クダモノタマゴ  果物卵
[別名] カニステル
[中国名] 蛋黄果 dan huang guo
[英名] canistel , eggfruit
[学名] Pouteria campechiana (Kunth) Baehn
アカテツ科 Sapotaceae  オオミアカテツ属
三河の植物観察
クダモノタマゴ果実
クダモノタマゴ果実2
クダモノタマゴ葉裏
クダモノタマゴ幹
クダモノタマゴ
 中央アメリカ、メキシコ原産の常緑樹で果実が食べられる。果実は熟すと甘くなり、ゆで卵の黄身のような食感で、香りや酸味がなくジューシーではない。味にバラつきがあり、商用には不向きであり、大規模な栽培は行われていない。
 高木、高さ25m×直径50㎝以下、しばしば、花時に高さ8(10)m以下。樹皮は灰褐色~暗褐色、細かく裂け、小さな縦の薄片状になる。裂け目はピンククリーム色、豊富な白色の粘る乳液が滲出する。若枝はしばしば3~4本、輪生し、仮軸分枝は目立つ。若いシュートは細かい絹毛があり、すぐに無毛になり、灰褐色、細かい亀裂が入り、皮目がある。葉は束生し、螺旋状につき、長さ7.9~25(~33)㎝×幅2.7~7(~15)㎝、狭楕円形~倒披針形(~倒卵形)、縁は外巻き、先は狭漸尖形~鋭形~円形、基部は狭い漸尖形~楔形、紙質、無毛、脈は真曲行脈(eucamptodromous 二次脈が葉縁で 曲がってつながらず、終わるもの)、中脈は上面に盛り上がり、縁脈は普通、見え、2次脈は9~18対、平行~わずかに収束~直線状~わずかに円弧状、中間の小二次脈は普通、無く、3次脈は斜め、細かい低次の網状脈がある。葉柄は長さ1~2.5(~4.5)㎝、溝は無く、細かい伏した微軟毛がある。小束には花が2~3個つき、葉腋と葉の下側につく。花は淡緑色、香りがある。花柄は長さ(0.6)0.8~1.1(1.2)㎝、細かい伏した微軟毛がある。花は単性。咢片は5~6個、長さ0.45~1.1㎝、広卵形~類円形、先は鈍形又は円形、外面に細かい絹毛があり、内面は無毛、普通、縁毛がある。花冠は円筒形[花弁は長さ8~12㎜、筒部は長さ5~8㎜]、長さ0.75~1.35㎝、筒部は裂片より長く、裂片は5~7個、長楕円形、先は円形~切形、普通、外側に伏毛が散生し、内側は無毛、パピラがある。雄しべは5~7個、花冠筒部の先又は上半部につく。花糸は長さ1.5~2.5㎜、先は膝状、無毛。葯は長さ1.25~2㎜、長楕円状披針形、無毛。仮雄しべは5~7個、長さ2~4㎜、錐形、パピラがある。花盤は無い。子房は卵形~円錐形、5~7室、有毛。花柱は花後に長さ0.35~1㎝、蕾や開いた花から突き出し、無毛。柱頭は単純又は頭状。果実は長さ2.5~7㎝、楕円形~類球形、先は鈍形~短い嘴形、基部は狭くなるかまたは鈍形、平滑、無毛、又は基部付近に毛が残る。熟すと果実は橙色、黄色又は暗緑色になり、果肉は黄色、白色の乳液が豊富。種子は1~6個、長さ2~3.8㎝、楕円形又はオレンジの袋に似た形、先と基部は鋭形又は鈍形、種皮は平滑、光沢があり、厚さ約0.5㎜、内側の傷痕は全長に及び、幅は果実の中の種子の数によるが、普通、幅は種子の幅より広く、しばしば種子の幅と等しくなる。胚は平凸形の分離の子葉をもち、幼根は表面まで広がる。胚乳は無い。花期は2~6月。果期は翌年の1~4月。
[花期] 2~6月
[高さ] 6~8(~25)m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  メキシコ、コスタリカ、エルサルバドル、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ原産
[撮影] 豊橋市 19.3.5

 オオミアカテツ属

 familia Sapotaceae - genus Pouteria

 高木。茎は刺が無く、絹毛又は伏毛~無毛になる。葉は常緑、互生、普通、先に束生する。托葉は無い[有る]。葉柄は有る。葉身は基部が漸尖形~楔形、先は鈍形~鋭形~尖鋭形、上表は無毛又はまばらに毛がある。花序は花が束生又は単生。咢片は [4~]5~6個が1輪につき、覆瓦状、外側は絹毛~毛がある。花弁は [4~]5~7[~9]個、緑色又は白色 [ピンク色又は赤色]、外面はまばらに毛があり、裂片は分裂せず、[突き出し]、花冠筒部より短い。雄しべは [4~] 5~7[~9]個、分離。仮雄しべは [4~]5~7[~9]個、雄しべに互生し、直立又は内側に曲がり、花弁状、無毛[有毛]。雌しべは[1~]5~7[~30]個、頭状。子房は[1~]5~7[~15]室、有毛、中軸胎座。液果[橙色、黄色、緑色]褐色[赤色、紫色、黒色]、楕円形~類球形、無毛又は基部付近に密毛が残る。種子は1~6[~10]個、褐色、側面が扁平。胚は垂直、へそは線形~卵形。胚乳は[有]無。x = 13, 14, 24。
 世界に約325種あり、主にアメリカの熱帯にある。


 オオミアカテツ属の種

 1  Pouteria campechiana (Kunth) Baehni  クダモノタマゴ 
   synonym Lucuma campechiana Kunth
 メキシコ、コスタリカ、エルサルバドル、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ原産。英名はcanistel , eggfruit-tree , yellow sapote 。
 高さ25m×直径50㎝以下、しばしば、花時に高さ8(10)m以下。樹皮は灰褐色~暗褐色、細かく裂け、小さな縦の薄片状になる。裂け目はピンククリーム色、豊富な白色の粘る乳液が滲出する。若枝はしばしば3~4本、輪生し、仮軸分枝は目立つ。若いシュートは細かい絹毛があり、すぐに無毛になり、灰褐色、細かい亀裂が入り、皮目がある。葉は束生し、螺旋状につき、長さ7.9~25(~33)㎝×幅2.7~7(~15)㎝、狭楕円形~倒披針形(~倒卵形)、縁は外巻き、先は狭漸尖形~鋭形~円形、基部は狭い漸尖形~楔形、紙質、無毛、脈は真曲行脈(eucamptodromous 二次脈が葉縁で 曲がってつながらず、終わるもの)、中脈は上面に盛り上がり、縁脈は普通、見え、2次脈は9~18対、平行~わずかに収束~直線状~わずかに円弧状、中間の小二次脈は普通、無く、3次脈は斜め、細かい低次の網状脈がある。葉柄は長さ1~2.5(~4.5)㎝、溝は無く、細かい伏した微軟毛がある。小束には花が2~3個つき、葉腋と葉の下側につく。花は淡緑色、香りがある。花柄は長さ(0.6)0.8~1.1(1.2)㎝、細かい伏した微軟毛がある。花は単性。咢片は5~6個、長さ0.45~1.1㎝、広卵形~類円形、先は鈍形又は円形、外面に細かい絹毛があり、内面は無毛、普通、縁毛がある。花冠は円筒形[花弁は長さ8~12㎜、筒部は長さ5~8㎜]、長さ0.75~1.35㎝、筒部は裂片より長く、裂片は5~7個、長楕円形、先は円形~切形、普通、外側に伏毛が散生し、内側は無毛、パピラがある。雄しべは5~7個、花冠筒部の先又は上半部につく。花糸は長さ1.5~2.5㎜、先は膝状、無毛。葯は長さ1.25~2㎜、長楕円状披針形、無毛。仮雄しべは5~7個、長さ2~4㎜、錐形、パピラがある。花盤は無い。子房は卵形~円錐形、5~7室、有毛。花柱は花後に長さ0.35~1㎝、蕾や開いた花から突き出し、無毛。柱頭は単純又は頭状。果実は長さ2.5~7㎝、楕円形~類球形、先は鈍形~短い嘴形、基部は狭くなるかまたは鈍形、平滑、無毛、又は基部付近に毛が残る。熟すと果実は橙色、黄色又は暗緑色になり、果肉は黄色、白色の乳液が豊富。種子は1~6個、長さ2~3.8㎝、楕円形又はオレンジの袋に似た形、先と基部は鋭形又は鈍形、種皮は平滑、光沢があり、厚さ約0.5㎜、内側の傷痕は全長に及び、幅は果実の中の種子の数によるが、普通、幅は種子の幅より広く、しばしば種子の幅と等しくなる。胚は平凸形の分離の子葉をもち、幼根は表面まで広がる。胚乳は無い。花期は2~6月。果期は3~10月。

 2  Pouteria sapota (Jacq.) H. E. Moore & Stearn マメイサポテ
 メキシコ、ベリーズ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア原産。英名はMamey apple , mamey sapote , mammee sapote , mamey-colorado , marmalade-fruit , marmalade-plum ,marmalade-tree , sapota , sapote。
 高木、高さ30(~40)m×直径1m以下。樹皮は浅く裂け、帯灰色、縦の四角形の鱗片状に分かれ、裂け目は帯ピンク色又は赤褐色、しばしば、アーモンドの臭いがあり、少ない~豊富な粘る白色の乳液をもつ。枝はしばしば、輪生し、水平に広がり、仮軸分枝と先に大きな葉の束をもつ。シュートには密に長い毛又は絨毛があり、広がった金褐色の毛をもち、無毛になり、灰褐色、粗く、古い花序と基部の葉の傷跡があり、普通、皮目は無い。葉は密に束生し、螺旋状につき、長さ(10~) 18~35㎝×幅 (3.5~)5~11(~13)㎝、倒披針形、先は普通、鈍い尖頭形~鈍形~鋭形、基部は長い先細り~鋭形~狭い楔形、紙質、上面は無毛、下面は中脈の上にまばらに毛があり、又は無毛、脈は真曲行脈(eucamptodromous 二次脈が葉縁で 曲がってつながらず、終わるもの)、上面で中脈はわずかに窪むか又は上半分でわずかに盛り上がり、2次脈は (17~)20~25対、平行、直線状又はわずかに円弧状、中間の小二次脈は普通、無く、3次脈は斜め、しばしば不明瞭、4次脈は細かい小区画。葉柄は長さ1.3~4.7㎝、溝があり、密に長い毛があり、無毛になる。小束には花が3~6個つき、ほとんどが葉の下に群生し、古い木ではしばしば木質の瘤の上につく。花は緑色を帯びたクリーム色、甘い香りがある。花柄は長さ1~3㎜、有毛。花は単性(雌雄異株)又は両性。咢片は(8~) 10~11個、螺旋状に密に重なり、外側から内側にサイズが大きくなり、外側の咢片は長さ1.5~2㎜、内側の咢片は5~6㎜。外側の咢片は長さより幅が広く、先は円形~凹形~深いノッチがあり、外面に絹毛があり、縁は無毛、内面も無毛。花冠は広い筒形、ときに先がわずかに広がり、長さ0.7~1㎝、筒部は長さ4~4.5㎜、裂片は5個、長さ2.5~4㎜、広長楕円形又はへら形、先は円形又は軍配うちわ形、普通、外側に絹毛があり、少なくとも裂片の中央にあり、まれに無毛、内側は無毛、ときにわずかに縁毛がある。雄しべは5個、花冠筒部の先近くにつく。花糸は長さ2~3㎜。葯は長さ1.5~2.5㎜、披針形、無毛。雌花の雄しべは葯がなく、扁平な仮雄しべのような形に変わる。仮雄しべは5個、長さ2.5~3㎜、錐形~狭披針形、ときに小さな機能の無い葯が先につき、無毛。花盤は無い。子房は卵形、次第に細くなって花柱になり、5室、有毛。花柱は長さ4.5~7.5㎜、花後に長くなり、普通、蕾や開いた花から突き出し、下部は有毛。柱頭は単純。果実は長さ9~12㎝、広卵形~楕円形、先は鋭形~鈍形、基部は鋭形~切形、表面が粗く、全体に、鱗片があり、無毛。果肉は帯ピンク色、赤色又は橙色、アーモンドの香りがある。種子は1(~2)個、長さ6~7㎝、普通、楕円形、しばしば、やや平凸形、先は鈍形~円形、基部は普通、鋭形~鈍形、種皮は平滑、光沢があり、厚さ1~2㎜、内側の傷跡は全長に及び、普通、先から基部に向かって狭くなり、幅1~3㎝。胚は平凸形の分離の子葉をもち、幼根は表面まで広がる。胚乳は無い。花期は7~10月。果期は12~3月(メキシコ)。
 品種) 'AREC No. 3' , 'Chenox' , 'Copan' , 'Cuban No. 1' , 'Flores' , 'Francisco Fernandez' , 'Magana' , 'Mayapan' , 'Pantin' , 'Progreso' , Tazumal'


 参考

1) Flora of North America
 Pouteria  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=126659
2) GRIN
 Pouteria  
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=9808
3)World Flora Online | Pouteria sapota (Jacq.) H.E.Moore & Stearn
 Pouteria sapota (Jacq.) H.E.Moore & Stearn  
http://sweetgum.nybg.org/science/world-flora/details.php?irn=12538
 Pouteria campechiana (Kunth) Baehni  
http://sweetgum.nybg.org/science/world-flora/details.php?irn=12401
TOP Back