カマツカ 鎌柄

mark

Flora of Mikawa

バラ科 Rosaceae カマツカ属

別 名 ウシコロシ
中国名 毛叶石楠 mao ye shi nan
学 名 Pourthiaea villosa (Thunb.)Decne.
Pourthiaea villosa (Thunb.)Decne. var. villosa
Pourthiaea villosa (Thunb.)Decne. var. laevis (Thunb.) Stapf.
カマツカの花
カマツカの花横
カマツカの花裏
カマツカの蕾
カマツカの果実
カマツカの種子
カマツカの鋸歯
カマツカの幹
カマツカ
カマツカ
カマツカ葉表
カマツカ葉裏
カマツカ紅葉
花 期 4~6月 (果期 11~12月)
高 さ 5~7m
生活型 落葉高木
生育場所 山地の日当たりの良い林縁
分 布 在来種  日本全土、、朝鮮、中国、台湾
撮 影 幸田町  13.4.25(花)
田原市  13.12.11(果実)
広義のカマツカは日本、朝鮮、中国、台湾に分布し、葉形、毛の有無など多型で、いくつかの変種に分けられている。日本のカマツカ(狭義)は var. laevis であり、別名、コバノカマツカという。
 葉は長枝では互生し、短枝では輪生する。成葉はほとんど毛がなく、洋紙質、長さ4~7㎝の広倒卵形~狭倒卵形、縁には細かい鋭鋸歯がある。複散房花序に、直径約1㎝の白色の5弁花を多数つける。花弁は円形。雄しべの本数は約20個、長くて目立つ。花柱は3個。萼は無毛。果実は長さ7~10㎜、幅6~8㎜の先がやや平らな楕円形~ほぼ球形、赤く熟し、果肉が橙色で、中に1個の種子が入る。種子は長さ4~5㎜、紫褐色。
 ワタゲカマツカは基本変種 var. villosa であり、若い枝、葉柄に白色の軟毛が多く、葉が厚くて大きく、長さ10㎝を超える。萼に白色の軟毛が密生する。
 カマツカとワタゲカマツカの毛の量などが中間のものをケカマツカ var. zollingeri という。変化は連続的であり、var. laevis、 var. villosa、 var. zollingeri を含めてカマツカ  var. villosa とする見解もある。