発達する。花はサツマイモやヨルガオに近く、夕方までしおれない。
 ノアサガオは茎に後ろ向きの直軟毛が±密にあり、葉に軟毛がある。花は青色系、古くなると赤紫色や赤色に変色する。花柄が短く2~5(~8)㎜。蒴果がやや大きく、直径10~13㎜。
 葉が大きいと混同しやすいマルバアメリカアサガオは花が小さく、葉の質が薄く、萼裂片の先が丸まって反り返る。
[花期] 6~10月
[高さ] つる性
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、畑
[分布] 帰化種 熱帯アメリカ原産
[撮影] 一色町 08.10.20
TOP Back